【S5総合レート 7836 1位】全ルール構築解説

はじめまして、記事を執筆させていただくむくれねこ(@mukureneko)と申します。トレーナーネームは「S・Spencer・E」です。
サンムーンのシーズン5で、総合レートを始めて以来の念願だった最終1位を獲得することができたので、各ルールの構築を紹介させていただきます。

7878111a.png

 


シングル


戦績:最高最終2150 12位
734737237aa.png 

構築経緯


以前にEMOLGAMEでも紹介していただいた【S3シングル 2142 18位】二極化カビゲンをそのまま使用しました。
ステルスロック+欠伸カビゴンから組み始め、ステルスロック枠としてゴツゴツメットを持ったエアームドを選択し、合わせて別の選出軸が組めるように受け駒や拘りスカーフを持ったバンギラス、メガゲンガーを採用しました。
結果的に中身は違いますがよくある受けループのラッキーをカビゴンに変更した並びになったことで、少しでもステルスロック展開への警戒を薄れさせることができたと思うとこの組み合わせは正解でした。

個別解説


248.png
バンギラス 
性格陽気
実数値175-186-131-x-120-124
努力値0-252-4-x-0-252
特性砂起こし
持ち物拘りスカーフ 
技構成岩雪崩 追い打ち 馬鹿力 冷凍パンチ

サイクルにおいて対ゲンガーとして必要な追い打ち枠であり、受けることができない格闘Zを持った霊獣ボルトロスなどを上から処理する潰し枠でもあります。

追い打ち枠としての遂行はしづらくなりますが、潰し枠として機能させたかったので持ち物は拘りスカーフです。
以前は吠えるを持たせてゲンガーに強くした型の方が強いと書きましたが、メガバシャーモの解禁以降はドヒドイデを組み込んだ受け回し選出が強制されることが多く、その際に取り巻きの霊獣ボルトロスに勝てないと困ることが分かったので今では持ち物はこれ一択だと思っています。

副産物的に、エアームドのステルスロックなどで削った相手に対してスカーフバンギラスを一貫させる動きもできるようになっています。

472.png
グライオン
性格慎重
実数値177-121-145-x-139-115
努力値212-44-0-x-252-0
特性ポイズンヒール
持ち物毒々玉
技構成毒々 守る 羽休め 地震

主な役割対象である電気タイプの、不意の目覚めるパワー氷にも強くなるようにしたHDベースのグライオン。
Aに少し回すことで耐久に振っていないメガゲンガーを地震で落とす確率を上げています。
嵌め性能よりもHP管理が重要なため身代わりよりも優先して羽休めを採用しています。

748.png
ドヒドイデ
性格図太い
実数値157-x-224-73-163-55
努力値252-x-252-0-4-0
特性再生力
持ち物黒いヘドロ
技構成:毒菱 黒い霧 自己再生 熱湯

広い範囲を見ることができる受け駒としてドヒドイデを採用。
シーズン4以降は、解禁されたメガバシャーモに極端にカビゲンが薄いため、ドヒドイデを絡めた選出で見るようにしていました。
Z枠が余っているためコオリZも検討したのですが、火傷や天候のダメージを受ける機会も多いのでそれを帳消しにする黒いヘドロの方が使いやすく感じました。
毒菱を採用することでエアームドの吹き飛ばしと合わせてせめてものオニゴーリ耐性としています。

227.png
エアームド
性格腕白
実数値171-100-211-x-92-90
努力値244-0-252-x-12-0
特性頑丈
持ち物ゴツゴツメット
技構成ステルスロック 吹き飛ばし 羽休め ドリル嘴

構築の軸となるステルスロック枠として、受け回しにも参加できる型で採用しました。
ムドーカビゲン選出の時には初手で雑にステルスロックを撒くことが多いですが、余裕があれば2ターン目で切らずにカビゴンを投げることで、サイクル中にカビゴンを崩しに来るZワザをエアームドで透かす立ち回りもできるようになります。

