【勝率84%最高レート1990】チョッキウインディテテフスタン

本日は私が勝率84%で最高レート1990まで伸びた構築を紹介致します。

2000チャレンジから1895まで結局溶かしてしまった構築なのですがこちらに一応書き記しておこうとの考えです。

そこから今現在(2017年1月12日) レート2024で1位まで行かせてくれた構築は後日また紹介したいと思います。

早速6体の並びを紹介していこうと思います。

 jgiorjih

【目次】

-構築の原点
-個別解説
       ・ウインディ
       ・カプ・テテフ
       ・テッカグヤ
       ・キュウコン
       ・ガブリアス
       ・ポリゴン2
-QRコード Showdown
-選出
-雑感
-執筆者



【構築の原点】

チョッキウインディの地ならしという技から構築をスタート。 S操作が少ないこの環境では普段絶対使われないS操作が不意を突けて強いと考えました。
地ならしを使う以上強い隣が守れないとゲームが作れないのでここで守れるカプテテフが入ってきました。

その後ウインディテテフの初手でどのポケモンと鉢合わせたら厳しいかを考えまずは真っ先に地面Zガブリアスが浮かんだのでそれを透かせて尚且つ起点にもできるテッカグヤを採用。

受けるだけではやはり岩雪崩の運負け等厳しくなるのでできるだけ初手ガブリアスの選出を躊躇させるキュウコンが入ってきました。
ここまででオーロラベールがあるとはいえコータスで天候を書き換えられたりやはり5ターンも高火力トリル相手にこのパーティーでは持たないと考えトリルを返すのが主な仕事なD振りポリゴン2を採用。

ラスト1体はZクリスタルが余ってるのもあるのでとZ技を一番強く使え後発のテッカグヤと非常に相性のいいガブリアスを採用しました。


【個別解説】

 
htphtp
ウインディ 

性格:意地っ張り
実数値181-159-101-x-102-147
努力値124-116-4-x-12-252
特性:いかく
持ち物:突撃チョッキ
技構成フレアドライブ ワイルドボルト 神速 地ならし 

まずはS設定を考えました。当時ギャラドスが環境に多くワイルドボルトを打てず水Zで一撃死することは避けたいと考え最速ギャラドス抜きまでSを伸ばしました。
が近頃はカプレヒレの増加によりギャラドスが息をできない環境になっており個体数が著しく減少しているので今チョッキウインディを使用するなら地ならし後最速130族抜ける程度までSを落としたものを使ったほうがいいのではと考えています。(残りをAに回しカプレヒレに対するダメージをあげたい)

耐久設定はサイコフィールド時のこだわりメガネC200カプテテフのサイコキネシス耐えまで振りました。
ここまで振ってチョッキを持つと本来ウインディテテフで辛いウツロイドの珠パワージェムまでを耐えて地ならしで返し盤面をとれるようになります。大体の相手がスカーフカプテテフだった時のためにカプテテフ方向にヘドロ爆弾を打ってくるのですが。

残りをAに回しました。神速の存在もあってかそこまでAに振らなくても火力不足の心配はなく、隣にテテフを置くことを込みしても竜の舞を積んできたギャラドスに対してかなりの耐久振りではない限りは威嚇込でもワイルドボルト+神速で落とせますし(サイコフィールドは浮いてるポケモンには作用しないため神速が打てる)神速の存在はこのウインディにとって大きなものとなっています。

珠ウインディやハチマキウインディと比べるならフレアドライブを打つのにテッカグヤを一撃で落とせない、カプテテフが落ちないことでしょうか
ですがそれ以上に地ならしという技に惚れ込んでいたのでそこには目をつむることにしました。

選出は主に初手。後発にカグヤを置き、ウインディが厳しいガブリアスが出てきた場合テッカグヤに引いてサイクル戦を仕掛けます。

地ならしウインディはカプテテフみたいな隣に強いやつを置けば前のめりの構築に非常に強いため(Sダウンを戻そうと引こうと思っても引き先がなかなか存在しない)ぜひ使ってみてください
多分特殊型じゃダメなんですかと聞かれると思いますが単純に火力がなく地ならしを打った後ウインデイ自身で圧力をかけれないためです。

