【プリティプリマ 1844 12位】暗示悪リレー

初めまして。まっぷる(@maple_mapple)と申します。普段はニコニコ生放送にてダブルレートを中心に放送を行っています。1ページ目ではないものの、自分ではそれなりに良いPTだったと思うのと、EMOLGAME様より執筆のお誘いがありましたので構築を書かせていただくことになりました。

mapple.png 

目次


-構築経緯
-個別解説
     ・ブラッキー
     ・マリルリ
     ・ニューラ
     ・ポリゴン2
     ・シャンデラ
     ・ベトベトン
-選出
-雑感
-執筆者

戦績


プリティプリマ マスター12位 
レート1844 33-7
 

構築経緯


使用可能ポケモン一覧を眺めてみると、実用的なポケモンが限られていてタイプも偏っていることがわかります。特に格闘タイプとフェアリータイプが少なく、攻防両面でも必然的に悪タイプが強いことに気付きました。その悪タイプの中でも耐久力に優れるブラッキーに注目し、耐久力を活かした腹太鼓暗示パを作ることにしました。
まず、暗示エースのブラッキー、腹太鼓役のマリルリ、そして腹太鼓をサポートする猫騙し要員のニューラまでは迷いなく決まりました。腹太鼓暗示のお供と言えばWCSレートでもお馴染みのポリゴン2も
強いはずなので採用し、ここまででドリュウズやルチャブルが辛いためスカーフシャンデラを採用。
最後に、対ニンフィアがかなり薄く使用率は低そうであるものの実際にマッチングすると厳しいためアローラベトベトンを採用しました。アローラベトベトンは個別解説でも触れますが、味方のマリルリを守ることができ、そして苦手なドリュウズはマリルリやブラッキー、シャンデラで上から倒せるというシナジーがあって綺麗に収まりました。こうしてPT6体が決まりました。
 

個別解説

 
197.png 
ブラッキー
性格意地っ張り
実数値201-128-131-x-151-81
努力値244-252-4-0-4-4
特性シンクロ
持ち物ノーマルZ
技構成不意討ち 見切り 恩返し 自己暗示
A:A+6不意討ちでH4振りカミツルギ確1
   A+6ウルトラダッシュアタックでH振りコータス確1
B:意地マリルリの力持ちじゃれつく高乱数耐え(87.5%)

優秀な耐久と超火力の先制技を持つ信頼のエース。不意討ちはhgss限定教え技なので夢特性の精神力とは両立できませんが、毒々ポリゴン2や鬼火ミミッキュなどシンクロが活きる場面は思ったより多かったです。悪戯心で挑発やアンコール持ちが意外と多かったですが、悪タイプであるためそれらを無効化でき、悪戯心以外の挑発やアンコールであってもZ技で耐性があって安定感がありました。
他のポケモンの持ち物が完結しているため、Zクリスタル枠が余ってしまいブラッキーに持たせることにしましたが、これが思いのほか強力でした。まずZ自己暗示ですが、これはHPを全回復することができます。この効果のおかげで月の光の代わりに見切りの採用が可能になり、集中されやすい場面でアドを稼ぐことができました。守るでもいいのですが、押し間違えてZ守るを使う可能性を考えると見切り一択だと思います(もちろんアンコールや封印対策で見切り採用は基本ですが)。
ノーマルZの良いところは自己暗示だけでなく、恩返しにも使える点です。A+6不意討ちであってもH振りコータスを一撃で倒せませんが、ウルトラダッシュアタックなら確定で倒すことができます。このように攻防両立できるノーマルZはブラッキーと最高の組み合わせで文句なしの最強ポケモンでした。
 
184.png 
マリルリ
性格腕白
実数値202-91-119-x-101-78
努力値212-164-68-0-4-60
特性草食
持ち物オボンのみ
技構成アクアジェット 守る じゃれつく 腹太鼓
H:2n
B:腹太鼓オボン発動込みで意地亜ベトベトンの毒突き高乱数耐え(87.5%)
   腹太鼓オボン発動込みで意地マリルリの力持ちじゃれつく+アクアジェット確定耐え
A:A+6じゃれつくでH振り亜ベトベトン中乱数1(50.0%) →ニューラの猫騙し込みで確定
   A+6じゃれつくでH振りマリルリやや低乱数1(37.5%)
S:同速意識で+8