143.png
カビゴン
性格腕白
実数値262-130-126-x-138-50
努力値212-0-236-x-60-0
特性食いしん坊
持ち物バンジの実
技構成:ヘビーボンバー 欠伸 リサイクル 吹き飛ばし

ステルスロック+欠伸の軸として採用。
他のポケモンで受けるのが難しいウォッシュロトムなどを受ける駒としての選出もするようになりました。
また、初手でエアームドが不利対面を取ることが予想できた場合には、カビゴンから入ってしばらくサイクルを回した後でステルスロックを撒きに行く動きも取っていました。

094-m.png
ゲンガー
性格臆病
実数値135-x-81-182-95-178→135-x-101-222-115-200
努力値0-x-4-252-0-252
特性呪われボディ
持ち物ゲンガナイト
技構成:催眠術 身代わり 祟り目 ヘドロウェーブ

構築内唯一のメガシンカ枠で、抜きエースとしての採用。
ステルスロックと合わせてリザードンや霊獣ボルトロスなど、受けるのが難しくパーティ単位で呼ぶポケモンを抜いていくことが出来るのが強みです。
他の抜きエースと比べて、積み技にかかる1ターンがなくすぐに火力を出せるところも優れていました。
引き先も多く設けられているため、スカーフ持ちに対してもケアした動きがしやすくなっています。
ドヒドイデの毒菱とも相性は良かったです。
サイクルを継続させることよりも、サイクルを終わらせることを狙っているため状態異常技には鬼火ではなく催眠術を採用しています。

選出


227.png143.png094-m.png
ゲンガーでの全抜きを狙うステロ軸です。相手に崩しの駒が多く受け切れないと判断した時や、ステルスロック+メガゲンガーで抜いていけると判断した時に選出します。
シーズン4で解禁されたメガバシャーモに対しては無力な選出になるため、バシャーモが見えると基本的にこの選出を控えていました。

472.png748.png227.png
3体で受け回すサイクル軸です。ベースはこの3体で、相手にゲンガーや霊獣ボルトロスが居ればバンギラス、ウォッシュロトムなどが居ればカビゴンを役割の薄いポケモンと差し替えて選出します。
相手の崩しの駒を選出画面で予想して、誰をストッパーにするのか考えながらHP管理などの立ち回りに気を付けていました。

748.png227.png094-m.png
対オニゴーリ入り、受けループ、ラグラージ入りの雨などに。毒菱を採用していることが活きるマッチアップだと思っています。
出来るだけ安全な対面でドヒドイデが毒菱を、エアームドがステルスロックを撒けるように動かしていました。

総括


同じ構築を使い始めて3シーズン目にしてようやく2150という区切りまで乗せることができましたが、受け志向であることから追加効果や急所で崩れることも多かったです。
また、対バシャーモをドヒドイデにほぼ一任しているため、剣舞地震などの役割破壊によって崩された途端に負けが確定してしまうのも考えものでした。しかし、使い続けても改良案が挙がってはボツになってを繰り返したことから自分が組める受け志向のカビゲンとしてはこれ以上のものはないと思いました。



ダブル


戦績:最高最終1925 28位
bangirugann.png 


構築経緯


レートでマッチングしたカプZを持ったカプ・コケコとハイパーボイスメガボーマンダの組み合わせが魅力的に感じ、その時ちょうど公開されていたゆぶねさんのSPLオフ優勝構築(【S5全国ダブル 2007 10位】ボーマンダカプ・コケコ+バンギラスルガルガン)を参考にして組みました。
レートでは雨パーティにマッチングすることが多く、取り零すとレートを上げ辛い気がしたのでトリトドンを採用して水技の一貫を切り、対雨での勝率を上げることを狙いました。

個別解説


248 (1)
バンギラス
性格陽気
実数値175-186-131-x-120-124
努力値0-252-4-x-0-252
特性砂起こし
持ち物拘りスカーフ 
技構成岩雪崩 ダメ押し 馬鹿力 冷凍パンチ

