【S2WCSレート2001】バルジテテフスタンダード

前回(【WCSレート2060 最終1位】弱点保険レヒレ+凍風キュウコン)に引き続きこちらで記事を投稿させていただく、ライジング(@light_Ragnaros)と申します

始めに、6体の並びをご紹介します。

fc25.png
最近オフや、レートでも活躍しているバルジーナを軸に組んだ構築となっています。

勝敗数も66勝24敗でそこそこ安定感はあるかと思います。
tn ToifulBasket
toi

【目次】

-構築経緯
-個別解説

     ・バルジーナ
     ・カプ・テテフ
     ・テッカグヤ
     ・ガブリアス
     ・カプ・コケコ
     ・ウインディ
-QRコード Showdown
-選出や立ち回り
-雑感・反省など
-執筆者


 【構築経緯】

流行りのバルジーナを使ってみたいと思い構築をスタート。2体目は最初ミストシードを持たせカプレヒレと組ませていましたが、デンキZカプコケコの影響でうまくスタートを切れず勝ちが伸び悩みました。そこで、フィールドを確実に奪える上、重たい一撃を相手に加えれるカプテテフに変更しました。

ですが、バルジーナは邪魔なカプ系を処理した後に、後発で選出したほうがもっと強いんじゃないだろうか?中盤に追い風を貼り、そのままフィニッシュの流れが理想的では?と考え、S2でずっと使い続けた剣舞ジメンZガブリアス+フリフォチョッキコケコの初手でゲームをスタートし、後発のバルジーナで残りのポケモンと詰めようと考え、この2体が入ってきました。

この4体ではカミツルギテッカグヤが厄介と考え、カプテテフを使うなら威嚇は絶対にほしいと思い、威嚇枠兼炎のウインディを採用。
残り1体はカミツルギが主流に見えますが、バルジーナを使っていて一番ストレスな岩雪崩をケアできるワイドガードテッカグヤとしました。
 
 【個別解説】 
 
jiojiojioio4
バルジーナ

性格:穏やか
実数値:215-x-125-x-132-130
努力値:236-x-0-x-36-236
特性:防塵
持ち物:サイコシード
技構成:イカサマ 挑発 羽休め 追い風
S: 最速ペリッパー抜き抜き

見ての通り雨パが重いので、ゴルダックペリッパーに対して確実に1回動けるS設定としました。

Sに振った副産物として、カグヤ抜きで留めているウインディより速く動いてイカサマで倒しにいったり、バルジーナミラーで自信をもって相手のバルジーナに初手から挑発を入れに行くことができます。また、追い風下で169スカーフガブリアスを抜けるのも非常に大きいです。

バルジーナミラーはかなり多発し、仮想的のペリッパーゴルダック以外にも、S振りバルジーナが非常にいきました。
Dに割いてないデメリットとして、D+1で147珠カプコケコのフィールド補正なし10万ボルトを2耐えできないことには注意。
ですが、161カプコケコのフィールド補正なし雷デンキZなんかは普通に耐えてくれるので、耐えてほしいところにはきっちり耐えます。

基本的に後発で選出し、中盤でこのポケモンの追い風を勝ち筋としたゲームプランを組み立てます。
バルジーナミラーやペリッパーゴルダック、コータスドレディアに対しては先発で初手から仕事をしてもらいます。
 
huihhiu
カプ・テテフ

性格:控えめ
実数値:175-x-121-170-136-119
努力値:236-x-204-36-4-28
特性:サイコメイカー
持ち物:こだわりメガネ
技構成:サイコキネシス サイコショック ムーンフォース マジカルシャイン
H-B 182ガブリアスのジメンZ乱数1発(25%)
  233カミツルギのスマートホーン乱数1発(25%)

某世界チャンピオンのカプテテフの配分を参考にし、そのカプテテフのS+1に設定しました。参考にした配分からB実数値を1下げているので上記の乱数が12.5%から25%になっています。これに関しては麻痺痺れの確率で死ぬんで、怪しさあるかもしれません。

