【VGC2017シニア全国大会出場構築】~レヒレツルギにエモンガを添えて~

どうも、けーすけ(@Nats9AT23OfNRtT)です。
今回はJCSの本選で使った構築を紹介したいと思います。

4544565465.png 

目次


-構築経緯
-個別解説
     ・エモンガ
     ・カプ・コケコ
     ・ウインディ
     ・カプ・レヒレ
     ・カミツルギ
     ・ベトベトン
-QRコード Showdown
-選出
-雑感
-執筆者


全国大会結果


3勝3敗

 

構築経緯


WCSを初めて間もない頃、まずカミツルギとアシレーヌの並びが強そうではないかと思い、そこから同タイプで流行していたカプ・レヒレに着目し、AFK(ウィンディレヒレツルギ)と言う並びに高い素早さから電気の打点を持つコケコとエモンガ(執筆主はエモンガが好き)を合わせてみました。

 

個別解説

 587 (1) 
エモンガ
性格:ようき
実数値:162-95-80-*-81-170
努力値:252-0-0-*-4-252
特性:でんきエンジン
持ち物:エレキシード
技構成:ほっぺすりすり ちょうはつ アンコール アクロバット

数値の面は頼りないもののWCSルールで受けにくい電気と地面を無効化できる優秀な耐性を持っているポケモン。特性のでんきエンジン(電気技を無効化して素早さを1段階上昇させる)を活かして横のコケコでほうでんを打っていきます。
素早さの上昇と相性の良いちょうはつ、アンコールの補助技。耐久を補うエレキシードと相性の良いアクロバットを採用。
4月の予選ではアクロバット→しっぽをふるでメンタルハーブを持たせて完全なサポート要員だったのですが、本戦の前に技と持ち物を変更しました。
持ち物消費したアクロバットは想像の1.1倍くらいの火力です。かわいい。

 
785 (1) 
カプ・コケコ
性格:おくびょう
実数値:145-*-106-147-95-200
努力値:0-*-4-252-0-252
特性:エレキメイカー
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:10まんボルト ボルトチェンジ ほうでん マジカルシャイン

AFKの苦手とする範囲を補完する枠。
当初は電気Zや襷で使う予定でしたが、ドレディアやゴルダックといった天候パに有利動くことのできるスカーフにしました。
しかし本戦でペリゴルやドレコーに逢うことは一度もなく選出したのは1回だけでした。
こいつが使いにくいというよりAFKが安定しすぎた。
 
blog_import_58d21b719f9f2.png 
ウインディ
性格:いじっぱり
実数値:194-178-100-*-100-119
努力値:228-252-0-*-0-28
特性:いかく
持ち物:とつげきチョッキ
技構成:フレアドライブ ワイルドボルト インファイト しんそく

AFKの炎+いかく枠。
チョッキと耐久に配分することで場持ちを良くして、広い技範囲を活かして立ち回ります。
基本的に1撃で倒されないのでとても使いやすく、安定感がありました。
Sは無振りミミッキュや同族を意識して少しだけ振りました。いかくは優秀。
 
blog_import_58d21b97cde77.png 
カプ・レヒレ
性格:ひかえめ
実数値:177-*-135-161-150-106
努力値:252-*-0-252-0-4
特性:ミストメイカー 
持ち物:オボンのみ
技構成:まもる ちょうはつ ムーンフォース だくりゅう

カミツルギとの補完で採用された構築の軸。
相手のウィンディが辛いパーティなのでウィンディ入りのパーティには積極的に選出しました。
ちょうはつでトリックルーム系統をカバーすることもできます。
耐久面でやや不満を感じたため、性格を図太いでの運用も考えていいと思います。
 
798 (1) 
カミツルギ
性格:ようき
実数値:134-222-163-*-51-177
努力値:0-164-92-*-0-252
特性:ビーストブースト
持ち物:クサZ
技構成:リーフブレード スマートホーン せいなるつるぎ まもる

レヒレと合わせて採用した構築のスタート。
ダブルで積み技を使うのはリスクが高いと考えているため、積まずに火力が出せてかつビーストブーストでターンを使わず火力をあげられる点が良かったです。
ポリゴン2やカビゴンを意識して聖剣を入れたのですが、本戦で一度も打つ機会が無くはっぱカッターの方が使い勝手がいいのかなとも思いました。
 
blog_import_58d21b966e7d5.png 
ベトベトン
性格:しんちょう
実数値:212-138-96-*-152-71
努力値:252-100-4-*-148-4
特性:どくしゅ(くいしんぼう)
持ち物:フィラのみ
技構成:ダストシュート はたきおとす だいもんじ まもる

優秀な範囲と耐性からカプ系に強いため採用しました。
AFKミラーなどで処理したいカミツルギに対してだいもんじを覚えさせています。
ただ本戦ではカミツルギにだいもんじを外したり、急所や怯みを引いたほか、特性がくいしんぼうではなくどくしゅと言う育成ミスを犯し、きのみの発動機会が限られてしまいました。
ただ、それでも強いのでこのポケモンは本当に出世したなと思いました。



 

QRコード Showdownテキスト



 

選出


基本的にはコケコエモンガ+AFKから2体という風になっていましたがカプ・コケコをほとんど選出せず、AFK+αと言う感じでした。
ちなみにエモンガは6戦中4回選出してたと思います。自分としてはあまり納得行っていませんが、恐らく後者の並びの方が勝てると思います。 

 

雑感


ここまで見ていただきありがとうございました。最初はとにかくエモンガを使いたくて、コケコの放電でSを上げて上からアンコールや挑発を仕掛けていけたらいいなと思っていました。
エモンガを知らない人にはとても刺さるので強いです。 

本戦での試合展開をざっくり説明しますが、1戦目は先ほど述べた通り大文字避けられさらにエモンガがウツロイドと同速負けして出落ちするというひどい負け方をしてしまいました。
対戦相手が本戦3位だっただけに悔しいです。

2戦目は選出がまとまらず初手出し負けして、いわゆる実力負けと言うやつでした。

3戦目は相手初手レヒレエルフーンこちらコケコツルギという圧倒的出し勝ちで試合を有利に運び余裕をもって勝つことが出来ました。

4戦目はDJパをアレンジしたかのようなトゲデマル入りのパーティとマッチングし、エモンガとトゲデマルが対面しとてもかわいかったです。エモンガがガブリアスの上からアンコールして、トゲデマルに出来ないことをやってなおかつ終始有利な状況に立てたのでいい試合でした。

5戦目は詳しく覚えていませんが最後ベトベトンが同速負けしなければ勝ってました。(雑)本戦で2回も同速負けするとは思いませんでした。何のためにS4振りしたのでしょうか。  

6戦目は追い風パーティとの対戦できてエモンガがとても刺さりました。最終的にテッカグヤ麻痺バグして運勝ちしました。ごめんね。相手が女の子だったので申し訳ないです。 

こんな感じで結果は3勝3敗でした。あと1回勝てればワンチャン予選抜けがあっただけに悔しいです。
ただ、エモンガがかなり活躍してくれたのでそこは嬉しかったです。
来年からマスターカテゴリになってしまいますがゆっくり頑張っていこうと思います。

 

執筆者


dde-nHQT_400x400.jpg 
JCS2017エモンガで出ました【アイコン募集中】



プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
10位
アクセスランキングを見る>>