地ならし打った後対して火力もない燃え尽きるや火炎放射を打って耐えられるくらいなら反動に目を瞑り相手と心中したほうがゲームプランが組みやすいです。


  huihhiu
カプテテフ

性格:臆病
実数値159-x-96-177-137-150 
努力値108-x-4-212-12-172 
特性:サイコメイカー
持ち物:命の珠
技構成サイコキネシス ムーンフォース 挑発 まもる 

こちらもS設定から考察。意外とデンジュモク抜いとかないとめんどくさいかと考え最速デンジュモク+2
+2の理由は同じ考えのカプテテフミラーで先手を取る確率を少しでも上げたいため。若干早くて硬いワルビアルとかは149で設定してそうだからこのSでよかったと思います。

耐久設定は万が一のことを考え179ウツロイドのヘドロ爆弾確定耐えにしています(珠で死にますが)

Cはこちらも余った努力値をすべて回す感じにしてますが火力不足は特に感じませんでした。

一風変わったものといえば挑発でしょうか。大体の人が珠であればカグヤに6割削れる10万ボルトを選択していますが今回はポリゴン2ガラガラやオニシズクモのスイッチ展開を妨害したいと考え挑発にしました。
カプテテフの挑発で拾った試合は数えれないほどあり、私のパーティー的に高速アタッカーからのポリゴンスイッチを決めたら勝てるだろ的な選出を何度もされそれをカモれまくったのがここまでレートの伸ばせた要因として一番大きいです。 

ポリゴン2ならメンタルハーブを考慮しなくていいですし自己再生なんかも封じれるためすごくパーティーにマッチしたチョイスだったと思います。 

選出は主にウインディと並べ初手に出します。 ウツロイドなど高火力低耐久がいたら守る地ならしから入り盤面を制圧。普通に殴っていけるようならフレドラで突っ込みながら高火力のサイコキネシス、ムーンフォースを振りかざします。
特に説明することなく雑に強いという感じですね

エスパーZテテフも試してみたかったですが 地面Zガブリアスが強すぎて断念。地面ZではなくスカガブなんかにしてカプテテフをエスパーZにしても面白そうですね。

 
  huihuiu
テッカグヤ

性格:陽気
実数値203-121-123-x123-124 
努力値244- 0-0-x-12-252 
特性:ビーストブースト
持ち物:食べ残し
技構成ヘビーボンバー 宿り木のタネ 身代わり 守る 

BBでSが上がる最速テッカグヤ。また、テッカグヤに勝てるテッカグヤになってます。
レートで当たるテッカグヤは大体が遅く、テッカグヤでテッカグヤを詰めるパターンが何度かありました。アローラの闇
現環境に合わせるなら身代わり→火炎放射にしたほうがいいですね。カミツルギに対する打点をテッカグヤが持っていると非常に楽してゲームを作ることができますし最速カグヤミラーでも優位に立てることができます

またBBでSを上げる利点としてはガブリアスの岩雪崩、炎のキバでひるまないのが非常に大きいです。
事故なく詰めれるテッカグヤが一番強いと感じました。 カミツルギ等も抜きされるので尚更身代わりを火炎放射にするべきですね・・・環境に追いつけずこの技構成のカグヤを使い続けたのが2000チャレンジから溶かしてしまった要因というのもあると思います。今テッカグヤを使用するなら身代わりではなく火炎放射を私は推奨しています。(そもそもカグヤが環境にあってない説が微レ存・・・?)

