【VGC2018 第82回DEXオフ優勝構築(パーティ)】リザカポデマル【ポケモン USUM ダブルバトル】

エモルガムをご覧の皆様、初めましてあすかけ(@asukakeng)と申します。
この度は、かなり上振れですがDEXオフにて優勝した構築をご紹介します。
稚拙なパーティゆえレートで使用するには汎用性が低いと思いますが、使っててとても楽しかったため紹介させていただきます。

dedededededededede.png 

構築経緯


このオフに参加表明していたもののパーティがなかったわけですが、DEXオフの前週に開催された北河内オフにてYTさん(@YTPPSR)が使っていたスキルスワップクレセリアに感銘を受けて、これを中心に構築を組み始めました。

スキルスワップクレセリアと組ませるポケモンで連想したのがリザードンYだったため、リザードンYの使用を決定。
リザードンYは最メジャーメガ枠の一つであり厳しい相手が多すぎますが、熱風を何度も通せればいまひとつであってもゴリ押せるレベルのため、残りのポケモンはリザードンYをしっかりと補佐できるポケモンにしました。



個別解説


006-my (1) 
リザードン
性格臆病
実数値164-x-99-200-136-167
努力値84-x-4-164-4-252
特性もうか→にほんばれ
持ち物リザードンナイトY
技構成 ねっぷう/オーバーヒート/ソーラビーム/まもる

この構築のダメージソースのほとんどをこのポケモンで稼ぐ気持ちで使っていました。
テテフを上から倒し、サンダーと同速以上にしたかったため最速で採用しました。
耐久は有名なメガライボルト構築の10万耐えとかだったと思います。オフではギルガルドとカプブルルに晴れ熱風を低乱数で耐えられてしまったため、
確定になる火力は確保すべきでした。
今回のオフでは熱風を1、2回しか外さなかったことが勝因だったと思います。

後述のカポエラー、トゲデマルのサポートをうけつつ、高火力を打ち続けられれば勝てましたが、厳しい場合はしっかりと負けていました。

リザードンYの苦手なボーマンダ、リザードンX、火ロトムはSDで回してた時にあまり見なかったため、頭から消えてましたが、当日当たってしまいめちゃくちゃ厳しかったです。


237.png 
カポエラー
性格いじっぱり
実数値149-161-115-x-130-99
努力値188-252-0-x-0-88
特性いかく
持ち物:カクトウZ
技構成ねこだまし/インファイト/ワイドガード/てだすけ

リザードンの天敵1ランドロスのスカーフいわなだれを絶対に受けないために投入。
バグが修正されることになりましたが、これだけワイドガードが強いのにもかかわらずいわなだれが採用されていることが不思議です。
いかく猫騙しワイドガードで数多くの全体技ポケモン(ランドロス、バンギラス、ヒードラン)を動きにくくしてくれました。
リザードンが通らないヒードランに格闘Z(威嚇込みでもH252がそれなりの乱数)を叩きこむ機会があればと思い、S4振りドラン抜きにしときました。

初手にとりあえず出てくるレヒレは、レヒレの隣に威嚇を入れてリザードン守りながらてだすけソーラービームで幾度か処理しました。てだすけ熱風も打ってて楽しかったです。
カプテテフの入ったパーティがあきらかに厳しいですが前日SDであまり見ないし、引いたとしても勝てたため時間ないしいいやレベルの採用でしたが当日もあまり見ず追い風でした。

決勝ではワイドガードのZ技軽減バグを使い納めました笑


777 (1) 
トゲデマル
性格ようき
実数値154-118-115-x-93-148
努力値108-0-252-x-0-148
特性ひらいしん
持ち物きあいのタスキ
技構成ねこだまし/びりびりちくちく/アンコール/ニードルガード

リザードンの天敵2カプコケコの10万ボルトを受けないために採用。
交代出しでリザードンの横に並べるのを読まれ、ライボルトの火炎放射やサンダーの熱風を打たれた時のために持ち物はきあいのタスキ。
調整はVGC2017で有名な調整をとりあえず使いましたが、結局タスキで採用してるので耐久はいらないと思いました。

