【VGC2018 WCSレートS8最終1位 レート1960】バシャキザンクレセ【ポケモン USUM ダブルバトル】

どうも、たこーだい(@tako_dai_)です。 前期のシーズンでWCSレート1位を取ることができたので今回はその並びを紹介させていただきます。

構築経緯

現環境に多いテテフグロス・カビクレセに圧力をかけることができるバシャーモキリキザンの並びから構築開始。 上記2匹と相性の良いクレセリアを3匹目に採用し、重めだった耐久のある水タイプ(カプ・レヒレ、トリトドン、ミロカロス等)の早期処理を図れる鉢巻カビゴンを続いて採用。 5匹目は電気の一貫を切ることができ、全体的な耐久底上げをできる威嚇持ちのランドロスをチョイス。 ここまでで雨パに勝てるビジョンが見えなかったので最後に対雨性能を高く持つラプラスを採用した。(他候補...ユレイドル、ヌメルゴン) とりあえず試験的に組んだ6匹だったが、レートで数戦回したところそこそこに手ごたえを感じたので細かい調整を繰り返しながらレート終盤まで使い切った。

個別解説

257-m (1) バシャーモ 性格:いじっぱり 実数値:156-233-100-×-100-152(メガシンカ後) 努力値:4-252-0-0-0-252 特性:かそく→かそく 持ち物:バシャーモナイト 技構成:フレアドライブ/ばかぢから/かみなりパンチ/まもる ・フレアドライブでH149-B96コケコを確定一発 この構築のエース。特性はメガシンカボタン押し忘れを考慮して加速。 特性の加速により凍える風や追い風等のS操作に強く、威力と命中の高い技が揃っているため並耐久のポケモンは上から一撃で沈めることができる。 メインウエポンであるフレアドライブ、加速を発動させるための守るは確定。 格闘技は命中安定の馬鹿力とけたぐりからの選択としたが、けたぐりのダメージ感覚に自信がなかったので火力が安定している馬鹿力を使用した。 終盤の詰めとして繰り出す場面が多かったので馬鹿力後の能力ダウンはあまり気にならなかった。 ※馬鹿力でないと確定が取れない相手...ズルズキン、ウツロイド、ガオガエン(A↓1でも高乱数で落ちる)、バシャーモミラー等 3つ目の攻撃技に関しては諸説あり、岩雪崩と迷った末最終的に雷パンチを採用。 一番の理由はカプ・レヒレに抜群を取れること。ダメージとして大体6割程度削ることができ、レヒレがよく持っている混乱実を発動させることなく後述のキリキザンの追撃で沈めることができる(確定ではない)。 岩雪崩を撃ちたい相手としてリザードンYが挙げられるが、リザードンYはカプ・コケコと同居していることが多くエレキフィールドにタダ乗りすれば雷パンチでも一撃で倒すことができるので、岩雪崩である必要性はあまり感じられなかった。 岩雪崩の怯み効果は加速との相性も良く、強力な範囲技だが構築全体で水タイプが重いことを加味して結局雷パンチに落ち着いた。ちなみにマリルリやミロカロスもエレキフィールドがあれば一撃で倒すことができる。 フレドラの反動や馬鹿力で調整が崩れると思い配分は無難にASとしているが、若干耐久に振った方が耐えたい技の乱数をズラすことができるので下記の配分もオススメ。 157(12)-231(236)-101(4)-×-101(4)-152(252) ・C182カプ・テテフのフィールドサイキネZを守る貫通で最高乱数以外耐え ・A197メガメタグロスのじだんだを中乱数耐え ほとんど環境にいなかったポケモンだが最近は少しづつ増えてきた印象。 キリキザン 性格:いじっぱり 実数値:141-194-120-×-90-122 努力値:4-252-0-0-0-252 特性:まけんき 持ち物:きあいのタスキ 技構成:アイアンヘッド/はたきおとす/ふいうち/まもる 6世代からのバシャーモの相方。 トリル起動役を潰す役目を担っているが、最近は叩き落とすことのできないエスパーZ持ちトリックルーマーもいるため必ずしも阻止できるわけではない。 持ち物はクレセリアを一撃で倒すことができる命の珠も魅力的だが、中速低耐久のこのポケモンは上から殴られて簡単にやられてしまうので、行動保障のある気合の襷に。 技は上記の4つで完結・・・と思っていたが、威嚇ガオガエンの登場によりけたぐりの採用も一考となる。(使うなら守る切り突撃チョッキ型?) 威嚇ガオガエンの解禁でバシャキザンが強化されたという人もいれば弱体化したという人もいて中々面白い(自分は後者) クレセリア 性格:ひかえめ 実数値:213-×-140-139-150-120 努力値:140-0-0-252-0-116 特性:ふゆう 持ち物:エスパーZ 技構成:サイコキネシス/こごえるかぜ/めいそう/つきのひかり ・サイキネZでH151-D187ジャラランガを確定一発,H146-D95コケコを高乱数一発,H135-D51カミツルギを高乱数一発 ・嘘泣き+C167ジャラランガのブレイジングソウルビートをダブルダメで確定耐え ・凍える風一回で最速110族抜き 最近めっきり数が減った殴れるクレセリア。 