【S5全国ダブル 2006 12位】豪雨パーティ

初めましてひまり(@himari_poke)と申します。
シーズン5において運に恵まれ、2000に到達することができたパーティを紹介させていただきます。
7589478574a.png 

目次


-構築経緯
-個別解説
     ・ニョロトノ
     ・キングドラ
     ・ラグラージ
     ・ルンパッパ
     ・ペリッパー
     ・ナットレイ
-QRコード
-選出
-雑感
-執筆者

 

構築経緯


自身の実力が足りず、ガルーラやリザードンを軸としたスタンダードパーティでは全くレートを上げることができませんでした。そこで、コンボ系なら比較的考えることが少なくなるだろうと思い、雨パーティを使うことにしました。

途中までは雨+何かのような形のパーティを使っていたのですが、更なる思考の単純化のために最大限に雨を通すことしか考えないパーティを組むことにしました。

 

個別解説

 
186 (1) 
ニョロトノ
性格なまいき
実数値197-x-96-110-167-67(S個体値0)
努力値252-0-4-0-252-0
特性あめふらし
持ち物イアのみ
技構成まもる ねっとう あまごい ほろびのうた

あめふらし要員1です。
天候奪取と滅びによる詰めを狙います。

あめふらし要員なので大事にしたい場面があると考えまもるを、一致技としてねっとうを、詰めとしてほろびのうたを採用しました。最後の1枠はてだすけと迷いましたが、リザードン系統のパーティとの天候のとりあいに強くなれることから、あまごいを採用しました。

努力値は見ての通り明確な仮想敵はいませんが、リザードンに後投げをすること、滅びたい高耐久系は特殊が基本であることから特防に振り切りました。最遅である理由としては、ほろびのうたを採用していることに加え、バンギラスに対して天候を取れる可能性高めるためです。

持ち物には当初、食べ残しを採用していましたが、回していく中で1/4以下で耐える場面が多く見られたので混乱きのみに変更しました。手持ちがなかったためイアとなっていますが、むしくいを考慮しウイかバンジを採用すべきでしょう。

選出していく相手はトリックルームパーティや他の天候パーティ、滅ばさなければいけないパーティです。トリックルームパーティに選出していきますが、メガクチートのじゃれつくで乱数で落ちてしまうのため、少し防御に努力値を割くべきかもしれません。

 
230 (2) 
キングドラ
性格ひかえめ
実数値151-x-115-161-115-137
努力値4-0-0-252-0-252
特性すいすい
持ち物こだわりメガネ
技構成だくりゅう ハイドロポンプ りゅうのはどう れいとうビーム

雨エース1です。
初手に繰り出して雑にだくりゅうを連打していきます。

もともとは他のポケモンだったものをキングドラに変えました。そのため、水Zは空いていなかったためこだわりメガネを持たせることにしました。

また、パーティに水タイプの全体技がないことから、だくりゅうを採用しました。その後、無難に一致技2つと草に撃つれいとうビームを採用しました。

努力値については思考停止のCSですが、特に不満を感じることはありませんでした。

水耐性を持つ相手を前にして、だくりゅうを撃つことには忌避感を感じるかもしれません。ですが、キングドラが倒れても後ろにはまだ雨エースがいます。だくりゅうを連打して命中ダウンによる運勝ちを狙いましょう。

 
260-m.png
ラグラージ
性格いじっぱり
実数値185-222-150-x-151-112
努力値80-252-0-0-4-172
特性すいすい
持ち物ラグラージナイト
技構成まもる たきのぼり じしん いわなだれ

雨エース2です。
ギルガルドやリザードンを特に狙っていきます。その上でたきのぼり、いわなだれによる運勝ちを狙います。

技構成については一致技であるたきのぼり、じしんをまず採用しました。また、他の雨エースは守れないため、大事にしたい場面に使うまもるを採用しました。
ラスト1枠は、初めは草やドラゴンへの打点となるれいとうパンチを採用していました。ですが、どちらもゴリ押そうと思えばゴリ押せないことはありません。また、主に想定されるドラゴンがボーマンダであり、いわなだれでもそれなりにダメージを与えることができます。
加えて、リザードンに強く出られるようになり、そして何より高速いわなだれは運勝ちを引き寄せることができます。これらの理由からいわなだれに変更しました。