最初は火力のあるガラガラを使おうと思いましたが、ガラガラだとあまりに遅くて使いにくく、トゲデマルが前週の北河内オフで使用されてたのが印象に残ってたため採用しました。
当日は思ったよりカプコケコがいなくて選出は少なかったですが、カポエラーといっしょに打ち続けるねこだましは、相手の行動を抑制してくれました。


488 (1) 
クレセリア
性格れいせい
実数値226-x-142-139-150-84(個体値8)
努力値224-x-12-252-0-0
特性ふゆう
持ち物イアのみ
技構成れいとうビーム/トリックルーム/スキルスワップ/シャドーボール

この構築の始まりでしたが、結果的にリザードンYとの並びはやりたくてもあまり実現できませんでした。
スキルスワップを、雨パに対してトリル後にニョロトノより早く使用するため、S90未満のの個体をORASから持ち込みました。(このオフはマークなしの再現個体使用可能でした。)
練習ではこの行動がちゃんと決まって雨パに勝てたため持ち込みましたが、普通に怪しいです。(当日は雨にまったく当たらず)
スキルスワップはかげふみの対策にもなりますし、当日はサーナイトの特性を奪うなど思わぬ活躍もできました。

シャドーボールもYTさんのクレセリアの流用で、メタグロスをクチートのかみくだくと合わせて処理できるため強いかなと思いますが、ヒードランが構築単位で重たいので処理速度をあげるためにめざ地のほうが強力だったかもしれません。


553.png 
ワルビアル
性格いじっぱり
実数値181-185-100-x-90-134
努力値84-252-0-x-0-172
特性いかく
持ち物:ジメンZ
技構成じしん/かみくだく/バークアウト/まもる

特に厳しいヒードランを処理するため採用。
努力値は、6世代から持ってきたままでよくわからないですが、極力攻撃と耐久に振りたかったのでそのまま採用。
ランドロスを使いたかったですが、ギルガルドに攻撃の機会を許してしまった場合、後出しできないとまずいため、後出しできるあくタイプのポケモンということでワルビアルの使用を決めました。

新技のじだんだを使ってみたかったこともあり一度採用したのですが、リザードンでレヒレ等を処理できなかった場合、少しでも等倍火力の出る技を使わないといけない気がしたため、じしんベースの地面Zを使用。
選出回数が2,3番目くらいでしたが、やはりランドロスを使いたいと感じました。


303-m (1) 
クチート
性格ゆうかん
実数値157-172-100-x-115-49(最遅)
努力値252-252-0-x-4-0
特性いかく→ちからもち
持ち物クチートナイト
技構成じゃれつく/かみくだく/まもる/かわらわり

ダブルバトルで使ったことがなく、今大人気のようなので裏選出として採用。
技はこれもYTさんのを流用しました。
かわらわりはカビゴンツンデツンデなどトリルで暴れるポケモンに打点を持てて強いと思います。

出したい試合はいくつかありましたが、モロバレルやトリトドンなど出しても窮屈な立ち回りが予想される相手ばかりで1度しか選出できませんでしたし、その1度もあまり活躍させてあげられず。
炎の一環がすさまじいので、代わりにヒードランなどを入れるべきだったかなと思います。



選出・立ち回り


基本選出
先発:006-my (1)237.png
後発:〈相手に電気タイプありの場合は〉777 (1)553.pngor488 (1)
    〈電気タイプいない場合などトゲデマル不要の場合〉553.png488 (1)

テテフグロスのような先発リザードン+カポエラー選出が不可能な場合やあきらかにリザードンでゴリ押せない場合
クチート軸でトリルを決めていくプランを目指す。


雑感


いかくが多いためかちきが厳しかったり、炎が一貫していたりとパーティとして怪しい構築ですが、使っていて楽しかったです。
ワイドガード弱体化もあるのでもうこの構築は使わないと思いますが、パーツ単位では有用な点もあると思いますので参考になればと思います。
決勝はアクシデントがありましたが、助けていただきありがとうございました。運営の方々にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。


執筆者


XqcS8n6d_400x400.jpeg 
あすかけ


プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「ポケモン ダブルバトル」の「構築(パーティ)記事」を中心に「新鮮な情報」をお届けするポケモン対戦情報メディア。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
7位
アクセスランキングを見る>>