【VGC2018 WCSレートS8最終6位 レート1918】テテフグロスバンギ【ポケモン USUM ダブルバトル】

初めまして、私はメテオール(@DiMeteora)と申します。シーズン8のWCSレートにて6位に入ることができ、構築を寄稿させていただくことになりました。拙い文ですが読んでくださると幸いです。

個別解説

248-m (1) バンギラス 性格:いじっぱり 特性:すなおこし→すなおこし 持ち物:バンギラスナイト 実数値:195-187-131-×-121-109(メガ時:195-220-171-×-141-119) 努力値:156-124-4-0-4-220 :いわなだれ/ダメおし/ほのおのパンチ/まもる B:A1段階↓A211ドサイドンの地面Z(ベース:じしん)93.7%耐え(メガ) D:砂時C161カプ・レヒレのムーンフォースを99.61%で2耐え(メガ) S おいかぜ時最速スカーフ80族抜き(通常) おいかぜ時最速スカーフ92族抜き(メガ) 天候奪取要員件メガ枠です。持ち物の理由は晴れメタ、雨メタを厚くすることが主です。 技は使いやすいいわなだれとまもるは確定、悪技はクレセリアの処理を早めたりテッカグヤ等へのダメージを出したいダメおしを選択し、残った枠はナットレイやカミツルギへの打点となるほのおのパンチを選択しました。 サンダーが倒されてもバンギラスがまだナットレイを殴る手段を持っている、というのは精神的に大きいものがあります。 645-s (1) 霊獣ランドロス 性格:ようき 特性:いかく 持ち物:こだわりスカーフ 実数値:164-197-110-×-101-157 努力値:0-252-0-0-4-252 :じしん/ばかぢから/いわなだれ/とんぼがえり D:C182カプ・テテフのPF下サイコキネシス耐え S:最速(最速スカーフルカリオ+1) 場作り役のサンダーやエースのカプ・テテフの物理耐久の補強・終盤の掃除と多岐に渡る活躍をしてくれます。 陽気の理由は同族に上から怯まされる確率を少しでも下げたかったのと、最速フェローチェや準速スカーフカプ・テテフと言った準速スカーフランドロスを一撃で沈めうるポケモンを削りつつ逃走できるからです。 ただ、後攻とんぼがえりが出来ないため、相手ランドロスの後からとんぼがえりして有利対面を作れないのは欠点なのはあります。その欠点を解消するなら素早さに補正をかけずかつ最速スカーフヒードランを抜かせるS244振りスカーフランドロスが良いかな?と思います。 いかくガオガエンの解禁で火力を削られることが多くなったので、特殊スカーフや物理型にする場合でも地面Zにすることも良さそうです。(地面Zの場合カプ・テテフをスカーフにしないとミラーに悩まされる) 786 (1) カプ・テテフ 性格:おくびょう 特性:サイコメイカー 持ち物:エスパーZ 実数値:147-×-96-180-136-161 努力値:12-0-4-236-4-252 技:サイコキネシス/マジカルシャイン/ちょうはつ/まもる B:A1段階↓A233カミツルギのスマートホーン87.5%耐え C:156-120チョッキルンパッパをフィールドありエスパーZで75%で1発 D:C161カプ・コケコのフィールドなし電気Z(かみなりベース)93.7%耐え S:極振り この構築のエースです。おくびょう最速の理由はおいかぜがなくても動かすようにするためです。(耐久振ってたり準速に抑えてるガルーラには特に活きやすい) ひかえめで運用してもいい気はしますが、その場合は抜かされる範囲が増えてしまい、最速ジメンZランドロスや準速ガルーラ、ウルガモスに抜かされるのは結構な痛手となるのでひかえめ運用の場合はPTと相談するべきだと思います。 技はサイコキネシスとまもるを確定とし、ジャラランガ+このゆびのような相手を確実に叩くためフェアリー技はマジカルシャイン、最後に対ラッキー系・おいかぜミラー・対クレセリア・ポリゴン2・ゴチルゼルに打てるちょうはつを採用しました。 カプ・テテフをスカーフにする場合はランドロスかバンギラスがZクリスタルを持つことになります。 カプ・テテフがスカーフだとゲンガーやジャラランガ系の構築が軽くなりますがカビゴンやラッキー系の構築が重くなるのでランドロスとカプ・テテフの持ち物は悩ましい部分です。 