リザードンに強く出られるようになったことは大きな点で、裏から天候を取りに来たリザードンを何匹も倒してくれました。

いわなだれを採用してからは、たきのぼりよりもいわなだれを選択していた気がします。いずれにせよ、何度も相手を怯ませて勝ちを引き寄せてくれました。

 
272 (1)
ルンパッパ
性格ひかえめ
実数値155-x-90-156-121-122
努力値0-0-0-252-4-252
特性すいすい
持ち物水Z
技構成ハイドロポンプ エナジーボール れいとうビーム ねこだまし

雨エース3です。
相手の雨への対抗策であるトリックルームやおいかぜを止めていきます。また、パーティの特性上厳しくなる水タイプに対し、一致草技を叩きこみます。

技には、まずアイデンティティであるねこだましを採用しました。一致技については両方とも威力を重視し、ハイドロポンプ及びエナジーボールを選択しました。
最後の1枠は草やドラゴンに対抗していくためにれいとうビームを選びました。

努力値についてはエースであること、それなりにミラーがあることからCSに振り切りました。

持ち物にはZが空いていることから水Zを持たせました。ギルガルドやメガガルーラを倒せないことがあるのがとても悲しかったです。

ガルーラ系に多く組み込まれているモロバレル及びカプ・レヒレに対しとても活躍してくれました。ですが、カプ・レヒレはめいそう型が多くなっており、迅速な処理ができずに困ることも何度もありました。

 
279.png
ペリッパー
性格ひかえめ
実数値135-xx-121-161-90-117
努力値0-0-4-252-0-252
特性あめふらし
持ち物きあいのたすき
技構成守る ぼうふう ハイドロポンプ おいかぜ

あめふらし要員2です。
天候を取ることはもちろん、相手の雨への対抗策であるおいかぜにおいかぜをして切り返していきます。また、どうしても処理に時間がかかってしまう草タイプに対しぼうふうで圧力をかけていきます。

技については、あめふらしとして大切にしたい場面を考えまもるを、雨ミラー及び相手のおいかぜを切り返すおいかぜを、最大の魅力であるぼうふうを採用しました。
最後の1枠の水技についてはいくつかの選択肢があります。今回は威力を重視してハイドロポンプを選んでいます。
雨ハイドロポンプは耐久に努力値を振っていないカプ・コケコを確定で、H4霊獣ボルトロスを乱数(75%)で落とすことができます。

努力値についてはぼうふうの火力を確保したいことから、まずCに振り切りました。残りを耐久に振りたい気持ちもありました。ですが、カプ・ブルルのSがわからなかったことや、振り切ることでカプ・レヒレの上を取れることがあること、なみのりで巻き込まれることがないことからSに振り切りました。
何度もカプ・レヒレの上からぼうふうを撃ってくれて、ルンパッパが水技を選択できる状態にしてくれました。

持ち物についてはおいかぜを確実に起こしたいことから、きあいのたすきを採用しました。この持ち物があることから、上記電気タイプに突っ張ることが何度もありました。

Cはそんなに高くはないですが技威力及び天候でかなりのダメージを相手に与えてくれます。
また、ぼうふうによる混乱で運勝ちも狙えます。

 
598 (1)
ナットレイ
性格ゆうかん
実数値181-160-151-x-137-22(S個体値0)
努力値252-252-0-x-4-0
特性てつのトゲ
持ち物とつげきチョッキ
技構成ジャイロボール パワーウィップ はたきおとす じならし

補完要員です。
雨エース3匹で殴るだけでは勝てない構築に対して出していきます。このパーティには耐性がほぼ存在しないため、唯一の後だし可能ポケモンとして裏に控えておきます。