選出は主にウインディテテフの後発に置きます。なんだかんだ地面を透かせる強いポケモンが非常に少なくバルジーナとかも少し回しましたが手に馴染まず、テッカグヤに結局落ち着きますね。
ガブリアスの地面Zをどや顔で透かしていきましょう。

 
,iu,i,i,i,
キュウコン

性格:臆病
実数値149-x-95-133-120-177 
努力値4-x-0-252-0-252
特性:ゆきふらし
持ち物:気合いの襷
技構成吹雪 フリーズドライ どくどく オーロラベール 

振り方はいたってシンプルにCSに振り切りました。
キュウコンのどくどくという技についてですが、ロンドン大会でげべぼさんが使用していたどくどくキュウコンを見て裏との嚙み合いもありすごくいいなと考えパクって使っていましたが当時1家に1台のポリゴン2環境で刺さり具合が凄まじくとてもいい技と思いました。

今ではポリゴン2の個体数も落ち着いているので凍える風や守るなどに変えたほうが環境に合うと思います。

よくいるスタンに選出はあまりしません。選出選択時にガブリアスをにらんでるのが一番強い。

ポリ2始動のトリパにテテフキュウコンから入ったり雨に対して後発にキュウコンを置き天候書き換えの役割を持ちます。 
入れて気づきましたがこのポケモンがいないと雨に2-8位で厳しいので必須ポケモンと思います。

 
vvkojoirvio
ガブリアス

性格:陽気
実数値187-159-116-x-125-169 
努力値28-68-4-x-156-252 
特性:サメ肌
持ち物:ジメンZ
技構成地震 どくづき 炎のキバ まもる 

入れない理由がないこのルールの主人公。
ドラゴンクローを打つ相手がボーマンダとミラーくらいしかなくミストフィールドの効果も相まってこのルールではいらない技と私は判断しました(パーティーによりますが)
どくづきはカプに7-8割ほどのダメージを与えられ、炎のキバはテッカグヤやカミツルギにダメージを与えられ、地面Zで弱点ポケモンを吹き飛ばす弱いわけがなかった。

配分は皆さんが使っているとは思いますが有名な奴です。
ミラーで先に動けると優位に立てることが多く、最速。
Aは威嚇込地震Zでガラガラが落ちるまで確保し残りを耐久に割くと臆病テテフのムンフォを耐えるまで振ることができます。コケコの持ち物補正なしシャインなども両方高乱数を引かない限りは2耐えしてしまいますね強い。(被ダメ42.8%~51.3%)

選出は主に後発です。基本的な選出はウインディテテフガブリアステッカグヤ。ウインディテテフで暴れた後、テッカグヤが苦手なウインディ、カプコケコをこいつで殺しながらテッカグヤで詰めていく。
シンプルな戦略だが序盤中盤はスタンミラーで本当に負ける気がしませんでした。 

 
ijijji
ポリゴン2

性格:控えめ
実数値191-x-110-143-144-80 
努力値244-x-0-36-228-0 
特性:ダウンロード
持ち物:しんかのきせき
技構成冷凍ビーム どくどく トリックルーム 自己再生 

使っていて一番疑問な枠でしたがガチトリルを見るなら不可欠だと思います。
配分は4振りガブリアスが冷凍ビームで落ちるまでCに回し残りすべてDに回しました。トリトドン等で受けまわすパーティーに対してこいつでどくどくをまきテッカグヤと一緒に詰めるのは非常に陰湿プレイで面白い。

特にいうことはないポケモンですがやはりガラガラやオニシズクモがいないのでスイッチという選択肢がないのが非常に弱く選出率は最下位で最終的にはガチトリルにしか出さない駒になってしまいました。

この枠はベトベトン、カプコケコ、スカーフデンジュモクなんかもいろいろ回しましたがどれもしっくりこなかったのでぜひいいポケモンがあればご意見いただけると嬉しいです。 今書いてて思いついたのがリサイクルカビゴンとかでしょうか・・・?
 