天候枠。参考元と同じように、中速パーティに対して上からの制圧が見込める拘りスカーフで採用しました。
変更してあるのはダメ押しの採用です。
ルガルガン、カプ・コケコ、メガボーマンダと並ぶ機会が多く、集中で高火力を出せると負荷がかけやすいと思い使っていました。
個人的にはかなり使いやすかったですが、噛み砕くとの選択は好みの範囲だと思います。

745.png
ルガルガン
性格陽気
実数値151-167-85-x-85-180
努力値4-252-0-x-0-252
特性砂かき
持ち物拘り鉢巻
技構成岩雪崩 噛み砕く アクセルロック 瓦割り

最終日前日まではドリュウズで使用していた枠でしたが、最終日に参考元と同じルガルガンに変更しました。
最も打つ岩技がタイプ一致になるのと、素のSが高いおかげで相手に追い風を貼られても上から動けることが多いのが強みだと感じました。
アクセルロックだけは一度も打っていないので、炎のキバなどと差し替えてもいいかもしれません。育成した後にAの実数値が勇敢ナックラーと同値なことに気付いてクスッときました。

blog_import_58d21b9a92438.png
カプ・コケコ
性格臆病
実数値175-x-106-116-97-200
努力値236-x-4-4-12-252
特性エレキメイカー
持ち物カプZ
技構成10万ボルト 守る 挑発 自然の怒り

参考元と同じ個体です。
カプZは通れば横との集中で1体持っていくのが容易な強力なZワザでしたが、守られるとそのターンの行動がかなり弱くなってしまうので、打つ相手やタイミングには注意していました。
耐久振りに助けられたこともありましたが、10万ボルトの火力が低すぎるため外しのリスクのある自然の怒りを打たざるをいけない場面などがあり、配分には検討の余地があると思いました。
挑発は役立つ場面が多く、少なくともマジカルシャインを採用するよりは有用だったと思います。他に欲しい技があったとすればボルトチェンジでした。

373-m (1)
ボーマンダ
性格せっかち
実数値171-155-90-162-100-167→171-165-135-172-110-189
努力値4-0-0-252-0-252
特性威嚇→スカイスキン

持ち物ボーマンダナイト

技構成捨て身タックル 守る ハイパーボイス 大文字

D方面の耐久は下げたくない両刀で、メイン技はハイパーボイスだったのでせっかちCS振りで採用しました。A無振りでも火力が出る捨て身タックルはかなり役立ちました。
大文字は炎打点として対ナットレイなどで役立ちましたが、命中不安を嫌うなら火炎放射でもいいと思います。その場合は参考元にある怒り+文字でギルガルドを落とす動きができなくなることには注意です。
対サンダーにおいて打点がなく困ったこともあったので龍技があると便利だとは思いました。

797 (1)
テッカグヤ
性格慎重
実数値204-121-123-x-168-81
努力値252-0-0-x-252-4
特性ビーストブースト
持ち物食べ残し
技構成ヘビーボンバー 守る 宿り木のタネ ワイドガード

詰め性能が高いHD振りで、ボーマンダと並べることを意識して、岩雪崩を防ぐためにワイドガードを採用しました。
炎打点が持てなくなった代わりに、理不尽な怯み負けのリスクを軽減できたりして良かったと思います。
ビーストブーストが発動するとサンダーのような一致弱点を突いてくる相手にも粘り勝てて驚きました。

423 (1)
トリトドン
性格冷静
実数値217-x-96-141-111-39
努力値244-x-60-132-72-0
特性呼び水
持ち物フィラの実
技構成大地の力 守る クリアスモッグ 冷凍ビーム

あみけさんのこの記事(【S5全国ダブル 2009】クレセリアクチート+ガオガエン)の配分をいただきました。
基本の2ウェポンに、集中されやすいポケモンなので守る、一応の積み耐性としてクリアスモッグを持たせてあります。
主に対雨やトリックルーム軸に選出し、相手の草タイプを処理した後の詰めとして活躍しました。

選出


先発blog_import_58d21b9a92438.png373-m (1)
後発ルガルガン以外の3体から2体
基本選出と言っていいと思います。ガルサンダー以外のガルーラスタンを含む多くのパーティに、初手コケコマンダから入ってカプZハイボで1体落とすことを狙っていました。
数的有利を取った後にはバンギラスで更に残機を減らしたり、テッカグヤやトリトドンで詰めたりします。

