【VGC2017全国大会2位】バルジブルルグッドスタッフ

どうもじーん(@zeen172M)です。
今回は日本代表決定戦で2位、インディアナポリスチャレンジ(海外の賞金大会)で2位になった構築について書きます。

kimurala.png 

目次


-構築経緯
-個別解説
     ・ウツロイド
     ・ウインディ
     ・カプ・ブルル
     ・バルジーナ
     ・マッシブーン
     ・カプ・コケコ
-選出
-雑感
-執筆者

 

構築経緯


JCS予選の結果を聞く限り、AFK(ウインディ、カプ・レヒレ、カミツルギの組み合わせ)で勝ち上がったプレイヤーが多い印象だったので、日本代表決定戦ではAFKをメタる方向で考えました。
僕がAFKを使っていたときにきついと思ったポケモンがカプ・ブルルだったので、カプ・ブルルを軸にしたPOKEALEX氏の構築(ウツロイド、ウインディ、カプ・ブルル、ジバコイル、ポリゴン2、オニシズクモ)のオニシズクモをバンバドロにした構築を最初に使いました。

この構築はウインディ+ウツロイドという初手の選出が強いと感じていましたが、きついポケモンが発覚した(バルジーナ、マッシブーン、カビゴン)ためお蔵入りにしました。
しかし、6/4に行われたリージョナルで僕の推し海外プレイヤーであるJamieBoyt氏がウインディ+ウツロイド+カプ・ブルル軸の構築を使っていて、この組み合わせが強いことを確信しました。
Jamie氏の構築は半分回復ウインディ、半分回復耐久ウツロイド、クサZカプ・ブルル、半分回復バルジーナ、命の珠フェローチェ、グラスシードミロカロスの6匹。
ウインディウツロイドカプ・ブルルの相性の良さ、S操作枠としてバルジーナを採用しているところが強いと感じて、そこから構築を組み始めました。

ウインディ+ウツロイドを使っていたときに、せっかく威嚇を入れているのにウツロイドは気合いの襷で攻撃を耐えるという動きに違和感があったので、物理耐久を高めたウツロイド。

カプ・ブルルとウツロイドが厳しいテッカグヤやカミツルギに強いこと、威嚇によってウツロイドの半分回復木の実を発動させやすいことからウインディ。

地面が一貫しているので地震に対して受けがきくこと、炎・岩・毒打点に強い地面・岩タイプに対して睨みをきかせることが出来ること、カプ・レヒレに対してタイプ上圧倒的に強いことからカプ・ブルル。

バルジーナは、地面の一貫を切れること、メタグロス・ウインディに強いこと、フィールドを奪えばカプ・コケコのデンキZを確定で耐えることに魅力を感じて採用しました。

追い風・トリックルームを使うと決めていたので、どちらにも対応できる絶妙な素早さを持ち、ガブリアス・カビゴン・ギガイアス辺りに強いことからマッシブーンを採用。追い風下で縛り性能が高いこと、ジメンZに交代で繰り出せてガブリアス側からの打点がなく腐らせることができることがとても強いと思いました。

最後の一枠としては、マッシブーン等の格闘タイプへの打点、テッカグヤへの打点、素早さが高いポケモンを入れたかったのでカプ・コケコを採用。

日本代表決定戦1週間前のインディアナポリスチャレンジでこの6匹を使用したところ2位に入賞できたので、微調整をして代表決定戦に持ち込みました。
 

個別解説

 
blog_import_58d21bdd6e8ec.png
ウツロイド
性格図太い
実数値213-×-103-151-151-128
努力値228-0-212-28-0-36 
特性ビーストブースト
持ち物マゴの実
技構成パワージェム ヘドロ爆弾 トリックルーム 守る
-無補正A252カミツルギのスマートホーン耐え
-無補正A252ガブリアスのじしんがグラスフィールド補正込みでダメージ:148^180(木の実が発動すればフィールド補正込みで2回耐える)
-補正ありC252カプ・テテフのフィールドなし命の珠サイコキネシス耐え

ウツロイドの採用理由としては環境に多く存在するカプ・コケコ、ウインディ、カプ・レヒレに岩・毒打点が刺さること、耐久に厚く配分することでトリックルーム展開がしやすいことです。

性格が図太いである理由は、カミツルギやギガイアスと対面した際に威嚇を入れなくても動けるようにするため(できる限りウインディよりもアタッカーを選出したい)。
相手のウインディにできるだけ先制したい、カプ・レヒレ入りにはバルジーナを軸に追い風を展開する方が効果的と考えたことから、トリックルームを採用していますが素早さにも努力値を振りました。

半分回復木の実持ちの適性は、回復技や反動ダメージでHPの調整ができること、耐性を多く持っていることだと考えていて、毒・炎技をはじめ特殊技に耐性を持つウツロイドは相性が良いと考えています。

弱点を突きやすいので火力に困ったことはなかったです。
殴れるトリルアタッカーとしてVGC2015のメガサーナイトの強さに似たものを感じました。

 
059 (1)
ウインディ
性格慎重
実数値183-141-101-×-145-119
努力値140-84-4-0-252-28
特性威嚇
持ち物フィラの実
技構成:フレアドライブ 神速 地均し 守る

