【VGC2017 JCS日程A 17-1 1706】神絵師ドーブルとその囲い

初めましてジョンソン♂(@jhonson_639)です。

今回使用した構築はバトルロードグロリア北陸予選(ベスト16)から使用していたものを四国予選で一部変更し、日程Aまで使用したものとなります。

jyon.png 


目次


-構築経緯
-個別解説
     ・ドーブル
     ・ポリゴンZ
     ・カプ・テテフ
     ・カプ・コケコ
     ・カビゴン
     ・ミミッキュ
-QRコード Showdown
-選出や立ち回り
-雑感
-執筆者


JCSでの戦績


17-1 1706


 

構築経緯


グロリア北陸予選で使用する構築を模索していた時、KOOTAやほかにも数人に相談していた時、みかぜ君(@mikaze0419)からいただいた構築になります。上から高火力を押し付けていくのが自分の立ち回りにあっていたためにありがたく使わせていただきました。
彼がくれた構築から最後の2体が変更されています。


 

個別解説

 

235.png 

ドーブル

性格臆病
実数値:162-32-55-x-60-139
努力値252-0-0-0-4-252
特性ムラっけ
持ち物気合のタスキ
技構成この指とまれ 追い風 キノコの胞子 猫だまし
構築上欠かせられないサポーター。主にポリゴンZのZテクスチャーをサポートし、不利な相手にも一定の確率でワンチャンスを作れるため日程Aでは毎試合選出。VGC2016で悪さをしすぎたのかダークホールを使えなくなってしまった。
基本的に猫だましを打ちつつ次のターンこの指とまれで落としてもらうことが多かったが、相手によっては追い風やキノコの胞子やいきなりこの指とまれからはいらないといけなかったりしました。

 

474.png 
ポリゴンZ

性格臆病
実数値:160-x-90-187-97-155
努力値0-x-0-252-12-244
特性ダウンロード
持ち物ノーマルZ
技構成シャドーボール テクスチャー まもる れいとうビーム
ドーブルの囲い。Zテクスチャーでゴーストタイプになります。
まず、特性ダウンロードの理由なのですが、オリジナルのものは適応力でした。しかし数試合練習しているうちにカプ・テテフのサイコキネシスやウインディのインファイトなどがZテクスチャーの前に飛んでくることがあり、基本ポリゴンZがZテクスチャーをするにあたって障害となる相手が特性によって自らのSを教えてくれるので、より決めやすくするためにダウンロードを選択しました。この変更ドーブルの行動も追い風から入るorキノコの胞子から入るor普通に猫だましやこの指から入るなど柔軟性ができたのでこの変更はよかったと思います。そして後述のカプ・テテフやカプ・コケコなどもダウンロードでCが上がった場合は手が付けられなくなり副産物もおいしかったです。
これ以外にもポリゴンZをメインアタッカーとして扱っていおらず、あくまでギミックの一部だったなどの理由もあります。

 

786 (1) 
カプ・テテフ

性格控えめ
実数値:177-x-95-166-135-147
努力値252-x-0-4-0-252
特性サイコメーカー
持ち物ウイの実
技構成サイコキネシス マジカルシャイン 自己暗示 まもる
この構築の初見殺し要素。Zテクスチャーで能力の上がったポリゴンZを自己暗示し、高火力を出しつつ本来のカプ・テテフにはない耐久も得られる。特にCが2段階上がってると手が付けられなくなる。が、逆に言えばHSに振り切っているため自己暗示しないと火力が出せない。

 

785 (1) 

カプ・コケコ
性格控えめ
実数値:177-x-105-140-95-170
努力値252-x-0-100-0-156
特性エレキメーカー
持ち物マゴの実
技構成10万ボルト マジカルシャイン 自己暗示 まもる
初見殺し要素その2。もともとのSが早く非常に自己暗示が決めやすい。決まるとコケコのくせに高火力・高耐久のアタッカーになるため非常に強力。

 