置物になるようなポケモンが嫌いなので自身もアタッカーとして参加できる瞑想型を採用。 以前は耐久振り混乱実で使用していたがバシャキザンの並びがジャラランガに弱く、Zを通されてしまった時点でほぼゲーム終了となっていたので、能力が上がったジャラランガをも強引に沈めることができるエスパーZに変更。 配分もそれに伴い火力に全振りし(少しでも削ると確定で落ちなくなる)、カミツルギを凍える風+エスパーZで倒すためにSも110族抜きまで引き伸ばした。 この変更が想像以上に構築にマッチし、VSコケコツルギ・VSジャラランガ入りの勝率が跳ね上がり、ついでに準速ペリッパーを抜いている点もおいしく対雨で動ける幅も広がった。 耐久をかなり落として持ち物による自動回復もないため、通常よりかなり柔らかい印象。コケコの手助け電気Zで落ちてしまうのが残念な点。 エスパーZは叩き落とすを食らった時のダメージを軽減できる点も〇。 カビゴン 性格:いじっぱり 実数値:235-178-102-×-146-50 努力値:0-252-124-0-132-0 特性:あついしぼう 持ち物:こだわりハチマキ 技構成:すてみタックル/じばく/じしん/ばかぢから ・捨て身タックルでH185-B98リザY高乱数一発 ・ダブルダメ自爆でH175-B135レヒレ高乱数一発,H197-B114までのサンダー確定一発 ・馬鹿力でH181-B120メガガルーラ確定一発,H181-B151ナットレイ低乱数一発 ・A177メガガルのけたぐり確定耐え ・A197ランドの地震z確定耐え ・A216ランドの馬鹿力確定耐え トリルを止めに行く役割を持つ鉢巻カビゴン。 バシャキザンの速攻的な並びはレヒレやサンダーのような耐久のあるポケモンが障害なので、序盤に鉢巻による高火力技で相手を削っておくと楽に展開を進められる。 低レート帯ではキザンカビゴンの並びで守る自爆が面白いように決まったが、レートが上がってくると自爆を警戒して両守るを選択する人もいるので安易に撃つのは危険。 (トリル阻止の並びに見えなくもないが、そもそも初手キザンカビゴンの並びが怪しすぎるので低レート帯だろうが開幕自爆はしない方が良い。反省点1) 対雨では何が何でも馬鹿力をナットレイに通さないと勝ちが遠のく。 クレセリアと並べると何故か全力無双激烈拳がクレセリアに飛んでくる(ダブルレーティングバトル七不思議のひとつ)。 カビゴンZを持たせた型も強そう。 霊獣ランドロス 性格:いじっぱり 実数値:165-216-110-×-100-143 努力値:4-252-0-0-0-252 特性:いかく 持ち物:こだわりスカーフ 技構成:じしん/いわなだれ/ばかぢから/とんぼがえり 終盤の掃除役として活躍するポケモン。このポケモンがいないとエルテラに勝てない。 味方に浮いているポケモンがクレセリアしかおらず地震で巻き込めるようなポケモンもいないため柔軟な動きができるチョッキ型も考えたが、リザードンやメタグロスに上から殴られるのを嫌って結局スカーフ型に。 5世代からずっと愛用しているポケモン、やはり強かった。 ラプラス 性格:れいせい 実数値:205-105-125-145-128-72 努力値:0-0-196-212-100-0 特性:ちょすい 持ち物:とつげきチョッキ 技構成:フリーズドライ/ハイドロポンプ/こおりのつぶて/ぜったいれいど ・フリドラでH175-D131メガラグ確定一発 ・雨ドロポンでH146-D95コケコ高乱数一発 ・C147コケコのフィールド眼鏡10万V高乱数耐え ・C156ルンパのエナジーボール確定二耐え ・A160ナットレイのパワーウィップ最高乱数以外耐え ・A222メガラグの馬鹿力確定耐え 雨キラー。雨に強いポケモンを募集したところ一番票が集まったので採用。 雨パに入っていることが多いニョロトノ・ルンパッパ・ラグラージ・ペリッパー・ボーマンダに強く、雨パを使う相手としてはイレギュラーな立ち回りを要求される。 対コケコに関しては電気Zか眼鏡雷を撃たれない限り一発は耐えるので完全に無抵抗というわけではない。 唯一勝てないのがナットレイだが、フリーズドライと合わせてカビゴンの馬鹿力で強襲を仕掛ければ混乱実を発動させずに倒すことができる。 雨以外にも太鼓マリルリをエースとした構築には選出することがあった。……しかしこちらの性格が冷静のため、素早さに多く振ったマリルリに先手を取られてしまったことがあったのでS下降補正はやめたほうが良い(反省点2) 絶対零度で気休め程度のラッキー対策にもなる(滅びの歌警戒でバリヤードがラッキーにスキルスワップしてくれる)。 ラプラスを提案してくれた方ありがとうございました。

