【VGC2018 EMOchallenge優勝構築(パーティ)】ジャラマンダビートダウン【ポケモン ウルトラサンムーン ダブル】

こんにちは、たこーだい(@tako_dai_)です。
今回はEMOLGAME主催のWCS2018ルール大会、"EMOchallenge”にて優勝という成績を収めることができたので使用した構築について解説していきたいと思います。

また、この構築はパメラさんの構築(http://d.hatena.ne.jp/pamela_emuritto/20180114/1515908228)に影響を受けており、技構成・配分等多く流用しています。
この記事では簡易的な解説のみに留めておくので、上記の記事と併せて読んでいただければ幸いです。

5454e54qe54q5e5q45q4.png 


構築経緯


ジャラランガ軸がレートやオフで成績を残していると聞いて使用感を確かめたかったので、流行りの並びに自分なりのアレンジを加えて試験的に今大会で使用した。

個別解説


784 (1)
ジャラランガ
性格控え目
実数値151-117-145-167-125-137
努力値4-0-0-252-0-252
特性:ぼうおん
持ち物:ジャラランガZ
技構成スケイルノイズ/火炎放射/守る/インファイト(身代わり)

構築の軸となるポケモン
能力が全段階上がるZ技ブレイジングソウルビートは強力だが、全体技ゆえに火力が下がるため相手を一発で倒すことが困難。
高耐久の相手にはZ技からのC+1スケイルノイズまで耐えられてしまうことがあるので火力は最大まで上げておきたい。
序盤にZ技を撃ってもフェアリーを2体投げられて無効化されてしまったりカプ・レヒレで止まってしまうことが多いので、できるだけ他のポケモンでフェアリーを処理した後にZ技を使うのが望ましい。
Zの媒体としてスケイルノイズは必須、グロス・ギルガルド等の鋼やコケコ・テテフへのダメージソースとなる火炎放射も確定で、Z技を撃つタイミングを見極めるために守るも確定。
残り一枠が自由枠といった感じだが、PT全体でヒードランやバンギラス、カビゴンが重かったためインファイトが適役だと感じた。場持ちを良くする身代わりや、ミラーが増えてくるようなら竜の波動の採用も一考。
少し前までの環境なら最強だと信じて疑わなかったが、対策が進み以前よりは動きづらくなった印象。

メガボーマンダ
ボーマンダ
性格せっかち

実数値179-166-135-141-142-179(メガシンカ後)
努力値
68-4-0-4-252-180

特性威嚇→スカイスキン
持ち物:ボーマンダナイト
技構成捨て身タックル/ハイパーボイス/追い風/守る

・捨て身タックルでH145-B96テテフ高乱数一発
・C147コケコのフィールド込み10万ボルトZ最高乱数以外耐え
・C200テテフのムーンフォース最高乱数以外耐え
・C156ルンパッパの冷凍ビーム最高乱数以外耐え
・A197メガメタグロスのA-1冷凍パンチ確定耐え
・最速110族+1

※配分はパメラさんのものを拝借
殴れて受けれて追い風もできる万能ポケモン。初手に出して追い風を張り、ジャラランガのお膳立てをする。
攻撃面に配分していなくても火力不足を感じさせず、追い風を張った後も置物にならない点が非常に優秀。
今まで使っていたどのボーマンダよりも使用感が良かった。

681.png
ギルガルド
性格:控え目
実数値:136-63-170-112-170-112
努力値:4-0-0-252-0-252
特性:バトルスイッチ
持ち物:気合の襷
技構成:シャドーボール/ラスターカノン/影撃ち/キングシールド

・シャドーボールでH156-D130メガメタグロス確定一発

VSテテフグロスや対トリパに有利を取れるポケモン
襷を活かして追い風下でブレードのまま突っ張り、霊・鋼の範囲を振りかざしながら相手を疑心暗鬼にさせることができる。
重めのグロスを一撃で葬るため火力は全振り、レヒレに瞑想を積まれる前より先に攻撃できるよう素早さも振り切り。この構築ではいかに早めにフェアリーを処理するかが重要だと思っている。
影撃ちは警戒していない人も少なくなく、自覚なく相手のポケモンを縛ることができる。襷との相性も良い。
初手にボーマンダと合わせて選出することが多かった。

