【S2全国ダブル2001 24位】CHALK+Fini

こんにちは。DAIKI()と申します。ORASのS12からレートを始めて、色んなルールを楽しくプレイしてました。CHALK+Finiの並びでダブルレート2000を達成することができました。

fini.png 

目次



-構築経緯
-個別解説
     ・ガルーラ
     ・ランドロス
     ・クレセリア
     ・ヒードラン
     ・モロバレル
     ・カプ・レヒレ
-QRコード Showdown
-選出
-雑感
-執筆者


 

構築経緯


バンクが解禁したので、僕の大好きなCHALKを使いたいと考えていました。
そこで7世代の準伝を組みわせると面白そうだと思い、CHALK+カプを試してみることにしました。 

いざ潜ってみるとガルーラスタンがそこまで多くなく、弱体化はしたものの、相対的に弱体化したかは疑問であったので確かめたいと思いました。


 

個別解説

 
115.png 115-m (1) 
ガルーラ

性格:意地っ張り
実数値207-161-101-×-101-115→207-194-121-×-121-125
努力値212-252-4-×-4-36
特性:肝っ玉→親子愛
持ち物:ガルーラナイト
技構成:恩返し グロウパンチ 不意打ち 守る

ぼくは6世代のときにグロウパンチガルーラばかり使っていて使い慣れているので、グロウパンチを採用しました。
HP管理のできるメインウェポンの恩返し、少しHPの残ったポケモンを縛る不意打ちまではすんなり確定しました。最初はこれに加え猫騙しを使っていましたが、テテフの登場で猫騙しより守るが欲しい場面のほうが多く、また守るガルーラは使い慣れているので、守るに変更しました。

猫守ガルーラも考えましたが、ゴースト(特にギルガルド)への打点が0になるのでやめました。  

スイッチトリルを軸とするのでHAベースで調整意図は、Aぶっぱ、Hが16n−1の207、Sを最速61族、準速70族を抜ける125、BDを端数振りという感じです。
 
645-s.png 
霊獣ランドロス

性格:意地っ張り
実数値:165-216-110-x-100-143
努力値:4-252-0-x-0-252
特性:威嚇
持ち物:こだわりりスカーフ
技構成:地震 岩雪崩 馬鹿力 蜻蛉返り

最初は地面Zで使っていましたが、メガリザードンY、メガボーマンダ、メガメタグロス、スカーフバンギラス、の上を取ったり、エルテラ、エルゲンに対応するためにスカーフに変更しました。
スタンパでこれらの上を取って縛れるポケモンがいないのであれば、スカーフ一択だと思いました。 

中途半端に耐久を調整したところで、不意のZ技は耐えられないと思ったので素直にASぶっぱしました。テラキオンに対して確定数、乱数が変わりそうだったのと、少しでもダメージレースを有利にしたいので意地っ張りで採用しましたが、スカーフランドロスが増えたり最速フェローチェがいるようであれば、陽気最速での採用も視野に入れたほうがいいと思います。 

馬鹿力はあまり打つ機会がなかったので、ギルガルドのワイドガードを無視してリザードンやウルガモスに打てるストーンエッジでもいいかもしれません。(なお命中率)
 
488 (1) 
クレセリア

性格:控えめ
実数値227-×-140-139-151-105
努力値:252-x-0-252-4-0
特性:浮遊
持ち物:エスパーZ
技構成:サイコキネシス 冷凍ビーム めざめるパワー(地面) トリックルーム

この構築の軸となるといっても過言でないポケモン。  ランドロスの持ち物を変更し、Zをどのポケモンに持たせようか迷っていたときにエスパーZクレセリアを使われて強いと思ったので、採用しました。

サイコキネシスZはH振りメガガルーラに対して6割程度、H4振りカプ・コケコに対してほぼ確定1発(93.8%)程度の火力があります。 また、Z技は挑発、アンコール、金縛りを受けていても使うことができます。Zトリックルームは挑発を食らっても繰り出せるので、エスパーZはメンタルハーブの上位互換の持ち物と言っても過言でありません。 
さらにエスパーZを持たせると副産物としてはたき落とすの被ダメージが増えません。正直、エスパーZクレセリアはチートだと思います。  

凍える風よりも命中安定で10%で最強の状態異常を引ける冷凍ビームのほうが好きなので、サイコキネシス、冷凍ビーム、トリックルームまでは確定しました。誰もが理想めざパ地面クレセリアを使える時代になったのでめざパ地面を使っていましたが、ラッキー入りのボーマンダスタンのQRパーティを見つけてしまったので、毒毒に変更したりしたこともあります。

オボンの実や半分回復きのみを持たない分、HP管理がややシビアなので守るもありだと思います。

ヒードラン入りガルーラスタンのミラー意識のめざ地面、耐久ポケモン(特に瞑想クレセリア)に刺さる毒毒、汎用性のある守るなど、この枠は環境に応じて変える必要があると思いました。  

HCにぶっぱして、ランドロス+クレセリアを初手で並べたときにポリゴン2のダウンロードでCが上がらないように余りをDに振りました。
 
485.png 
ヒードラン

性格:控えめ
実数値198-×126-200-126-98
努力値:252-x-0-252-0-4
特性:もらい火
持ち物:シュカのみ
技構成:熱風 大地の力 めざめるパワー(氷) 守る

