【S6全国ダブル 2041 暫定1位】ゴチルクチート

こんにちは、しらぬい(@rena__poke)です。
SM最終シーズンでレート2041をマークし声がかかったので書かせてもらうことにしました。

srni.png 


構築経緯


今シーズンはサーナイトをずっと使用していたのですが、メガメタグロス構築の流行により安定して勝てなくなったので別の構築を開拓することに。
初めはコバルトさんのパーティー(http://www.emolgame.jp/blog-entry-145.html)のクレセリアをポリゴン2に変えたものを使用していたのですがしっくりこなかったので別の形を考えることに。そんな中、ベテさんがDEXオフで優勝された構築もメガ枠にクチートを採用したものでこれは強そうと思い中身を想像して組んでみました。

個別解説


576.png 
ゴチルゼル
性格なまいき
実数値176-*-119-115-176-63
努力値244-0-28-0-236-0
特性かげふみ
持ち物バンジのみ
技構成サイコキネシス てだすけ トリックルーム まもる

トリックルーム要因でもあり構築の軸、かげふみで相手の交代を縛りつつ高火力技を当てたい相手に当てるのがコンセプトであり、勝ち筋でもある。
技は癒しの波動ではなく手助けを選択、横に並ぶポケモンが軒並み火力が高いこともあって、手助けの一押しでワンパンできることも多く期待以上の強さを見せてくれた。
配分はHを176を176に設定、これはカプZを意識したもので天候ダメージの少しのダメージ増加よりも、カプZと何かを合わせられて処理されないことの方が大事と判断、余りはD重視に配分。思っていたよりも固く二度目のトリルも見据えられることが多かった。

サイコキネシス:モロバレルが重いため採用、攻撃技を切る勇気はありませんでした。
てだすけ:かげふみと手助けで横とサポートして制圧するのがコンセプトなので採用。
トリックルーム:コケコ以外のポケモンを最遅に設定しているため。
まもる:かげふみ持ちということもあり、盤面に出ているだけで意味があるため採用。

6世代から存在していたゴチルクチートという並びですけど使うのは初めてでした、あまり理解を深められていないなりににも強さを感じたので2018ルールでも強力な並びなら触れていきたいなと思いました。

303-m (1) 
クチート
性格ゆうかん
実数値157-172-145-*-116-49
努力値252-252-0-0-4-0
特性いかく
持ち物クチートナイト
技構成アイアンヘッド いわなだれ ふいうち まもる

本構築のエース、ゴチルゼルのサポートを受けて暴れさせていきたい、特性の威嚇も優秀で、元から比較的高めの物理耐久をさらに伸ばせる。
努力値は一番強いと考えているHAで使った、クチートはAを削るのに否定的な気持ちが強かったため最大限に伸ばした、これによりてだすけ込みで縛れる範囲が増えて周りのポケモンも動きやすくなることが多い。

アイアンヘッド:こちらの構築も相手のブルルやテテフのフェアリーが楽とは言えなかったのでこちらを採用、命中安定ということもあり精神衛生上非常に良かった。
いわなだれ:リザードン等のほのおタイプやカグヤへの打点として採用、全体技ということもあり非常に強力。外してもケアが効く場面以外では押さないことが大事。
ふいうち:トリルが切れた後に相手を縛りつつ隣でトリルを貼る動きや、隣と合わせて詰め筋にすることを想定しての採用。この技で拾った対戦も多く外せない技と感じた。
まもる:当初はこの技を切ってじゃれつくを入れていたが、欲しい場面が生まれたのと、耐久水に強いカプを2枚入れてることからまもるに変更した。

今期はリザードンが少なく、サーナイトとメタグロス等が多く有利なマッチアップが多かったのもあり環境に強いポケモンだったと感じた。
Dに多少割いても強いと思うので今度はそちらも検討してみたい。

785 (1) 
カプ・コケコ
性格おくびょう
実数値145-*-105-147-96-200
努力値0-0-0-252-4-252
特性エレキメイカー
持ち物いのちのたま
技構成10万ボルト マジカルシャイン めざめるパワー氷 まもる

相手のリザードンやランドロスやボーマンダ等を意識しての採用。
持ち物はいのちのたま、Zも考えたが、手助けと組み合わせた際の縛り範囲を広げたいためこちらを採用。
性格はマンダの処理や厄介なペルシアンの上を取るために最速、いのちのたまを持たせているため配分も特に練ることなくCSに。

10万ボルト:タイプ一致遂行技、ボルトチェンジとも迷ったが、威力の高いこちらを採用。
マジカルシャイン:ペルシマンダ等の並びに積極的に打つ技として採用、削りとしても優秀。
めざめるパワー氷:ランドロス、ボーマンダをワンパンするために採用。
守る:役割対象を倒すまでは大事に扱いたいのと、守りながらガオガエンを出して猫だましから動く展開も狙うため。

出した対戦は狙っていた通りの相手を倒してくれたため非常にいい働きをしてくれた。性格はペルシアン等が減ってくるようであれば控えめでも良いと考えています。

787 (1) 
カプ・ブルル
性格ゆうかん
実数値177-176-136-*-138-72
努力値252-76-0-0-180-0
特性グラスメイカー
持ち物クサZ
技構成ウッドホーン ウッドハンマー ビルドアップ まもる