376-m (1) メタグロス 性格:ようき 特性:クリアボディ→かたいツメ 持ち物:メタグロスナイト 実数値:159-182-151-×-112-134(メガ時:159-192-171-×-132-178) 努力値:28-212-4-0-12-252 :アイアンヘッド/れいとうパンチ/じだんだ/まもる (全てメガ時計算) H:159 A:175-135カプ・ブルルをアイアンヘッドで75%で1発 (166-105サンダーをPF下しねんのずつきで81.3%で1発) B:威嚇を受けたA197ランドロスのダブルダメじしん確定3発 D:C194サザンドラのあくのはどう耐え S:最速 2匹目のメガ枠です。こちらは何だかんだどちらでも戦えるバンギラスと違いメガシンカで戦うことが前提となっています。 フェアリーへの打点となるアイアンヘッド、様子見のためのまもる、ミラーやヒードランへの打点となるじだんだを確定とし、今回は技範囲を広げるためしねんのずつきではなくれいとうパンチを採用しました。 れいとうパンチはランドロスやボーマンダを倒すのに一役買ってくれました。ただモロバレルやロトム、リザードンやウルガモスのようなポケモンを倒せて純粋な高火力のしねんのずつきも非常に欲しくなるので悩みどころです。 テテフグロスのメタグロスのしねんのずつきについては、身も蓋もありませんが構築次第になると思います。 145.png サンダー 性格:おだやか 特性:プレッシャー 持ち物:ウイのみ 実数値:196-×-110-146-136-135 努力値:244-0-36-4-108-116 :10まんボルト/ねっぷう/おいかぜ/はねやすめ H:カプZ意識4n、ムクホークのいのちがけ意識で196まで B:A183ガオガエンZ87.5%耐え A216ランドロスのダブル補正いわなだれ99.61%で2耐え D:うそなき+C222メガゲンガーのヘドロばくだんを最高乱数切り耐え S:最速70族抜き ある程度の火力と耐久、耐性を併せ持つS操作枠です。盤面作りはサンダーに任せることになります。 プレッシャーは相手のサンダーやランドロス、カプ・ブルルの素早さ判定に便利でありその情報を利用してプランを立てられるのでプレッシャーは非常にありがたいです。Sは最速70族抜きまで引き上げました。 技はメイン技の10まんボルト、カミツルギやナットレイ意識のねっぷう、S操作のおいかぜ、おいかぜの再展開ややどりぎのタネとヘビーボンバーしかないテッカグヤの詰みを望めるはねやすめとしました。 はねやすめ+フィラ系の回復のおかげで怯まされない限り大抵追い風の展開が可能で、2回め以降の追い風展開も視野に入れられます。 デンキZやCS振りと違いテッカグヤを簡単には倒せませんが、はねやすめにより無理矢理詰めることが可能です。 423e.png トリトドン 性格:れいせい 特性:よびみず 持ち物:バンジのみ 実数値:207-×-105-138-115-39 努力値:164-0-132-108-100-0 :ねっとう/だいちのちから/クリアスモッグ/まもる B:A216ランドロスのダブルダメージじしん2耐え D:C222ギルガルドのゴーストZ耐え(=メガゲンガー、ギルガルドのシャドボ2耐え) S:最遅(ドサイドン-1) 補完枠です。対ツンデツンデ、メガクチート、ラッキー系列、対雨PT、トリル(特にバクーダやドサイドン)へのクッションを担います。それ以外にもコケコの電気技の受け皿にもなれたりするのでなかなか面白い活躍をしてくれます。 技はメタグロス軸で鬼門になりやすいバクーダを倒すねっとう、カプ・コケコやギルガルド、ヒードランに打てるだいちのちから、積み対策のクリアスモッグに場持ちをよくするまもるとしました。 マリルリのアクアジェットを受けたりオニシズクモを牽制する役割もあります。ただアシレーヌはエナジーボールを搭載している可能性もあり危険です。 カプ・テテフをスカーフとする場合はどうしてもクリアスモッグだけではラッキーを抑えられないのでクリアスモッグをじわれにしてしまうか妨害のできるモロバレルに変えるのも選択肢になると思います。