先発248 (1)745.png
後発373-m (1)、残り3体から1体
相手に岩技の通りが良かったり、ガルサンダーのような猫騙し+追い風が警戒される時には先発バンギルガンから入って岩雪崩を押すことになります。
怯みによる運勝ちも狙いながら、削った相手に後発ボーマンダで〆に行く流れが単純ながら強かったです。

先発248 (1)373-m (1)
後発ルガルガン以外の3体から2体
カプZハイボのコンボで残機を減らすのではなく、ひたすら雪崩ハイボの範囲技でゴリ押していく形になります。6世代からある並びですが強さは健在でした。

基本的にボーマンダは必ず選出し、高速枠3体+詰め1体(テッカグヤorトリトドン)の形を取ることが多かったと思います。

総括


1800近辺で伸び悩んでいたレートがすぐに1900まで伸びたので、コンボを含めてベースとなった構築の強さが伺えました。参考元構築を使用していたゆぶねさんは2000オーバーまでレートを伸ばしていましたが、自分の実力不足で1925で止めることになってしまったのが少し心残りではあります。
しかし、総合で競う分には充分なレートを達成できたので本当に感謝しています。



スペシャル


戦績:最高最終1900 9位
supesixya.png 

構築経緯


S5のスペシャルのルールはさかさバトルでした。
さかさの構築を組むにあたって、環境トップになるガルーラを筆頭としたノーマルタイプに強く出られる、毒菱ゲッコウガ+祟り目メガゲンガーの並びに注目しました。
対面的な要素と、毒菱ギミックの二軸で組んであります。

個別解説


115-m (1)
ガルーラ
性格陽気
実数値181-147-100-x-100-156→181-177-120-x-120-167
努力値4-252-0-x-0-252
特性早起き
持ち物ガルーラナイト
技構成猫騙し 不意打ち グロウパンチ 捨て身タックル

このルール最強のメガシンカなので採用。
ノーマル技だけで範囲は充分なので、対面性能を確保しながら崩しもできるような技構成にしました。選出画面で見えるだけで必ずといっていいほどゴツメ枠やガブリアスを呼ぶため、パーティに居ることに意味があるポケモンでした。
肝っ玉は死に特性なので早起きにしましたがこれといって役立つことはなかったです。

445 (1)
ガブリアス
性格陽気
実数値183-182-116-x-105-169
努力値0-252-4-x-0-252
特性鮫肌
持ち物拘りスカーフ 
技構成逆鱗 ステルスロック 毒突き 地震

ゲンガーを軸にしていることもあり、相手のスカーフ枠にある程度強いポケモンが欲しかったので大抵のスカーフ持ちには強い最速スカーフガブリアスを採用しました。
毒突きは相手のゲンガーに対して押せて、一貫しやすい打点なので便利でした。
ステルスロックはカビゴンとの組み合わせに役立つかと思い入れましたが打たなかったのでドラゴンクローなどでいいと思います。

658 (2) 
ゲッコウガ
性格臆病
実数値151-x-115-132-92-182
努力値28-x-220-68-4-188
特性変幻自在
持ち物ゴツゴツメット
技構成毒々 挑発 毒菱 目覚めるパワー電気
H:ラッキーの地球投げ確定4発
C:無振りカプ・コケコをエレキフィールド目覚めるパワー電気で最低乱数切り1発
S:最速ジャローダ抜き

毒菱枠。初手に置きやすくするために、対面することが多いジャローダに安定択が生まれる目覚めるパワー電気ワンウェポンで採用しました。蛇睨みを押されても麻痺しなくなるのが偉いです。
相手のガルーラと対面した際に毒菱から入って落とされても、メガゲンガーの素祟り目で処理できるようにゴツゴツメット持ち。
適当なCラインを取って残りはBに回しましたが、火力不足を感じるようであればBからCに回してもいいと思います。
補助技3つはどれも打つ機会があり必要だと感じました。