ただ威嚇でサポートをしてやると信頼できる耐久になるので、先発ウインディテテフスタートで、ガブリアスと対面した時の保険に、後発にバルジーナを選出し、ウインディかカプテテフを地面Z読みで、バルジーナに下げるムーヴが、非常にシンプルかつ強力でした。(こういう択に勝てるかどうかで結構勝率が変わってくるかと思います。)カプレヒレ入りに先発ウインディテテフを投げると負け濃厚になるくらいきっついので絶対やめましょう。

サイコショックという技は、ほぼフワライドピンポイントです。(チョッキウインディもフレドラで削れたら相当かたいやつ以外はキネシスで飛ぶ)
このCの低さでも眼鏡とサイコフィールドの補正があると225(0)-76(92)までのフワライドが確定で吹っ飛びます。フワライドというポケモンを使ってる人は、B耐久は鬼火に頼って、CDSを伸ばす人が多いです。そのためサイコショックで逆手を取ることができ、非常に強力な技と考えています。
 
huihuiu
テッカグヤ

性格:意地っ張り
実数値:199-154-124-114-139-82
努力値:212-148-4-0-140-4
特性:ビーストブースト
持ち物:ソクノのみ
技構成:ヘビーボンバー ワイドガード 宿り木のタネ まもる
A 183-116ガブリアスを両方最低乱数以外で2発(49.7%~59%)
 191-150ギガイアスを確定2発(50.3%~59.7%)
 A-1で145-95カプテテフを確定1発(100.7%~120%)
H-B 205ギガイアスのストーンエッジ岩Z確定耐え(84.4%〜99.4%)
D 余り

bbでAがあがるテッカグヤです。ガブリアスとギガイアスをほぼ2発で落とせ、ギガイアスの岩Zまで耐える素晴らしい配分です。いただいた友人に感謝。
ウツロイドが非常にきついため、ウツロイド構築には100%選出です。

ソクノを持つことで、カプコケコやデンジュモク、また、雷デンキZとかかましてくるカプテテフに対して行動保証があるのが大きいです。特に、このパーティーはコケコを抜いているポケモンが1匹もいないため、カグヤがコケコの技を耐えないと厳しい試合が多いです。

今シーズンは、最初から最後までスカーフガブリアス、トリルギガイアス、プテラの岩雪崩で頭皮がやられたためワイドガードポケモンが欠かせない要素になりました。ワイガポケモンとしてグソクムシャ、パラセクト、ペリッパー等を使いましたがあからさまなポケモンを入れるより、カグヤにワイガを入れたほうが100倍強いことに中盤気付きました。
今となっては育毛剤です。(カグヤが選出できないパーティーいる岩雪崩ガブリアスは祈るのみですが)
 
vvkojoirvio
ガブリアス

性格:陽気
実数値:187-178-116-x-106-169
努力値:28-220-4-x-4-252
特性:サメ肌
持ち物:ジメンZ
技構成:地震 炎のキバ 剣の舞 まもる
H-B 182ガブリアスのジメンZ最高乱数以外耐え
A +2ジメンZで191-126までのポリゴン2確定1発
S 最速

後発において、追い風に乗りながら戦う剣の舞ガブリアスは、意地っ張りが主流と思いますが、先発から出して、剣の舞を押していくことが多いので、カプテテフヤウインディ、ミミッキュに抜かれないように最速としています。
Sを落とすとなると、トゲデマル抜きあたりがいいと思いますが、そこまで振るならミラーワンチャンの時を考えて、最速でいいと思います。
後述するカプコケコとのシナジーが素晴らしいです。

