【S4全国ダブル 2001 13位】鏡花水月ガルーラスタン

お久しぶりです、宇治松千夜(@tiyatyan_poke)です。中盤の環境でも終盤の環境でも何とか2000には到達することができましたので、今期も構築を紹介させていただきます。

oihenf.png 

目次


-構築経緯
-個別解説
     ・ガルーラ
     ・カプ・レヒレ
     ・クレセリア
     ・ウルガモス
     ・ランドロス
     ・ギルガルド
-選出
-雑感
-執筆者

 

構築経緯


CHALKFで選出率が低かった(大昔)モロバレル、環境にカプ・レヒレが増えて評価が下がったヒードランを解雇した代わりに、Z枠として優秀なウルガモスとギルガルドを採用した。


 

個別解説

 
115-m (1)
ガルーラ
性格意地っ張り
実数値191-191-121-x-121-144
努力値84-228-4-x-4-188
特性精神力→おやこあい
持ち物ガルーラナイト
技構成恩返し 猫騙し グロウパンチ 守る
S:準速ランド抜き

流行りの技構成。
 
788 (1)
カプ・レヒレ
性格控え目 
実数値175x-136-154-151-114
努力値236-x-4-196-4-68
特性ミストメイカー
持ち物マゴのみ
技構成濁流 ムーンフォース 瞑想 守る

メインでは眼鏡持ちを使用していたが、サブでは全人類が瞑想レヒレを使用している環境になっていたため、こちらも対抗できるように最終日に瞑想混乱実持ちに変更した。

最終日前日に眼鏡持ちを使用している間は2000を超えるのは厳しいと感じていたが、最終日にこの型に変更したことによって瞬間的にはすんなりと2000を超えることが出来たため、この変更は正解であった。
 
488 (1)
クレセリア
性格穏やか
実数値227-x-140-95-190-115
努力値252-x-0-0-180-76
特性ふゆう
持ち物ウイのみ
技構成こごえる風 どくどく 雨乞い トリックルーム
S:上記のレヒレ+1

対リザクレセ用秘密兵器として開発した。

HC振りでは混乱実の発動率が低かったため、Dに厚く振ることで発動率を高め、Cに振る余裕がなくなった結果このような構成になった。

しかし、仮想敵に安定して勝つことは出来ず、汎用性を下げたデメリットがあまりにも大きかったため失敗であった。
 
637.png
ウルガモス
性格控え目
実数値175-x-97-181-126-148
努力値116-x-92-76-4-220
特性炎の体
持ち物炎Z 
技構成:火炎放射 ギガドレイン 蝶の舞 守る
B:A194メガガルの恩返しを確定耐え
C:下記のチョッキランドを+1放射Zで確定1発
S:準速テテフ抜き

Zを消費した後も確実に相手を縛るために、熱風ではなく放射を採用した。

熱風が欲しいと思った場面は皆無なので、これでよき。

ギガドレは水(ほとんどレヒレ、たまにスイクンやミロカロス)への打点となり、回復も出来るのでおいしい。

Bに振った恩恵がどこまであったのか怪しいので、より良い配分を募集中。
 
645-s.png
ランドロス
性格意地っ張り
実数値175-203-111-x-102-143
努力値84-156-4-x-12-252
特性威嚇
持ち物突撃チョッキ
技構成地震 岩雪崩 馬鹿力 蜻蛉返り
B:A194メガガルの捨て身を2連最高乱数切り耐え

技を自由に打ち分けられるランドロスに魅力を感じたが、 持ち物や配分など一考・改善の余地あり。

それでもやはり技構成はこれで完結している。
 
681.png
ギルガルド
性格控え目
実数値167-x-170-222-171-80
努力値252-x-0-252-4-0
特性バトルスイッチ
持ち物霊Z
技構成シャドーボール 身代わり ワイドガード キングシールド
C:シャドボで無振りテテフやH4振りメガグロスを確定1発

ガルーラの猫騙しと相性が良く、特性の欠点を補える身代わりを採用した。

さらに詰めとして優秀なワイガを採用し、シャドボ1ウェポンの構成になった。


 

選出

 
対ガルーラスタン
先発115-m (1)788 (1)or637.png
後発645-s.png788 (1)or637.png

ウルガモス展開が対策されていて構築や立ち回りの段階で負けていたが、択つよ(ヤンキー含む)と同族に8~9割方は勝てるS振りによってそこそこの勝率はあった。

対リザードンY入り
先発645-s.png488 (1)
後発115-m (1)788 (1)(他に刺さりが良ければ637.png)

リザードン+クレセリアのまえで上をとれないであまごいをすると、手助け+ソーラービームでカプ・レヒレが落とされるため危険。
こご風外し、濁流外しが負けに直結してしまった。

対雨
多様なため一概には言えないが、ガルーラ、カプ・レヒレあたりはほぼ確定で、ギルガルドも選出率高め。

威嚇が欲しければランドロス、相手に鋼が多ければウルガモス、S操作が非常に有効であればクレセリアを選出した。

レートが高い雨は厄介だが、低い雨には正確な選出・立ち回りができれば勝てた。

対テテフグロスサザンドラ
人によって選出と@2が違うため諸説。

カプ・レヒレで相手にフィールドをとらせないようにして、被害を抑えながらギルガルドを選出したい。

怯みやお互いの命中不安等、最も運が絡むマッチングになる。

(色々な初手を試してみましたが全て出し負けてしまったので、教えて下さい;_;)


 

雑感


汎用性はとても大事。

終盤の上位の数多の完成度の高いガルーラスタンとの闘いを経て、Sに振らなくても構築や立ち回りの段階で工夫してミラーでも勝てるようにして、耐久や火力を高めるのも汎用性の向上に繋がることを学んだ。

一方で、この構築のように同族のSが勝っていればミラーとの対戦に勝ちやすく、ミラーが多発する環境では楽ができるというメリットも大きいので、ポケモンは難しい。完

 

執筆者


BekDThV3_400x400.jpg 
宇治松千夜

過去記事

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
8位
アクセスランキングを見る>>