091
パルシェン
性格無邪気
実数値125-147-200-106-58-134
努力値0-252-0-4-0-252
特性:スキルリンク
持ち物気合の襷
技構成氷柱針 殻を破る 波乗り ロックブラスト

メガゲンガーを上から倒してくるスカーフ持ちを起点に抜きに行くための襷パルシェン。
自分が最速スカーフガブリアスで相手のパルシェンを処理していたので、相手にそれを許さないために最速は譲れませんでした。
水技がないとドラゴンタイプで簡単に止まりますが、シェルブレードは外しもあって弱かったので波乗りにしました。この構成だとマンムーに無力なのが辛かったです。

bhjbhuiuii
カビゴン
性格腕白
実数値267-130-128-x-131-50
努力値252-0-252-x-4-0
特性食いしん坊
持ち物バンジの実
技構成恩返し 欠伸 リサイクル 吹き飛ばし

シングルでも使っている欠伸カビゴン。
ワンウェポンの恩返しがタイプ一致でこのルールでは通りもよく、シングルのヘビーボンバーワンウェポンと比べると殴り合いもしやすくて強く感じました。
適当にHBに振り切りましたがHPは偶数にした方が多分いいです。
終盤に増えたポリ2ヘラクロスに強かったのもよかったです。

094-m
ゲンガー 
性格臆病
実数値135-x-81-182-95-178→135-x-101-222-115-200
努力値0-x-4-252-0-252
特性呪われボディ
持ち物ゲンガナイト
技構成身代わり 守る 祟り目 ヘドロ爆弾

ガルーラの猫騙しを防ぐために守るの採用を確定として、組み合わせて毒ターン稼ぎもできる身代わりを採用してみたところ綺麗にハマりました。
エスパー技ワンウェポンのクレセリアや、イカサマブラッキーを起点に身代わりを残せたりもします。
ヘドロ爆弾は個体があればウェーブでも良いのですが、状態異常技を採用していない都合でなんだかんだ追加効果に助けられることもあり爆弾を使っていました。

選出


658 (2)094-m+ガルーラ以外の3体から1体
毒菱ギミック選出。
最後の1体は、ゲンガーが止まる相手を見極めて対応したポケモンを出すようにしていました。

115-m (1)445 (1)+ゲンガー以外の3体から1体
対面選出。
先発はガブリアスやカビゴンに任せることが多く、荒らした後に後発ガルーラやパルシェンで〆る動きが多かったです。ゲッコウガは稀に先発起用で毒菱を撒かずに荒らす役として選出していました。

総括


初めてやるルールでしたが、最初に決めたゲコゲンの軸からは一度もぶれずに使い続けて勝って楽しむことができました。ただ、他の構築も試してみたい気持ちはあったので、またの機会があれば色んな軸を試してみたいです。



WCS


戦績最高最終1861 18位
461786278hahaha.png 

構築経緯


このルールでレートを稼ぐために、KP上位(ウインディなど)に強い、選出がブレにくい(強力な軸がある)、できるだけ作業的に立ち回れるようにする、あたりのことを考えて雨パーティを選択し、ちょうど全国大会でバルドルさんがアマージョ入りの雨(http://barudoru.hatenablog.com/entry/2017/07/01/204434)を使って優勝されていたのでそれを使うことにしました。

個別解説


279.png
ペリッパー
性格臆病
実数値135-x-120-147-91-128
努力値0-x-0-252-4-252
特性雨降らし
持ち物気合の襷
技構成熱湯 守る 追い風 暴風

最速のおかげでミラーで強気に動かせたり、相手の準速以下のポケモンを色々抜けたりとたくさんのメリットがありました。
技構成はこれで完結していると思います。

blog_import_58d21be98de9e.png
ゴルダック
性格臆病
実数値155-x-98-147-101-150
努力値0-x-0-252-4-252
特性:すいすい
持ち物:ミズZ
技構成ハイドロポンプ 守る アンコール 冷凍ビーム