【選出】

GSのように相手のパーティーを見て選出を3秒で決めれるほど決め打ちができないルールなのである程度の選出しか書けませんがここに記しておこうと思います。
もっといい選出があるのでは?というご意見もEMOLGAMEは日々お待ちしております。いいご意見がありましたらこの記事に追加で書かせていただく場合があります。ぜひご意見いただけたら嬉しいです。

基本選出
先発 htphtp huihhiu
後発 huihuiu vvkojoirvio

同じようなスタンにはこの選出です。後よくわからない並びも
負け筋が相手のガブリアスの怯みだったりカプコケコに全員ぶち抜かれるパターンと思いますがエレキフィールドは先発に出てくるコケコなら没収できるのでたいしたことはないか思います。

初手ガブリアスと鉢合わせたらガブリアスの隣がテテフより遅い場合はウインディをカグヤに引きながらテテフ動かし。
ガブリアスカプコケコが出てきてスカーフではないと相手に判明してしまった場合はウインディをテッカグヤに引きながら守る。
放電が飛んで来たらテッカグヤの消耗はしょうがないで割り切りましょう。
ここで相手が地面Zを打ってクリスタルを消耗してくれたり守る地震なんかをしてくれたら非常においしい展開になります。

2手目はカグヤ方向からウインディを出して威嚇を入れなおしたり、テッカグヤが消耗していなければ動かせたり色々な手が出てきます。状況にあった手を打ちましょう。
実際キュウコンを入れているおかげかスカガブではない限りガブリアスが初手に出てくることはなかなかないのでそこまで苦しい展開にはなりません。ガブリアスが出てこない限り初手は出し勝ちも当然です

あまりにも出されて勝てない!っていう人がいたらどれかを切って初手にキュウコンを置いてみるのもいいと思います。


対ペリッパー(ニョロトノ) ゴルダック

初手 huihhiu vvkojoirvio
後発 ,iu,i,i,i,@1取り巻き次第

水の一環がやばいのですごくヤバイのでキュウコンで誤魔化しています。
私は初手の行動はガブリアスをキュウコンに下げながらテテフを守らせています。再戦や中身が割れている場合はその限りではありませんが。
ペリッパーが追い風をしない限りは有利に持ち込めます。追い風一点読みなら雨補正がないのでミズZを耐え、テテフで挑発をペリッパーにぶち込みたいところですが人によって攻撃してきたりで行動が違いすぎて難しいマッチングです。
追い風してこなきゃ勝てるんで相手依存です。。。(マッチング少なくて助かった) 


対キュウコン(バイバニラ)カプレヒレカミツルギウインディ

初手 huihhiu htphtp
後発 huihuiu@1

この構築を使うのをやめた主な理由 かなり不利マッチングです。オーロラベールカプレヒレ突破不可能。
バイバニラだと五分五分ありますがキュウコンレヒレとかムンフォでC下げるでもしないと厳しすぎて鬼の連敗して泣いてましたテッカグヤが肝になります。頑張りましょう・・・・・


対ガチトリル
初手 huihhiu ,iu,i,i,i,
後発 ijijji@1

初手にアドバンテージを取ってポリゴン2でトリルを返す。そのまま押し込む。大体勝てます。
ポリ2始動ならカプテテフの挑発が刺さりますしヤレユータン始動ならオーロラベールしてテテフで殴っとけば急所に被弾する限り負けることはないかと思います。
ガチトリルのヤレユータンやミミッキュに挑発は正直お勧めできません・・・・・・削るのが吉です。


【雑感】

序盤中盤の1800台~1990までこのパーティーを使っていましたが勝率を非常に高く保て高レートに行けたのは満足しています。
今流行りのこだわりメガネカプレヒレは厳しいですがところどころを変えてやるとまだまだ戦えるパーティーと思います。
地ならしという技はこのルールにおいて非常に強い技と思っているのでさらなる研究が待たれます。
新しい地ならしウインディの配分とかも考えてまたいつかウインディテテフを組みたいと思います。


ここまで見ていただきありがとうございました。
次回時間が取れたら1895→2024まで伸ばしたカプレヒレスタンを書かせていただきます。



【執筆者】

ライジング Twitter@light_Ragnaros

主な実績
XYレート S3総合4位 S5総合5位 S6総合2位 
ORASレート S7トリプル1位 S8総合1位 S8シングル2200 S14GSスペレ8位 S17ダブル2位

 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
8位
アクセスランキングを見る>>