7敗中3敗をじゃれつく外しでやってくれた大戦犯。とはいえマリルリを採用せざるを得なかったので割り切るしかありません。
超火力を犠牲にして特性を草食にすることでカミツルギの前でヤンキー腹太鼓が可能になります。基本的にニューラと並べるので襷が潰れるのを嫌うカミツルギが守ることは多々あり、カミツルギの隣に猫騙しを撃って腹太鼓するだけでほぼ勝ちが決まることも多々ありました。腹太鼓をしても火力は並程度ですが、特性バレしていない相手にとっては脅威でしかなく、無駄に守るを多用する人が多かったです。
調整についてですが、同速のマリルリやアローラベトベトンに絶対に抜かれるわけにはいかないので、同速+8とかなりSに割きました。もちろん一度も抜かれることはありませんでした。Bは腹太鼓をしてもアローラベトベトンの毒突きを耐えるようにしています。これにより万が一上から殴られて毒の追加効果をも引いても、倒れる前に隣のポケモンが自己暗示で能力を引き継げます。
 
215.png 
ニューラ
性格陽気
実数値131-147-75-x-95-183
努力値4-252-0-0-0-252
特性悪い手癖
持ち物気合の襷
技構成地獄突き 猫騙し 自己暗示 氷の礫

プリティプリマ最速の猫騙し要員。未進化ですが普通に強いです。悪タイプなので悪戯心のアンコールや鬼火を無効化できます。おそらく未進化ゆえに舐められて放置されることが多かったのですが、ニューラも自己暗示が使えるので襷が残っていればマリルリ→ニューラ→ブラッキー→ポリゴン2とリレーのバトンのようにA+6を安定して回せます。
技については、猫騙しと自己暗示は説明不要かと思います。氷の礫は自己暗示後にルチャブルやサンダースを縛りたいので、火力を落として先制技を選択しました。地獄突きはニンフィアに対して少しでも厚くしようとして採用。叩き落とすの方がどう考えても優秀なのですが、腹太鼓暗示さえしてしまえば威力の差は気にならないこと、特性を悪い手癖にすることで持ち物を奪うことは一応できることを考えると地獄突きの採用もアリかと思います。実際に地獄突きをニンフィアに撃って場面を優勢にできました。叩き落とすならその試合は負けていたと思います。
 
233 (1) 
ポリゴン2
性格腕白
実数値191-101-150-x-116-86
努力値244-4-212-0-4-44
特性トレース
持ち物進化の輝石
技構成恩返し 自己暗示 自己再生 トリックルーム
H:16n-1調整
B:陽気ルチャブルの白いハーブ馬鹿力中乱数2耐え(54.3%)
S:無振り65族抜き

WCS2017でも腹太鼓暗示ポリゴン2はそこそこいて非常に厄介なポケモンだったので、このルールならなおさら強いのではと思って使ってみました。が、なんと選出率は圧倒的最下位です。理由としては、ゴーストタイプ自体は使えるポケモンが少ないものの、ほとんどのPTに1匹はゴーストタイプが採用されており、ノーマル技ワンウェポンのこの型では詰んでしまう可能性が高かったからです。アローラガラガラとのラス1対面でフレアドライブの反動だけで倒した試合は肝を冷やしました。
技を変えるとすればトリックルームでしょう。トリックルームの採用理由はイーブイ軸のPTに対応しようとしたためでした。立ち回りのプランは、ニューラマリルリで腹太鼓を決め、ニューラバックポリゴン2、次にトリックルームでバトンタッチをされても上からゴリゴリ殴れるというものでした。しかし、実際にイーブイには一度もマッチングせず、また、イーブイのバトンタッチ先としてはエーフィくらいしかいません。こちらは悪タイプを3匹も採用しているためピンポイント採用してまで厚くする必要はなかったでしょう。トリックルームを泥棒に変更すればもっと活躍できたと思います。
 