793 (1)
ウツロイド
性格:控え目
実数値:185-×-67-196-151-155
努力値:4-0-0-252-0-252
特性:ビーストブースト
持ち物:拘りスカーフ
技構成:ヘドロ爆弾/パワージェム/目覚めるパワー氷/マジカルシャイン

・ヘドロ爆弾でH146-D135テテフ確定一発
・ダブルダメマジカルシャインでH151-D125ジャラランガを中乱数一発(75.0%)
・目覚めるパワー氷でH165-D100ランドロス確定一発
・C200テテフのフィールドなしサイキネ確定耐え

補完として最後に採用したポケモン。
対カプ、対雨、対ジャラランガに有利なポケモンを探していたところ以前より愛用していたスカーフウツロイドに目を付けた。
カプ系やリザマンダが蔓延している今の環境に広い攻撃範囲がよく刺さり、BBが発動して無双する展開もしばしば。
また、今大会は控え目で使用したが臆病にすると対雨性能がグッと上がる(臆病スカーフだと雨下ラグルンパを抜くことができ、草結び・ヘドロ爆弾で奇襲できる)。
この枠はアーゴヨンでも良いかもしれない。

785 (1)
カプ・コケコ
性格:臆病
実数値:149-×-106-142-97-200
努力値:28-0-4-212-12-252
特性:エレキメイカー
持ち物:拘り眼鏡
技構成:10万ボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/吠える(エレキネットor目覚めるパワー氷)

・フィールド込み眼鏡ボルトチェンジでH185-D136リザY確定一発
・ダブルダメ眼鏡マジカルシャインでH151-D189ジャラランガ確定一発
・A200ブルルのフィールドなしウッドハンマー最高乱数以外耐え
・C211リザYのダブルダメ晴れ熱風確定耐え

※配分はパメラさんのものを拝借
フェアリー枠
主にレヒレの高速処理やジャラランガへのストッパーとして働く。
高速アタッカーとして優秀で、ボルトチェンジでサイクルを回してジャラランガの有利対面に持っていくことができる。
積み・トリパ対策に吠えるを採用していたが正直意味不明なので素直にエレキネットかめざ氷で良さそう。

727 (1)
ガオガエン
性格意地っ張り
実数値201-174-110-×-110-90
努力値244-188-0-0-0-76
特性猛火

持ち物突撃チョッキ

技構成フレアドライブ/DDラリアット/けたぐり/猫だまし

・フレドラでH156-B170メガメタグロスを中乱数一発(50.0%)
・C200テテフの命の珠ムーンフォース高乱数二耐え
・Lv.50地球投げ4回確定耐え
・追い風下で最速110族抜き

以前はズルズキンで回していた枠
少しでもフェアリーに対して強いポケモンを採用したかったため、ズルズキンからガオガエンに変更。
低レート帯では初手でジャラランガと投げて猫Zするだけで勝てることも。
ラッキー相手にできるだけ多く動きたいと思いHを201まで伸ばしたが、そもそもガードシェアをされるとDDラリアットでさえまったく入らないので、Hの分を他に回した方が良さげ。
追い風下で相手のコケコを抜いていると動きの幅が広がるためSは101まで伸ばしておいた方が安心する。
チョッキ→半分回復木の実に変更して挑発を持たせると対トリパへの勝率が上がりそうなので試してみたい

Showdownテキスト



選出・立ち回り


◎基本選出

先発メガボーマンダ681.png
後発784 (1)@1

ジャラランガが通らないと判断した場合は、釣られて出てきたフェアリーをいかにウツロイドで対応するかが鍵。

雑感


完全なオリジナルの構築ではないのですが、大きな大会で優勝できたことは素直に嬉しいです。
SDではレート1500辺りから1敗で1800中盤まで伸ばすことができ自信を持っていたのですが、上記に述べたようにジャラランガへの対策が進んで以前よりは勝つことが難しくなっていると思います。
とはいえジャラランガ自体はまだまだ一線級のポケモンだと思っているので今後の取り巻きの開拓などが楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

執筆者


x_vGl4Zo_400x400.jpg 
たこーだい

過去記事

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「ポケモン ダブルバトル」の「構築(パーティ)記事」を中心に「新鮮な情報」をお届けするポケモン対戦情報メディア。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
11位
アクセスランキングを見る>>