相手の耐久水やランドロスに有利なところを評価しての採用、クチートやガエガエンとの相性がとてもよく、全国ダブルでも非常に強力なポケモンだった。
持ち物はクサZ、並程度の耐久なら等倍なら余裕でもっていく超火力をゴチルゼルのロックと合わせて通すことが強力なためZでの採用。
配分はH252から入って、D方面を極力伸ばしたくてこの配分としました、AはZを押すときは大抵フィールドの恩恵も受けていることが多いため振りすぎても過剰火力になりやすいです。

ウッドハンマー:Zのベースとしての採用、Zじゃなくても火力が高く何かと合わせて何かを落とすことも多い。
ウッドホーン:ビルドアップを積んだ後に打ったりして回復することで処理をされない立ち回りをするために採用、ブルルの処理手段が少なかったり、そもそもなかったりすることも多く処理を遅らせる意味でも強い技だった。
ビルドアップ:はじめは剣の舞と迷っていたがBも固くなることにより対面で勝てる相手が増えたり、物理との打ち合いに勝つために採用。
まもる:集中での処理を狙ってくる相手も多く、処理をされるターンに守りたいことが多く採用に至った。

2041を決めた対戦でも相手のたくわえるを積んだカビゴンを手助けクサZで飛ばしてブルルの処理をさせなくして勝ったり想定通りの活躍をしてくれた、今後もこのポケモンの考察を深めていきたいと思った。

727.png 
ガオガエン
性格ゆうかん
実数値201-183-111-*-111-58
努力値244-252-4-0-4-0
特性もうか
持ち物ガオガエンZ
技構成フレアドライブ DDラリアット ねこだまし まもる

クチート、カプブルルとの補完に優れていて、ギルガルドに強いため採用。本家はサザンドラですがガオガエンも展開パターンが増えていいと思いました。
配分はHA、元の耐久の高さからHに振れば大抵の攻撃を耐えるためBD共にバランスよく耐えてほしいことからHを伸ばすことに。
持ち物がZですが、ブルルとの同時選出もかなり行い、臨機応変にZを打って行くことが多いです。

フレアドライブ:タイプ一致物理最高火力。
DDラリアット:Zのベースになる技、Aが高いため弱点ならZを切らなくても倒せることがしばしば。
ねこだまし:裏から投げて猫トリル展開などを意識しての採用、ガルーラも少ないことが追い風で、猫トリルが初手から決めれる構築も少なくはなかった。
まもる:はがねタイプの処理を任せているため処理するまでは生かしておくため。

サーナイト構築に引き続き続投しましたが、フェアリータイプとの相性が非常によく攻撃面でガエンクチートと並べることを意識していたりもしました。威嚇解禁される前でも十分強力なポケモンです。

143.png 
カビゴン
性格ゆうかん
実数値235-178-117-*-131-31
努力値0-252-252-0-4-0
特性あついしぼう
持ち物こだわりハチマキ
技構成じばく すてみタックル 10万馬力 ばかぢから

地雷枠兼雨対策の型のカビゴン。すてみの火力は6世代の陽気ガルーラのすてみの火力、弱いわけがない。
のろいやはらだいこも面白そうですが、盤面をロックできるということもあってじばくが通りやすいのではないかと思いこちらを採用。
配分はAB252、火力も物理耐久も落とすことができずぶっぱの形をとることにしました。

じばく:雨に対して初手から投げて打って行くことや、通る相手にはこれを勝ち筋にすることを考えての採用、ゴチルゼルの横ですることが多く決まりやすかった。
すてみタックル:タイプ一致で連打できる技として恩返しではなくこちらを採用、盤面に残っていてほしいというわけでもなく相手を少しでも削りたいためこの構築とマッチしていた。
10万馬力:主にクチートやギルガルドを見据えての採用、ハチマキということもあり、十分な火力が出た。
ばかちから:バンギラス、カミツルギ、ガルーラ、カビゴン、ナットレイを主に意識しての採用。炎のパンチより範囲が広いため重宝することもすくなくなかった。


選出


基本選出
先発576.png785 (1)
後発303-m (1)787 (1)

これができる相手は非常に楽で、一番パワーの高い選出です。

じばくが通る(ゴーストがいない等)
先発576.png143.png
後発303-m (1)727.png

初手の自爆からガオガエンを出して猫トリルの流れを作ります。

対ガルーラ
先発576.png785 (1)
後発303-m (1)727.png

キルガルドに対してはガオガエンを積極的に投げていきます。ヒードランは手助けを合わせてコケコで処理を行います。これが通ると後はイージーゲームです。

対サーナイト
先発576.png785 (1)
後発303-m (1)727.png

ガルーラと同じです。おそらく初手はサナガエンで来ると思うので、初手は両守るをして次のターンに手助け10万をガオガエンに打ちます。守られる時もあるのでサーナイト側に打ち込むのもありです。

対グロス
先発576.png727.png
後発303-m (1)787 (1)or143.png

トリルさえ貼れてしまえば相当有利なので全力で貼りに行きます。

雑感


SM最後のシーズンで高レートをマークできてよかったです。ヒードランの減少等も追い風になっていて非常に強力な構築になっています。ぜひ使ってみてください。

執筆者


C28nbReI_400x400.jpg 
しらぬい
1日10時間ポケモン目指してます

過去記事

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
8位
アクセスランキングを見る>>