ガブリアスやカプ・ブルルの処理を早めたかったため熱湯を切って冷凍ビームを採用しました。
命中安定一致打点がなくて困ることもありましたが、熱湯をミリ耐えされることも多々あったので、冷凍ビームで拾えるようになった試合の方を重く見ました。
アンコールは守るでZワザを透かされることを恐れずに済む点で、あって良かったとは思いますが、なくてもそんなに困らない気はします。

785 (1)
カプ・コケコ
性格控え目
実数値145-x-105-161-96-182
努力値0-x-0-252-4-252
特性:エレキメイカー
持ち物命の珠
技構成10万ボルト 守る マジカルシャイン エレキボール

ダメージ感覚が身につくまでは扱いに困りましたが、慣れてからはエレキボールがとても強かったです。
相手のコケコに同速を仕掛けられないことに気を付けていました。

376 (4) 
メタグロス
性格意地っ張り
実数値187-205-150-x-111-90
努力値252-252-0-x-4-0
特性クリアボディ
持ち物突撃チョッキ 
技構成バレットパンチ 思念の頭突き コメットパンチ アームハンマー

面倒だったので調整もS個体値厳選もせずに使いましたが、特に支障はなかったです。
でもしないよりはした方が絶対いいです。
威嚇を貰わない物理アタッカーであり、雨との相性も抜群でかなり使いやすかったです。
命中不安技を3つも抱えていますが、1回までなら外してもいい程度の耐久はあったのでよっぽど運が悪くなければ機能してくれました。

763 (1) 
アマージョ
性格意地っ張り
実数値149-187-119-x-124-119
努力値12-236-4-x-44-212
特性女王の威厳
持ち物カクトウZ
技構成トロピカルキック 守る フェイント 飛び膝蹴り

予想外に数値が高くて驚きました。特性を知らない相手が先制技を打ってきたり、容易にカクトウZを通させてくれたりとレートでの刺さりはかなり良かったです。
フェイントによって択を排除しながら倒したい相手を倒せるのが特に高評価でした。

445 (1)
ガブリアス
性格意地っ張り
実数値183-198-115-90-111-151
努力値0-236-0-0-44-228
特性鮫肌
持ち物拘りスカーフ
技構成ドラゴンクロー 地震 岩雪崩 火炎放射

火炎放射は対カミツルギで何度も活きたので採用してよかったと思います。
相手のガブリアスを倒さないとこちらのカプ・コケコやメタグロスが動かし辛いので、このポケモンでうまく処理するようにしていました。
コケコと並べた時には雪崩を押す機械になりがちでした。

総括


中盤で高勝率で1ページ目になり、そこから一切触らずにいましたが最終2ページ目には収まることができました。
このルールが1900あればかなり楽でしたが、世界大会終了後に環境がどう動いたかも分かっていないのであまり欲張るものではないのかもしれません。


総合レート


戦績:最高最終7836 1位


感想


序盤はさかさバトルが面白そうだから触るくらいのつもりで、総合レートは休むつもりでしたが欲が出て全ルールやり始めてしまいました。
中盤以降ダブルでかなり苦戦しましたが、最後の最後でいい構築を見つけて上げることができてよかったです。
最終2位のTNムーン(千夜ちゃんぽけ)さんが終盤圧倒的な勝率・レートの高さで1位に君臨していましたが、追う側になったおかげでモチベーションを保って抜きに行くことができました。
自身初の7800到達で、保存したい気持ちもあったのですが最後までやり切ってよかったです。

レートや勝率、またダブルとWCSのパーティを見て分かる通り、自分はシングル勢寄りの総合勢で、ダブルはいつも他の方の構築を真似させていただいており実力も不足しています。
それでも足りない実力を補おうと我武者羅に潜り続けた(特にダブル)ことが結果に繋がったのならとても嬉しいです。
継続して結果を出していけるように、これからも精進したいと思います。

ここまで読んでくださった方、お付き合いいただきありがとうございました。

執筆者


MegyTaSH_400x400.jpg 
むくれねこ
サンムーンS5総合レート最終1位 2150-1925-1900-1909

過去記事

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
8位
アクセスランキングを見る>>