Aにかなり割いているので、剣の舞をしなくてもジメンZで縛れる範囲が広く、先発に出して普通に崩し役として機能することもあります。
炎のキバは岩雪崩と選択ですが、後述するコケコもウインディもテッカグヤを一撃で倒すことができないので、テッカグヤを意識し炎のキバとしています。
自分がワイガカグヤを使っているせいか、相手のカグヤもワイガを持っているものだと思ってしまうため、岩雪崩の採用には至りませんでした(この技自分で使うと弱いし・・・) 
 
jbiojojgriogr
カプ・コケコ

性格:臆病
実数値:175-121-113-116-108-180
努力値:236-0-60-4-100-108
特性:エレキメイカー
持ち物:突撃チョッキ
技構成:10万ボルト ボルトチェンジ フリーフォール 自然の怒り
H-B 200ガブリアスのダブルダメージ地震最高乱数切り耐え 
H-D 179命の珠ウツロイドのヘドロ爆弾確定耐え(84.5%〜99.4%)
   161ゴルダックの雨ハイドロポンプ水Z31.3%で1発(89.1%〜105.1%) 
   200カプテテフの眼鏡サイコフィールドサイキネ確定耐え(81.1%〜96%)
   200カプテテフのムーンフォース確定3発(38.2%〜45.1%)
S 最速110族抜き抜き

剣の舞ガブリアスと非常に相性がいいフリフォカプコケコです。ダメージ計算を複数ご用意しましたが、見ての通り非常に硬いです。そのかわりといってはですが火力が大幅に切られています。ですがカプには自然の怒りという、怒りの前歯の上位互換技があるので、削りに関しては全く困りませんでした(外しは困る)

ウインディテテフvsガブコケコやウインディレヒレvsガブコケコの初手対面になったら、スカーフカプではない限り、カプを持ち上げてフリフォ、剣舞。次のターンにジメンZをカプに打てば一気にアドが取れます。初手から居座ってくるシュカでもない鬼火ウインディはご勘弁願いたいですねー

また、フリフォという技はこの指とまれという技を完全に機能停止にできます。ピッピイーブイやドーブルイーブイはほぼ必勝レベルといっても過言ではないでしょう。(イーブイドーブルで、ガブコケコと対峙した時に、ガブに猫する輩は知らん。)

また、キュウコンやウツロイドなど厄介なポケモンと対峙した場合には、ガブリアスをテッカグヤ等に下げながら、これらにフリフォすることで確実に次のターン倒せることができます。
非常にプレイングの幅が広がる技なので、一押しの技です。普通のCSコケコにフリフォを入れてみても面白いかもしれません。
 
htphtp
ウインディ

性格:意地っ張り
実数値:191-155-101-x-113-130
努力値:204-84-4-x-100-116
特性:威嚇
持ち物:フィラのみ
技構成:フレアドライブ 神速 ワイルドボルト 守る
A 145-106カプコケコをフレドラ神速で両方最低乱数以外で倒せる。(68.9%〜81.3%)(31%〜36.5%)
H-D 161カプコケコの眼鏡エレキフィールド10万ボルト最高乱数切り耐え
S 最速ペリッパー抜き抜き

海外の大会でもよく目にする半分回復木の実ウインディです。フレアドライブの自傷で自ら回復圏内まで入ることが、非常に多いため、発動させやすいです。
技に関してですが、フレドラ神速守るは確定として、選択枠が手助け、ワイルドボルト、バークアウト、鬼火諸々ありますが、バルジーナ軸はカプレヒレに対する打点が乏しいと、厳しい試合が多いので、ワイルドボルトを選択しました。
Sはよくわからないまま使っていましたが、カグヤ抜きまで落として、耐久に振ったほうが強いと思います。
このポケモンに関しては今更語ることがありませんね。どんなパーティーにもマッチするVGC2017の番犬です。
 



 
【選出や立ち回り】

基本選出
初手 vvkojoirvio jbiojojgriogr
後発 jiojiojioio4@1

主にカプテテフ軸や、カプレヒレ軸はこの選出で行きます。バルジーナの苦手なカプテテフやカプレヒレをガブリアスで葬れば勝ちは近づきます。
フリフォ剣舞のコンボがうまく決まれば、ぐっと勝ちに近づきますね。
スカーフテテフの場合守るフリフォから入り、次のターンジメンZでさっさと処理してしまいましょう。ガブリアスがさらに動きにくいポケモンがいる場合は、フリフォしながらカグヤに引くなりして安全にカプテテフを処理に行きましょう。
ウツロイドがいる場合はテッカグヤ、相手のパーティーが物理によっている場合カプコケコを切ってウインディを選出する場合もあります。