選出

◎基本選出 先発:バシャーモ キリキザン 後発:ランドロス クレセリアorカビゴン or ◎対雨 先発:カビゴン ラプラス 後発:クレセリア ランドロス ◎対ジャラゲンガエンブルル 先発:クレセリア キリキザン 後発:バシャーモ ランドロス ◎対トリパ 先発:キリキザン カビゴン 後発:バシャーモ ランドロスorクレセリア or

雑感

オリジナルの構築で最終1位を取れたことは大きく、自信に繋がりました。 誤算だったのが威嚇ガオガエンの解禁で苦手なジャラゲン構築が爆発的に増えたこと、それに伴い耐久振りジャラランガの構築を公開した方がいてクレセリアのエスパーZを何度かミリ耐えされたことです。 ちょっとタイミングが悪かったな~とは思いましたが初見殺し要素の多いこの構築をどのみち長く使い続けるのは無理だと判断したので丁度よい引き際になったかなと思います。 showdownでもキザンカビゴンで自爆を選択している人が高い頻度でいたらしく、流石に認知されつつあるので使用はこの辺でやめておきます。 バシャーモキリキザンの並び自体は未だ現役だと思っているので開拓を続けていきたいです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

執筆者

C28nbReI_200x200.jpg たこーだい  ポケモンとか たこーだいさんの過去の記事 【S2WCSレート2002】エレキボールライチュウ+カプコケコ 【VGC2018 EMOchallenge優勝構築】ジャラマンダビートダウン

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「ポケモン ダブルバトル」の「構築(パーティ)記事」を中心に「新鮮な情報」をお届けするポケモン対戦情報メディア。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
13位
アクセスランキングを見る>>