ボーマンダやランドロス意識でめざ氷を採用していますが、テテフの処理速度を速めたり、カプ・レヒレやマリルリなどへの最低限の打点となるラスターカノンやリザードン、ウルガモスに刺さる原子の力でもいいと思います。  
ランドロスの前で強気に動かしたい時がある、不意のめざ地面意識でシュカの実を持たせています。  
努力値はHCにぶっぱしています。ミラー意識やテッカグヤを抜くためにSに振るのもいいと思いますが、耐久を削りすぎるとZ技を耐えられなくなる(特にギルガルドのZシャドーボール)ので難しいところです。
 
591.png 
モロバレル

性格:生意気
実数値:221-x-103-105-132-31
努力値:252-x-100-0-156-0
特性:再生力
持ち物:オボンのみ
技構成:ヘドロ爆弾 怒りの粉 茸の胞子 日本晴れ

6世代のときのままの構成で使っても中途半端なまま終わってしまうと思ったので、ガチトリルとガルーラスタンが辛くて環境に多い雨パのメタに専念してもらおうと考えました。  
雨を見てもらいたいのでDに補正をかけ、Hbdベースの配分にしました。調整がよくわからなかったので、Hぶっぱ、Dが11nになるようにしてBにもある程度振りました。  

キノコほうしと怒りの粉は確定として雨をメタり、雨の鋼枠を見るために自然とヒードランを選出し、動かしやすくする日本晴れまでは決まりました。

もう一枠を草ウェポンか毒ウェポンで採用しようとしたときにカプ系やルンパッパに対しての打点となるヘドロ爆弾のほうが刺さるのではないかと考え、ヘドロ爆弾を採用しました。  
持ち物はゴツゴツメットを使っていましたが、スタンに出すことがあまりなく発動機会が少ないので、汎用性のあるオボンのみにしました。モロバレルの持ち物がゴツメじゃないので、ガルバレルで並べたときに猫+ほうしを嫌って両守るする相手に対して、ガルーラで味方のモロバレルにグロパンを打つヤンキー択もあります。 このポケモンは環境に少なかったです。

カプ・コケコやカプ・レヒレの登場で浮いてないポケモンを眠らせることができなくなったのもありますが、ガルーラスタンが6世代の頃より減り、特殊環境になったからだと考えられます。

ガルーラ環境になったら、HBベースでゴツゴツメットを持たせて使いたいです。
とても環境に左右されやすいポケモンだと思いました。
 
blog_import_58d21c02e4213.png 
カプ・レヒレ

性格:控えめ
実数値:177-x-135-161-150-106
努力値:252-x-0-252-0-4
特性:ミストメイカー
持ち物:こだわりメガネ
技構成:濁流 ムーンフォース 熱湯 マジカルシャイン

最後の一枠で入ってきたポケモン。最初はブルルやコケコで使っていましたが、ブルルはイマイチ刺さらず、コケコは雨のすいすいアタッカーに行動保証がなく、次にこのポケモンを試したところ、とてもしっくりきました。
CHALKで一貫しやすい水や悪の一貫を切ることができます。ガルーラはボルトロスという相方を失った代わりに新たな頼もしい相方を手に入れました。火傷しないガルーラは強いです。ミロカロスの熱湯火傷ももう怖くないです。  

持続的に高火力を出したいのと使い慣れているので、こだわり眼鏡で採用しました。 
このポケモンを使うコツは、裏への通りも考えて水技とフェアリー技のどちらで拘るのかをしっかり考えることと、濁流を打ちたいときに本当に濁流を打ってもいいのかリスクリターンをしっかり考えることだと思います。  
実は相手に使われても辛いポケモンでした。ガルーラスタン、雨、バンドリマンダを使っていた人はこのポケモンがきついと思ったことがあると思います。

非常に環境に刺さっていたポケモンだと思いました。


 

QRコード Showdownテキスト





選出


特に基本選出はありませんが、強いて挙げるなら以下の通りです。 

対ガルーラスタン 
先発:115.pngblog_import_58d21c02e4213.png
後発:645-s.png488 (1)

対メガリザードンYスタン、エルテラ、エルゲン、滅び 
先発:645-s.png488 (1)
後発:115.png485.png

対メガメタグロススタン 
先発:115.pngblog_import_58d21c02e4213.png 
後発:485.png488 (1)

対バンドリマンダ 
先発:645-s.pngblog_import_58d21c02e4213.png 
後発:115.png485.png

対雨 
①雨ナットレイ 
先発:115.png591.png
後発:485.pngblog_import_58d21c02e4213.png

②他の雨 
先発:blog_import_58d21c02e4213.png488 (1)
後発:115.png@1 

対ガチトリックルーム 
先発:115.png591.png
後発:485.png488 (1)blog_import_58d21c02e4213.pngから@2 

あくまで一例なので刺さっているポケモンを選出することが大事です。 
立ち回りは 
・ガルーラとヒードラン・レヒレの全体技を通す。
・ランドロスで威嚇を巻いてサイクルを回し、最後はフィニッシャーとして〆る。 
・必要に応じてトリックルームを貼る、トリル返しをする。 
などが重要だと思います。


雑感


カプ・テテフやギルガルドなどが重いので、それらに対して厚くするのがこの構築の課題だと思います。 
メガサーナイトが解禁したら、環境が結構変わりそうなので楽しみですね。


執筆者



主な実績

SM S2全国ダブル 2001 24位


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
8位
アクセスランキングを見る>>