【S3全国ダブル 最終2045(3位)達成構築】雨クチート+ブルルクレセドラン

こんにちは。しょちゃん(@shochan_poke)と申します。今回は、SMシーズン3ダブルレートにおいて2000を達成した構築を、EMOLGAMEさんに紹介していただきます。 
syotya.png 

目次


-構築経緯
-個別解説
     ・クチート
     ・クレセリア
     ・ヒードラン
     ・カプ・ブルル
     ・ニョロトノ
     ・ルンパッパ
-QRコード Showdown
-選出
-雑感
-執筆者

 

構築経緯

シーズン3からクチートナイトが使えるようになり、一番好きなポケモンであるメガクチートを軸としたPTを構築しようと思いました。

Z技の登場で低速中耐久のポケモンであるメガクチートは、Z技等に縛られている場面、もしくは見えないZ技を警戒して動かせない場面が増え明らかに向かい風となりましたが、耐性と火力は相変わらず素晴らしいのでメガクチートが動きやすい状況を作れば活躍できるポケモンだと感じました。メガクチートが動きやすい状況を作るために、メガクチートの弱点を潰していくことが重要だと思い、試みました。メガクチートの弱点は炎、地面、鈍足であることが挙げられます。まず炎の対策に雨と組ませようと考えました。この段階で雨始動役(ニョロトノorペリッパー)+雨エース(キングドラorルンパッパ)が採用候補にあげられます。

雨と組ませると地面への牽制・対策にもなりますが、さらにカプ・ブルルと組ませるとより地面の弱点をカバーできると考え、カプ・ブルルを採用。ここで雨エースはカプ・ブルルの特性グラスメイカーとシナジーのある水・草複合タイプのルンパッパに決定しました。次に鈍足をカバーするためにペリッパーの追い風を利用することを考えましたが、メガクチート努力値をかなりSに割かないといけないためHA努力値が十分回せず、長所である耐性(Hありき)と火力が失われてしまうため断念。トリックルームで鈍足をカバーすることにしました。トリックルーム役はメガクチートに飛んでくる地面技を透かせることができ、最も安心感のあるクレセリアを採用しました。

ここで気になったのが相手のナットレイに対する打点がいっさい無いことです。そこで炎の打点が必要と感じて、ここまでで十分地面への耐性を確保していたことと、メガクチートに飛んでくる炎技に対して強く出していけることを考慮して、ヒードランを採用しました。最後に全体的に素早さが遅いので、雨始動役にはスカーフを持たせるべきだと思い、130(メガゲンガー、カプ・コケコ等)を抜けるスカーフニョロトノを採用して構築が出来上がりました。

 

 

個別解説

 

303.png 303-m.png

クチート
ゆうかん
実数値157-150-105-×-76-49 → 157-172-145-×-116-49
努力値252-252-0-×-4-0
特性いかくちからもち 
持ち物クチートナイト
技構成アイアンヘッド いわなだれ ふいうち まもる

トリックルームを持たせたクレセリアと組んでいるため調整は王道のHA極振り最遅個体。技構成はメインウェポンかつ命中安定のアイアンヘッド、炎タイプに打点があり追加効果も優秀な範囲技のいわなだれ、強力な先制技のふいうち、盤面を整えたり相手のZ技を軽減するためのまもるにしました。じゃれつくも強力な技ですが、命中不安な技であり、カプ系等のフェアリータイプが増えたためアイアンヘッドの通りが良いと感じて今回は採用しませんでした。

構築の軸となったポケモンであるため選出率はほぼ100%。雨選出をしない場合に、クチートクレセリアヒードランカプ・ブルルでサイクル戦を展開するのですが、サイクル戦において「いかく」という特性は非常に重要な特性であるため、交代前提でよく初手に出していました。中盤に再度メガ進化前のクチートを繰り出しトリックルーム下で暴れるのが理想の展開です。ふいうちの威力低下や、カプテテフのサイコフィールドによる先制技無効、高火力Z技の登場でメガクチートが向かい風な環境です。が、メガ前の優秀な特性や、鋼・妖という優秀なタイプ、惚れ惚れする高火力は素晴らしく、トリックルームを張ったり、雨を降らせたり、グラスフィールドを展開したりして盤面を整えると、強いポケモンだと思います。なにより可愛いです。


488 (1) 

クレセリア
ひかえめ
実数値227-×-140-139-150-106
努力値252-×-0-252-0-4
特性ふゆう
持ち物オボンのみ
技構成サイコキネシス れいとうビーム どくどく トリックルーム

個人的に1番使いやすいひかえめHC極振り個体を使用しました。持ち物は安心と信頼のオボンのみ。技構成は、サイコキネシスれいとうビームトリックルーについては言うことないと思いますが、最後の枠はどくどくにしました。ちいさくなるラッキーやハピナス等の害悪に強くなることも利点ですが、最も意識したのは相手のクレセリアです。エレキシードを持たせたりしてめいそうを積み、要塞化してくるクレセリアが増えたと感じたのでどくどくを採用しました。後述するヒードランのみがわり+グラフィールドと相性が良かったです。クチートの最高の相方であり、数値の高さから様々な場面で後出しもでき、第7世代でも最強のS操作役だと思います。

 

485 (1) 

ヒードラン
ひかえめ
実数値198-×-126-200-127-97
努力値252-×-0-252-4-0
特性もらいび
持ち物シュカのみ
技構成ねっぷう だいちのちから みがわり まもる