ライジングさんのウインディの配分を丸パクりしました。ライチュウを使ってJCS予選を抜けていた方がいたのでライチュウを意識して攻撃に配分。
素早さを125まで上げたいですが、最速テッカグヤは数が少なく、地均しでウツロイドが抜ければ十分と思っていたので、特に不便を感じることもなく良い配分でした。

集中攻撃をされやすいので守る、反動ダメージで半分回復木の実を発動させやすいフレアドライブ、構築で重いウツロイドへの打点とプレイングで誤魔化せる範囲を広げる地均し、までは決めていました。
ラスト1枠に何を採用するか悩みましたが、神速を採用。カプ・コケコのめざめるパワー地面と合わせてウツロイドを倒す場面、カプ・ブルルのクサZを威嚇やフィールドを使って耐えてくるガブリアスを処理するために使います。

この枠は当日まで決まらず、いまだに結論も出せていませんが、そもそも代表決定戦ではそれほどウインディを選出しなかったので後悔などは特にありません。
 

787.png
カプ・ブルル
意地っ張り
実数値177-166-146-94-117-115
努力値252-4-84-0-12-156
特性グラスメイカー
持ち物クサZ
技構成ウッドハンマー ウッドホーン めざめるパワー(炎) 守る
-無補正A252ガブリアスのどくづきのダメージ: 152^180(最高乱数以外耐え)
-カプ・ブルルのめざめるパワー炎で20-140振りカミツルギ(命の珠カプ・コケコのフィールド10万ボルト耐え)へのダメージ: 124^148
-だいたいのカプ・レヒレ抜き、じならし込みでウツロイド抜き

カプ・レヒレを抜けるように素早さを調整。火力に振りきっても威嚇で調整が崩されやすく、それ以上にカプ・レヒレを抜けることが大きいので攻撃は4振り。
ガブリアス入りに対して選出することから毒突きは耐えてもらわないといけないのでB振り。

めざめるパワー炎の採用理由ですが、バルジーナカプ・ブルルという初手にカミツルギが突っ張ってくる傾向があり、そこでカミツルギを返り討ちにしたり身代わりを壊せるようにするためです。ウッドホーンは反動なしで殴れる技として採用。

持ち物がクサZである理由は、反動なしで高打点を叩き出せること、ガブリアスを一撃で倒せるようにするため。フィールド補正なしでもカプ・レヒレ、カプ・コケコを一撃で倒せること、ウインディをクサZ+イカサマで処理出来ること、など選択肢が広がる持ち物だと思っています。

2Zですが持ち物がなくてもマッシブーン、カプ・ブルル共に性能が高く、同時選出を行うことも多いです。
 

jiojiojioio4
バルジーナ
性格穏やか
実数値217-×-125-×-160-102
努力値252-0-0-0-244-12
特性防塵
持ち物イアの実
技構成イカサマ 挑発 追い風 羽休め
-フィールド補正なしカプ・コケコのデンキZ耐え
-追い風でカプ・コケコ抜き

ウツロイド+カプ・ブルルを使う場合に、別にもう一つ素早さ操作が欲しいと思い、ポリゴン2とバルジーナの選択になりましたが、全国大会の場ではポリゴン2を意識して格闘タイプやメタグロスを採用するプレイヤーが多いと予想したのでバルジーナを採用。

ポリゴン2トリルに対して選出するので挑発、素早さ操作の追い風、一致打点でウインディやメタグロス・ガブリアスを殴りたかったのでイカサマ、2回目の追い風を使ったり、最後にバルジーナで詰める動きを可能にする羽休めで完結。

配分に関しては、HDに振り切ってカプ・コケコのデンキZを耐えるように調整。素早さは102に設定して追い風下でカプ・コケコ抜き、イカサマ+マッシブーンの威嚇込みカクトウZでウインディの木の実を発動させずに処理する動きを図るため味方のマッシブーン抜き。
 


マッシブーン
性格意地っ張り
実数値:191-200-101-×-104-101
努力値68-180-4-0-244-12
特性ビーストブースト
持ち物カクトウZ
技構成馬鹿力 毒突き 冷凍パンチ 守る
-カプ・コケコのフィールド補正拘り眼鏡10万ボルト耐え
-追い風でカプ・コケコ抜き

ガブリアス・ギガイアス・カビゴンに強く、追い風トリルどちらでも動ける絶妙な素早さを持つアタッカーとして採用。

格闘技は命中安定の馬鹿力。アームハンマーは追い風との相性が悪いです。カクトウZを持たせた理由は、馬鹿力のデメリット効果なしで高打点を叩き出せることです。
追い風下でカプ・コケコやガブリアスに打点を持つため毒突きと冷凍パンチ。