一致技2つと、ギルガルドに下から撃つはたきおとす、雨が切れた後のエースが上を取れるようにするじならしを選択しました。じならしについては、タネマシンガンでも良いと思います。
ですが今回は、雨が切れた後のエースやペリッパーが動けるようにじならしを選択しました。
また、トリックルーム下でのメガクチートやヒードランへの打点にもなります。

基本的に繰り出したい相手が特殊であることや、まもるを入れることで無駄に雨ターンを消費するプレイングミスを予防するためにとつげきチョッキを持たせました。
その効果は確かに実感できましたが、物理方面も擬似的に硬くできる混乱きのみの方が良かった可能性があります。

水統一にしてみたい欲望を抑えて採用し、想定通りの活躍をしてくれました。このポケモンがいなければレートは上がらなかったと思います。

 

QRコード


 

選出


基本1
先発あめふらし+すいすい
後発すいすい+すいすい
ただひたすら殴っていれば勝てそうな時に行います。このパターンの先発はキングドラが多かったですが、おいかぜをしなければならない時はペリッパー+ルンパッパの並びで出していました。
この選出ができた時がこのパーティで1番楽しい時間ですが、なかなかできません。

基本2
先発あめふらし+すいすい
後発すいすい+598 (1)
こちらが1番多い選出です。残したい方に裏からナットレイを投げていくことが多いですが、電気技が見えている時にラグラージを投げてすいすい2匹を並べることを狙う時もあります。

対ガルーラ系
1.おいかぜ
先発272 (1)+279.png
後発598 (1)+186 (1)or260-m.png
基本的に想定されるのがガルーラ+サンダーの並びです。
初手はガルーラにねこだましをしながらおいかぜをします。ここで相手のサンダーが電気Zでルンパッパを倒した場合は、潔く怯みを狙っていきましょう。

2.トリックルーム
先発186 (1)+230 (2)
後発598 (1)+1
想定している初手はガルーラ+クレセリアです。
初手はだくりゅうとねっとうをガルーラに選びます。ねこだましがニョロトノに飛んだら爆アドで、キングドラに飛んでもまだ戦えかつやけどの可能性があります。
ラスト1匹はラグラージが多かったですが、草や水の処理によってはルンパッパやペリッパーを選出していました。

対リザードン
先発186 (1)+230 (2)or260-m.png
後発279.png+すいすい
リザードンの横に電気が並んでいなければニョロトノはあまごいを選択します。横がキングドラならだくりゅうかハイドロポンプを選択します。
横がラグラージならメガまもるをした後、いわなだれをします。ここでリザードンを処理できるととても試合が楽になります。
多くの場合は引いてしまいますが、いわなだれを撃っている限りリザードンを出すことはできないため、対戦の主導権を握ることができます。

対トリックルーム
先発あめふらし+すいすい
後発598 (1)+186 (1)orすいすい
あめふらしはニョロトノの方が多く選出していました。ペリッパーを先発で出して集中しても、基本的にはトリックルーム要員は倒せません。
すいすいを動かした後にナットレイを投げてトリックルームをしのいで最後にまた雨で押し切るのが理想です。

どの選出においても、あめふらしを残すのか、どの雨エースを残すのかを考えていきます。
基本的には雨エースを2枚選出しているはずですので、必要以上に1枚の雨エースが落とされることを恐れないことが重要です。

 

雑感


第6世代ではローテーションバトルをメインに遊んでおり、真面目にダブルバトルを始めたのが昨シーズンだったため、2000に到達できたことが夢のようです。
雨パーティの強さ及び上からの運要素の押し付けの強さを実感しました。

 

執筆者


u0-ScEGc_400x400.jpg 
ローテを嗜む程度にやっていました。最近はダブル寄りです。

主な実績
ORASローテーションバトル
S12 9位

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
10位
アクセスランキングを見る>>