ねっぷうの全体技でできる限り相手に負担を掛けたいのと、耐久も欲しいので、ひかえめHC極振り個体。持ち物は、相手のヒードランのだいちのちからや不意のめざパ地面を耐えることができるように、メジャーなシュカのみを持たせました。技に関してもよくある構成ですが、クレセリアにどくどくを採用しているので、みがわりがうまく機能するのではないかと思い採用しました。ヒードランのタイプは炎・鋼と優秀な複合タイプで耐性が素晴らしく、盤面によってはみがわりを残せる状況も多々発生します。そこでクレセリアのどくどくをまくことによって、ヒードランがみがわり・まもるを駆使して延命することで相手に負担をかけることができます。またカプ・ブルルグラスフィールドのおかげで5ターンの間HPを回復することができるため、たべのこしをもたせなくても回復ソースを確保することができ、さらに延命することができます。

 

787.png
カプ・ブルル
いじっぱり
実数値172-200-135-×-115-101
努力値212-252-0-×-0-44
特性グラスメイカー
持ち物カクトウZ
技構成ウッドハンマー ウッドホーン ばかぢから まもる

6体の並びを見ればわかると思いますが、相手のナットレイに対する有効な打点がヒードランしかいないため、持ち物は即決でカクトウZとなりました。調整はまず、不一致タイプ技をZ技にしていて火力に不安が生じたため、Aに特化しました。すばやさは努力値4振りヒードラン抜きを意識しつつ、ついでに無振り80族抜き(メガフシギバナ)まで振り、残りをHに回しました。技構成はナットレイヒードラン等の鋼タイプに対する打点としてばかぢから、最大打点の一致技であるウッドハンマーグラスフィールドHP自動回復と相性の良いウッドホーン、安定のまもるにしました。クレセリアヒードランと相性が良かったです。環境に多いCHALK+カプ・レヒレにも強く、カミツルギテッカグヤ、毒タイプ、ウインディが多いwcs2017ルールよりも全国ダブルの方がだいぶ動かしやすく強かったです。


186.png

ニョロトノ

おくびょう

実数値165-×-96-142-120-134
努力値0-×-4-252-0-252
特性あめふらし
持ち物こだわりスカーフ
技構成ねっとう なみのり れいとうビーム あまごい

よくいるスカーフニョロトノです。全てのポケモンが低速~中速に固まっているので、こだわりスカーフを持たせて、雨エースのルンパッパと共に上から殴ります。あまごいはメガリザードンがつらいので天候のとりあいを有利にするために採用しました。メガクチートと並ばせてあまごいを打ちつつ、炎技を半減し、いわなだれで強引にリザードンを突破する選択もできます。クチートと相性がいいのは良いのですが、ニョロトノヒードランの相性は悪いためなるべき同時選出は控えるようにしていました。


 
272.png
ルンパッパ
ひかえめ
実数値155-×-91-156-120-122
努力値0-×-4-252-0-252
特性すいすい
持ち物ミズZ
技構成ハイドロポンプ エナジーボール れいとうビーム ねこだまし

雨下のエースで最大限の火力と素早さで相手に負担をかけるのが役割なので、Cに補正をかけてCSに極振りしました。持ち物は最大限の火力が出るミズZ。技構成ですが、一致水技は命中不安であるがミズZによってある程度命中をケアできるため、火力の高いハイドロポンプにしました。一致草技はギガドレインではなく、エナジーボールにしました。純粋に火力が高いのと、グラスフィールドエナジーボールH252振りカプ・レヒレを約3割の確率で一発で落とせるためです。あとは竜や草タイプに打点のあるれいとうビームと、クレセリアトリックルームの補助等便利な技であるねこだましを採用しました。ルンパッパには他にも採用したい技が多く、あまり読まれないまもるや、ねこだましZ技を警戒した相手の動きに刺さるみがわり、天候合戦を有利にするあまごいなど採用しても面白いと思います。


 QRコード Showdownテキスト


 

選出

選出は大きく分けて2つ。

・雨が刺さっていると感じた場合

先発:186.png272.png

後発:303-m.png488 (1)or787.png

・雨が刺さってない、もしくは雨よりブルルクレセドランのサイクルが刺さっていると感じた場合

先発:303-m.png787.pngor488 (1)or485 (1)

後発:787.pngor488 (1)or485 (1)

 

雑感

このPT1850くらいから使用して、37316敗で勝率約84%でした。マッチング運やプレイ中の運の良さが重なったおかげで怒涛の22連勝することができ最終レート2045までいけました。苦手な相手も多く、運が普通ならばおそらく18501950をさまようくらいの、あまり完成度の高いPTとはいえないです。ただCHALK+カプレヒレのような構築には全勝したのでそこそこ戦えると思います。雨PTヒードランを入れてるため選出の幅が狭まるのが欠点ですが、思った以上にクチート+ブルルクレセドランの4体でみれる相手が多かったので、さほど気にすることはなかったです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。なにかの参考になれば幸いです。

 

執筆者


tqSpEAd0_400x400.jpg 

しょちゃん
ダブルバトル楽しい。クチート可愛い。

主な実績

SM S2 ダブルレート20 

SM S2 wcsレート 11 

SM S3 ダブルレート 3 


元記事 

【サンムーン S3 ダブルレート 最終2045(3位)達成構築】 雨クチート+ブルルクレセドラン


過去記事

【WCSレートS2 2000達成構築】 ミロガラワルカグヤ

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
9位
アクセスランキングを見る>>