配分に関しては、カプ・コケコの拘り眼鏡フィールド補正10万ボルトを耐えるように調整。
素早さは追い風下でカプ・コケコ抜き、先述の通り味方のバルジーナ抜かれ。

 
blog_import_58d21b9a92438.png
カプ・コケコ
性格控えめ
実数値145-×-105-161-96-182
努力値0-0-0-252-4-252
特性エレキメイカー
持ち物拘り眼鏡
技構成10万ボルト ボルトチェンジ マジカルシャイン めざめるパワー(地)

拘り眼鏡を持たせたカプ・コケコ。既に2ZなのでデンキZは除外、命の珠は後発向きの持ち物だと考えていて、この構築ではボルトチェンジから展開を作るため先発で出すことも多いので、拘り眼鏡を持たせました。

10万ボルト、ボルトチェンジ、マジカルシャインまでは説明不要。
ウツロイドがきついため、めざめるパワー地面を採用しています。
性格が控えめなのは、スイーパーとして火力を重視したかったためです。

 

選出


対AFK
先発jiojiojioio4787.png 
後発blog_import_58d21bdd6e8ec.pngorblog_import_58d21b9a92438.png

相手のPTがAFKポリギガコケコの場合、相手が上手の相手であればポリギガを置いてくることが多かったのでそれを読んでマッシブーンではなくカプ・コケコを置いていきます。
このマッチアップは高確率で追い風を張ることが出来、追い風下のウツロイドマッシブーンを並べることができるため有利だと考えています。

対GACT
先発jiojiojioio4787.png
後発blog_import_58d21b9a92438.png059 (1)

GACT+残り2枠よりGACTの方が刺さっているためその4体に重点を置いて選出を決めました。
GACTの4匹で選出される場合にきつい先発はウインディ+カプ・コケコとガブリアス+カプ・コケコ

ウインディ+カプ・コケコ選出はグラスフィールドを張ってデンキZを耐えようと考えているのに手助け+デンキZで処理を試みてくるため厳しい。
逆に考えるとその選出をするということは手助け+デンキZ以外で処理できなければ追い風展開が厳しくなると考えてバルジーナ交代ウインディ カプ・ブルルはカプ・コケコにクサZ

ボルトチェンジでテッカグヤに交代されクサZをすかされても盤面にはウインディ+カプ・ブルルVSテッカグヤ+ウインディの為次のターンバルジーナに交代しながらうまいこと凌いで追い風を展開していきます。
デンキZ+てだすけを選択していた場合ウインディは確実に耐えて半分回復圏内まで入りクサZでカプ・コケコを処理してこちらが有利な盤面を築くことができます。

ガブリアス+カプ・コケコ選出はスカーフいわなだれ+デンキZでバルジーナが処理されるのでバルジーナ交代ウインディ、カプ・ブルルはクサZをカプ・コケコに選択します。

いわなだれ+デンキZだった場合ウインディは確実に耐え、7割の確率でカプ・コケコを処理することができるので怯まなければ有利な盤面を築くことができます。
ボルトチェンジを選択していた場合、交代先から出てくるのはウインディだと予想できるので不利な盤面にはならないです。

選出等は上記以外には特に決めていませんでしたが、相手のPTにウインディ、ブルル以外のカプ、ウツロイド、テッカグヤ、ガブリアスが入っている場合はそれらが選出されると考えて選出します。
サンプル選出をここに書いておきます。

先発blog_import_58d21b9a92438.pngblog_import_58d21bdd6e8ec.png 
後発jiojiojioio4

ガブリアスがいないPTに対してはウツロイド+カプ・コケコ選出がかなり強いと思っているのでこの選出は結構な頻度で行います。
ボルトチェンジからバルジーナに交代して追い風マッシブーン+ウツロイドを展開。
追い風が切れるターンにトリックルームを行い常に上から殴り続けます。

先発jiojiojioio4blog_import_58d21b9a92438.png 
後発blog_import_58d21bdd6e8ec.png

バルジーナの追い風起動を阻止する相手がいない場合に選出、ボルトチェンジからすぐに追い風マッシブーンを展開できる点が強み

先発059 (1)blog_import_58d21b9a92438.png 
後発blog_import_58d21bdd6e8ec.png

ウインディが刺さり気味である、ウツロイドが入っているPTに対して選出。
上に書いた選出より安定感はあるけどウインディの攻撃性能の低さによりこの選出は余り行いません。

他にも色々な選出はありますが詳しく見たい方はshowdownのReplaysからUser Name:milliontheaterから飛んでいただければIndianapolice challengeの僕のリプレイ戦が見れると思うのでそちらの方で見ていただけるとありがたいです。

 

雑感


メタ読み自体は間違えていなかったのですが、対策を薄くしていた雨グロスに当たってしまいストレート負けしてしまいましたが僕の中では最高傑作の構築だと今でも思っているので悔しさとかは特にないです!

参考文献


B補正ウツロイドという天才的な発想...!

カプ・レヒレのS設定値の参考になりました。

ウインディの配分を参考にしました。

 

執筆者


AvOOBTTo_400x400.jpg 
VGC2016 Day1(5-3) VGC2017 JapanNats 2nd Place Day2(3-4)

主な実績
WCS2016 Day1出場(5-3)
JCS2017 マスター2位

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
8位
アクセスランキングを見る>>