選出

◎基本 先発 サンダー + ランドロス 後発 カプ・テテフ + 自由 145.png645-s (1) 786 (1)+α 基本はサンダー+ランドロス+カプ・テテフで、最後の枠を相手次第で選んでいく形になります。 ランドロスでサンダーの耐久を補佐し、場を展開して行きましょう。 ◎変則 先発 バンギラスorランドロスorカプ・テテフから2体 後発 自由(とはいえトリトドンが固定になることが多い気がしてかつメタグロスが出ないことが多い) 248-m (1)645-s (1)786 (1)から2体 423e.png? 相手に追い風がいなかったり、トリルからのカビゴンのような危ない相手がいる場合はこういう形になることもあります。 先発カビゴン(大体ミミッキュ+カビゴン)を考慮するとちょうはつやエスパーZでいざというときに大ダメージを与えられるカプ・テテフの先発は半ば固定になるかもしれません。 ◎対雨 先発 カプ・テテフorサンダー + バンギラス(限界雨系統の場合はバンギラス固定)orランドロス 後発 トリトドン + 自由 786 (1)or145.png+248-m (1)or645-s (1) 423e.png+α 限界雨相手には先発は絶対に崩しません。雨への勝率は基本的に高めです。バルドル氏の作成した雨相手にもバンギラス+カプ・テテフの先発をすることが多いです。 対雨には雨グロス相手以外にはメタグロスが刺さり辛いので、メタグロスが真っ先に選出候補から外れることが多いです。 ◎対晴れ 先発 ランドロスorバンギラス + カプ・テテフ(リザバンギ系統、或いはそれに類似するPTの場合)orサンダー 後発 バンギラス + トリトドン(リザバンギ系統、それ以外にはトリトドンの出番はほぼない)orメタグロス以外 645-s (1)or248-m (1)+786 (1)or145.png 248-m (1)+423e.pngor+α 対晴れもメタグロスが活躍しづらいためメタグロスが選出候補から外れることが多いです。但し、カプ・ブルルがいた場合に限り晴れでもメタグロスを選出することもあります。 こういうときのためにリザ相手にも勝ち筋になるしねんのずつきは欲しくなります。 ◎対砂 先発 ランドロス + サンダーorメタグロス 後発 カプ・テテフ + 自由(メタグロスを出さない場合はバンギラスも) 645-s (1)145.pngor376-m (1) 786 (1)+α 怯まされなければ有利な方ではあります。但し困った時には3割の負け筋をこちらに押し付けてくる相手なので注意は必要です。 ◎対霰 先発 ランドロス + メタグロス 後発 カプ・テテフorバンギラスorサンダーから2匹 645-s (1)376-m (1) 786 (1)248-m (1)145.pngから2体 こちらも基本有利です。バンギラスのパワーが高いため素のバンギラスでも戦えます。 ただしメガユキノオートリル相手の場合はあえてメタグロスではなくバンギラスをメガシンカさせたりすることも必要になったりもします。 ◎対エルテラ 先発 サンダー + メタグロス(orランドロス) 後発 基本的にはトリトドン以外 145.png376-m (1)or645-s (1) あまり有利とも言えません。ただメタグロスはテラキオンを強力に抑制するので敢えて相手の裏選出を読んで先発ランドロスにする選択肢もなしではないかもしれません。 耐久振ってないテラキオン相手ならランドロス先発でもいいのですが耐久振ってる相手も少なからずいるので悩みどころです。 この相手はカプ・テテフがスカーフだった方がやりやすいと思います。 ◎対ラッキー系統 先発 カプ・テテフ + メタグロス 後発 サンダー以外且つトリトドン必須 786 (1)376-m (1) 423e.png+α ちょっとの判断ミスが命取りです。クリアスモッグやくろいきりを対策しているコータス入りも見たりしたので、その場合はメタグロスをバンギラスにしてコータスを粉砕・機動停止に持ち込むことを心がけましょう。初心者なら比較的楽に倒せますが上級者のラッキー系は対策してなおかいくぐってくるので注意は必須です。 ◎対サーナイト系 先発 メタグロス + サンダーorランドロス 後発 自由(先発サナガエンの猫トリル封じ込めも兼ねてカプ・テテフはいた方がいいかも) 376-m (1)145.pngor645-s (1) 身も蓋もありませんが、メタグロス以外は相手次第で選んでいく形になると思います。例えばランドロスとガオガエンとサンダーが同居しているようなPTならトリトドンを後発に仕込んでおく、と言った感じです。逆にメタグロスは選出しないとサーナイトに動かれる為メタグロスの選出は基本的には必須になります。 ◎ミラー 先発 サンダー + メタグロス 後発 相手のPT次第 145.png376-m (1) 雨グロスならバンギラス(ランドロス) + トリトドン
645-s (1)423e.png テテフグロスで5~6ミラーならランドロス + カプ・テテフ645-s (1)786 (1)
レヒレグロスならランドロス + トリトドン645-s (1)423e.png ミラーへの勝率は悪くなく、5匹被りとかの場合は相手のメタグロスの引っ込んだスキを狙ってカプ・テテフのエスパーZで強引に相手を1匹潰す立ち回りもしていました。 レヒレグロス相手はテテフがフィールド奪われるので出さずにトリトドンでじわじわ相手を削るのが安定しそうです。

雑感

ガオガエン解禁後も何だかんだ戦えていましたが、ガオガエン単体よりガオガエンと組み始めたゲンガーがキツくなってきました。とは言え雨や砂、晴れやガルーラとはまだまだ戦えたのでそこは安心でした。 メタグロス軸はかなり開発された印象はありますが、まだまだ開発できる余地はあると思っているので、他の方のメタグロス軸をもっと見てみたいと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました!

執筆者

C28nbReI_200x200.jpg メテオール  飯を食べたりポケモンしたり

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「ポケモン ダブルバトル」の「構築(パーティ)記事」を中心に「新鮮な情報」をお届けするポケモン対戦情報メディア。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
8位
アクセスランキングを見る>>