【VGC2017全国大会出場構築】AFKポリ2ギガイアスコケコ

こんにちは、DAIKI()と申します。
今回はjcs代表決定戦で使用した構築を紹介させていただきます。

uuyirr.png 

目次


-構築経緯
-個別解説
     ・カプ・コケコ
     ・ウインディ
     ・カプ・レヒレ
     ・カミツルギ
     ・ポリゴン2
     ・ギガイアス
-QRコード Showdown
-選出
-雑感
-執筆者

 

構築経緯


jcsオンライン予選A日程まではカプ・テテフ+フワライド構築を使っていましたが、ミミッキュの急増などにより勝てずかなり焦りました。
jcs予選を突破するためにはワンチャンスにかけて新しい構築を用意しなければならなく、そのときにポリ2入りのAFKが強いという噂を聞き、AFKポリ2ギガイアスコケコの並びを使おうと思いました。
するとB日程1688、D日程1702と勝つことができました。しかしC、E日程は約1650止まりで予選抜けは厳しいと思いましたが、予想よりもボーダーが低く30位で予選抜けできました。  

代表決定戦まで時間があまりなく、使い慣れてない新しく考える構築よりも予選で使い慣れた構築を使う方がいいと考え、それをアレンジして使用しました。



全国大会結果


予選スイスドロー3勝3敗
 

個別解説

 
785 (1) 
カプ・コケコ
性格臆病
実数値146-×-105-147-95-200
努力値4-×-0-252-0-252
特性エレキメーカー
持ち物デンキZ
技構成10万ボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ 守る

VGC2017では飛び抜けて強いポケモンがいないと言われていますが、強いて挙げるのであればこのポケモンだと思います。
Zはコケコのように素早さが高いか十分に耐久があり、行動保証を確保しやすいポケモンに持たせるのが強いと考えています。 
控え目での採用も考えましたが、試運転のときにフェアリーZコケコに一方的にやられて何もできないまま出落ちすることがあったので、臆病最速にしました。
 
blog_import_58d21b719f9f2.png
ウインディ
性格意地っ張り
実数値197-144-100-x-132-115
努力値252-4-0-x-252-0
特性威嚇
持ち物マゴのみ
技構成フレアドライブ 神速 鬼火 守る

jcs予選ではHAベースの配分でしたが、コケコやテテフの前で強気に動かせる流行りのD振りの配分を使用しました。 
持ち物は突撃チョッキも良いのですが、守りたいので半分回復きのみにしました。 

カミツルギの裏から出てくるガブリアスやギガイアスに刺さる鬼火とギリギリ倒せなかったポケモンを縛る神速を採用しました。
jcs予選では命中85%の鬼火を採用するのは弱いと考え、じならしを採用していました。技はフレアドライブと守るまでは確定として、残り2枠は正直何がいいのか最後までわかりませんでした。
 
788 (1) 
カプ・レヒレ
性格控えめ
実数値175-×-135-161-150-108
努力値236-x-0-252-0-20
特性ミストメーカー
持ち物ミズZ
技構成ハイドロポンプ ムーンフォース 挑発 守る

jcs予選では拘り眼鏡で使用していましたが、守りたいのとコケコと同時選出することがあまりなかったのでミズZに変更しました。
 
798 (1) 
カミツルギ
性格意地っ張り
実数値159-221-151-×-83-137
努力値196-0-0-×-252-60
特性ビーストブースト
持ち物拘りスカーフ
技構成リーフブレード スマートホーン 聖なる剣 ハサミギロチン

jcs予選では気合の襷で使用していましたが、コケコの上を取りたい、雑に受け出ししてサイクルに参加したいことが多かったので流行りののHDスカーフに変更しました。 
配分はジュニオさんのもの(【International Challenge February 1893 3位】クモバドロスイッチ)を参考にさせていただきました。
 
blog_import_58d21b8b7db27.png
ポリゴン2
性格控えめ
実数値191-x-128-143-126-81
努力値244-x-140-36-84-4
特性ダウンロード
持ち物進化の輝石
技構成トライアタック 冷凍ビーム 自己再生 トリックルーム

jcs予選ではHDベースの配分を使用していましたが、地面が一貫している構築であるためBにも厚く振りました。 
また一致打点が欲しい、追加効果が強力であるので10万ボルトをトライアタックへと変更しました。

15分でTODありのルールだと自己再生よりも守るの方が強いのではないかということに試合が全て終わってから気が付きました。深く考えずに自己再生を採用したのは失敗でした。 
配分はライジングさんのものを参考にさせていただきました。
 
blog_import_58d21bc8213bd.png 
ギガイアス
性格勇敢
実数値191-216-150-×-102-27
努力値244-252-0-×-12-0
特性砂起こし
持ち物拘り鉢巻
技構成岩雪崩 ストーンエッジ 地震 大爆発

コケコにZを持たせたかったので拘り鉢巻を採用しました。基本的に岩雪崩しか打ちません。
岩Zは警戒されやすいのですが、高火力の岩雪崩はあまり警戒されませんでした。
運勝ちを拾えることが多かったです。

 

QRコード Showdownテキスト



 

選出


決まった選出はないので、例を挙げていきます。 

柔軟に立ち回りたいとき 
先発:785 (1)blog_import_58d21b8b7db27.png 
後発:blog_import_58d21b719f9f2.pngblog_import_58d21bc8213bd.pngor798 (1)

コケコでボルチェンをしながらトリックルームを通したり、通せなさそうならデンキZとポリゴン2で殴ったりします。 

コケコを通して行きたいとき 
先発:785 (1)blog_import_58d21b719f9f2.png
後発:blog_import_58d21b8b7db27.pngblog_import_58d21bc8213bd.pngor798 (1) 

威嚇でコケコの補佐をします。出し負けてもウインディをポリゴン2などに引っ込め、コケコでボルチェン→ウインディを出す動きで威嚇を2回撒きながら対面を整えることができます。 

ガラガラやトゲデマルなど避雷針が相手のPTにいるとき 
先発:blog_import_58d21b719f9f2.png788 (1)
後発:blog_import_58d21b8b7db27.pngblog_import_58d21bc8213bd.pngor798 (1)

レヒレウインディを雑に通して、裏からトリックルームを展開したりカミツルギで〆ます。 

大きく分けるとこの3通りですが、他の選出もします。
柔軟な選出ができるので使っていてとても楽しい構築です。


 

雑感


このルールは飛び抜けて強いポケモンが例年のルールに比べいなく、使えるポケモンの種類が非常に多い上に環境が進むのがとても速く難しいルールだと感じました。
気が付いたら環境に取り残されて勝てなくなっている、今回の代表決定戦でもそうでした。 
jcs予選では勝てましたが、本戦では運がいいのに勝つことができず予選スイスドローは3勝3敗で予選落ちでした。
AFK+ポリ2系統の構築はメタられていて、これを使った人は予選抜けできてないので使うべきではなかったというのは結果論ですが、一から構築を作るくらいの発想が必要でした。
あの短期間であそこまで仕上げる日本の最上位勢との実力差を感じました。


 

執筆者


W8TaW8VX_400x400.jpg 

主な実績
SM S2ダブルレート2001 24位 
SM S3ダブルレート2026 11位 
PJCS2017予選 総合5042 30位

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
10位
アクセスランキングを見る>>