143.png 
カビゴン

性格勇敢
実数値:258-155-116-x-130-31
努力値180-84-244-x-0-0
特性食いしん坊 持ち物フィラの実
技構成おんがえし 10万馬力 はらだいこ リサイクル
グロリア四国予選時に構築に入った。もともとは珠ウインディだったが全体技を打ってくる相手にパーティ全体が弱かったり、対トリックルームが課題だったので、全体技に比較的強いアタッカーで、後述のミミッキュとセットでこちらもトリックルームしてやろうじゃねーかとの動機から採用。日程Aでの選出は0だったが練習段階では結構選出し、それなりに手ごたえはあったのでそのままに。

 

778 (1) 
ミミッキュ

性格意地っ張り

実数値:159-134-129-x-126-116
努力値228-98-180-x-4-0
特性化けの皮 持ち物メンタルハーブ
技構成トリックルーム 自己暗示 じゃれつく 影うち
カビゴンと同時に採用し、ミミッキュ+カビゴンの形をとることに。カビゴンと基本セットの選出だが、たまに単独で選出し、ポリゴンZがダウンロードでAが上がってもこいつも暗示するためじゃれつくと影うちを打ってればかなり相手に圧力をかけられた。なお日程Aでは選出0

 

QRコード Showdownテキスト




 

選出や立ち回り


基本選出

先発:235.png474.png

後発:786 (1)785 (1)

この4体が投げられない相手は基本勝てない


対ペリッパー+ゴルダック

ドーブルはキノコの胞子をペリッパー側に。ポリゴンZは守るとこから試合を始める。猫を打たない理由はゴルダックに猫だましすると追い風され、ペリッパーに猫すると水Zをゴルダックに打たれてしまうので結局ポリゴンZはまもるしかなく、猫だましとまもるという変な動きになってしまうため。


対コータス+ドレディア、フェローチェ+オドリドリ

完全に択。日程Aではジャンケンしようぜ!!!!!と言いながら5試合くらい連続してマッチしてすべての試合でベストな択は取れなかったが、及第点の択は取れたので負けなかった。


対ガブリアス+カプ・コケコ

VGC2017において一番メジャーな初手の投げ方。ドーブル猫だましをガブリアス方向に、ポリゴンZはテクスチャーZを選択。鮫肌で襷がつぶれてしまうがコケコの放電でドーブルが落ちたらおいしいためいつもガブリアス方向に打っていた。練習中一度だけ電気Zを打たれ試合が終わったがそうなったらあきらめる。また放電で麻痺しても自己暗示決まればいいがガブリアスにいわなだれ打たれて悲しい現実になったりもしたのでこの初手が一番嫌いです。


対キュウコン軸、キュウコン+サンドパン、グレイシア

吹雪で凍らせて来るのやめろ。あとB日程の話だがキュウコンからの突然の氷Zもやめてくれ。


対カプ・テテフ+フワライド

キノコの胞子をカプ・テテフに打ちながらポリゴンZまもる。その後は追い風をこちらも打ちつつZテクスチャーしていい感じにドーブルを落としてもらってカプ・コケコを投げて暗示して殴る。


基本的に共通することは初手の対面でZテクスチャーをしてドーブルにさっさと退場してもらい、裏から守り神を投げて自己暗示をして殴るってだけです。最終的な盤面は自己暗示したカプ・コケコとカプ・テテフが並んで高火力を押し付けます。


その他に事故でZテクスチャーを自己暗示できず、ドーブルのむらっけで上がった回避をコピーしたり、相手のポリゴンZがテクスチャーしたらそれを暗示したりなどもありました。

 

雑感


今回初めてEMOLGAMEに投稿させていただきました。また書くのが遅くなりご迷惑をおかけしました。

今回の構築は考案者のみかぜさんからいただいたものですが、その考案者が「そのパーティとJCSで当たりたくないから公開しないでくれ」とグロリアのラスチャレの時に言っていたのでJCS後にひっそり公開する予定でしたがこうして有名サイトのほうで公開できることになり非常にうれしく思います。考案者のみかぜさんはJCSの予選を抜けているのでぜひ頑張っていただきたいです。

また機会があればEMOLGAMEに載せたいと思います。読んでくださりありがとうございました。

 

執筆者


OQyJ-L0h.jpg 
ジョンソン♂

航空機とポケモンと仕事のことしか呟かないアカウント。詳しくはツイフィール→http://twpf.jp/jhonson_639  Let's Roll.

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
8位
アクセスランキングを見る>>