対ポリゴン2軸トリパ
初手 jiojiojioio4 huihhiu
後発 htphtp@1
トリルさえされなきゃ眼鏡テテフの超火力でゴリゴリ行けます。全体技ぶっぱアタッカーがいる場合はテッカグヤを選出し、ワイドガードで味方を守りゴリゴリ行きます。
バルジーナが非常に肝となる相手です

対ミミッキュヤレユータントリパ
初手 vvkojoirvio+ jbiojojgriogror huihuiu
後発 huihhiu+ jiojiojioio4or htphtp

ヤレユータンの場合ガブコケコでフリフォ剣舞を狙います。ミミッキュの場合はガブカグヤで地震ヘビボで処理に行きます。
バルジーナ入りに襷ミミッキュを初手に投げてくる人勘弁してほしいっすね~
ミミッキュカビゴンに関しては襷ミミッキュだと太鼓の達人された挙句トリルまで貼られてどうしようもないです。

対ドレディアコータス
初手 jiojiojioio4 htphtp
後発 vvkojoirvio jbiojojgriogr
ウインディ寝るな

ドレディアを倒せたら後発ガブコケコで詰めれるはずです。バルジーナは眼鏡ダブルダメ噴火を耐えるので問題なく追い風を展開できます。追い風を貼る必要がない場合、バルジーナをコケコに下げて眠り粉をケアしながらドレディアを処理に行きます。

対ガブコケコスタン
初手 786 (1) jiojiojioio4
後発 huihuiu vvkojoirvio htphtpから選択

Rock SlideVGC
この構築の欠陥ですね、ガブコケコに雪崩打たれるだけで人生が終了。 3割をひかないように頑張ってください

対バルジーナミラー
初手 jiojiojioio4 huihhiu
後発 vvkojoirvio+ jbiojojgriogror huihuiu

相手のバルジーナに先制で挑発を入れることができたら試合は有利に運ぶこと間違いないでしょう。
隣のテテフで相手を削った後後発のガブリアス+αでしめることを意識します。

対霰サンドパン
初手 htphtp huihuiu
後発 jiojiojioio4 vvkojoirvio

今のサンドパンみんな襷持ってオーロラベールを貼ってくるので、ジメンZは考慮せずウインディとカグヤで突っ込んでいきます。最終的にはサンドパンと隣で雪崩吹雪押してくる人しかいないんでワイガ押してゲームセット。ワイガカグヤを使用していないとき両怯み両氷決められて本気で台パンして1週間くらい手がやばかったですね。イースポーツはスポーツなのでけがをする。

image


 
【雑感・反省など】
 

パーティーの完成度は高いはずです。が、スカガブ、プテラの岩雪崩に殺されまくって、2000諦めるくらいまで心折れてました(2000チャレンジ二回とも1700帯に雪崩負け)
ですが最後まであきらめないでよかったです。2000までぎりぎりで来たんで、こっから潜っても岩雪崩に殺されそうなので多分今シーズンはここでフィニッシュかと思います。
ここからはJCSに向けて、岩雪崩に負けない構築を目指そうかと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。良ければS2でWCSレート2000超えてる方はEMOLGAMEにて記事を寄稿していただけるとすごくうれしいです。(DMやリプライでお話しお聞かせください)

 【執筆者】  

ライジング(@light_Ragnaros)

主な実績
XYレート S3総合4位 S5総合5位 S6総合2位 
ORASレート S7トリプル1位 S8総合1位 S8シングル2200 S14GSスペレ8位 S17ダブル2位
SMレート S1WCSレート1位 S2WCSレート2001

 

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
4位
アクセスランキングを見る>>