609.png 
シャンデラ
性格控えめ
実数値136-54-110-216-110-132
努力値4-0-0-252-0-252
特性貰い火
持ち物拘りスカーフ
技構成熱風 オーバーヒート シャドーボール エナジーボール

火力を欲張って控えめにしたことで相手の臆病スカーフシャンデラに上から倒されてしまいますが、こちらのPTが悪3体、ノーマル1体とシャドーボールで拘ったときの隙が大き過ぎるため、逆にアドを取ることができます。そもそも見せ合いの時点でこのPTにシャンデラを選出するのは難しい気はしますが…。
他にはスカーフドリュウズが苦手ですが、そもそも多くないうえにA+6マリルリやブラッキーで確実
に縛れます。スカーフ以外のシャンデラとドリュウズは逆に一撃で倒せるため、綺麗にPTにマッチした採用だったと思います。
 
089-a.png 
ベトベトン
性格意地っ張り
実数値212-151-100-x-121-85
努力値252-100-36-0-4-116
特性食いしん坊
持ち物フィラのみ
技構成叩き落とす 守る 毒突き 封印
H:2n調整
B:フィラ発動込みで陽気カミツルギのスマートホーン超高乱数3耐え(96.7%)
S:無振り65族と同速(自分のポリゴン2と同速を避けるため-1)

一撃で倒すのは地面Zドリュウズ以外では難しく、そのうえメインウェポンの叩き落とすの通りが非常に良いという採用しない理由がないずるいポケモン。しかし、私の使用したアローラベトベトンはそんな採用しない理由がない相手のアローラベトベトンを置き物化することができるさらに上をいくずるいポケモンです。
鍵となる技は封印です。ほとんどのアローラベトベトンは「叩き落とす、守る、毒突き、影打ちor火炎放射or呪い」という技構成になっています。封印が決まると居座っても弱い技1つしか使えず、残念な置き物になります。また、ついでに相手のポケモン全てが守るを使えなくなり、こちらはA+6の攻撃を確実に通すことができます。こちらのPTに一見アローラベトベトンが刺さっているように見えるので、初手に出されることは多く、マリルリと並べて封印腹太鼓だけで勝てる試合も結構ありました(毒突きからマリルリを守れる)。
封印をミラーで絶対に先制で決められるように、同速+15とかなり多くの努力値を割きました。これにより同速のマリルリや60族のニンフィアにも上から殴れるようにもなりました。
 

選出


基本選出
先発215.png184.png 
後発197.png089-a.pngor609.png

対先発ベトベトン
先発089-a.png184.png
後発197.png609.png

対ゴースト無しPT
先発215.png184.png
後発197.png233 (1)

腹太鼓始動が厳しそうな場合
先発215.png609.png
後発184.png197.pngor089-a.png
 

雑感


最近ポケモンカードばかりやっていてゲームの方はご無沙汰でしたが、自分のやりたいことができてそれなりに結果も出て満足しています。正直1ページ目はいけると思いましたが、残り5戦消化すべきだったかもしれませんね。
次のインターネット大会も制限ダブルらしいので、気が向いたらやろうと思っています。やるならニコニコ生放送で配信するはずなので、よろしければ遊びに来てください。
最後に、http://ch.nicovideo.jp/mapple/blomaga/ar1289395でもこのPTについて解説しているのでよろしければどうぞ。
拙文ですが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

執筆者


4e5fd0600a8b15d5abd2a3cf365ef9ef_400x400.jpeg 

ポケモン生主(企画のお誘い大歓迎) TNかえで ポケカ PTCGO 最高シングル2100↑ ダブル2000↑ サークルオブレジェンド3位 クリスマストライ6位 シンオウダービー3位 ダブル3ページ目が定位置

主な実績
サークルオブレジェンド3位
クリスマストライ6位
シンオウダービー3位
More options

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
6位
アクセスランキングを見る>>