【プリティプリマ 1862 5位】W猫だましスタンダード

はじめまして、コナタン()と申します。
このたび、公式のインターネット大会である「プリティプリマ」という大会の構築記事を書かせていただきます。

使用構築の詳細に加えて、制限ルールにおける構築の考え方も紹介します。
今後も制限ルールの大会が開催されると思います。
メガ石をもらうだけの大会ではなく、より多くの人が大会自体に興味を持ち考察していただけたらと思います。

yuuiyq1.png 

目次


-構築経緯
-個別解説
     ・ライチュウ
     ・ルチャブル
     ・ドリュウズ
     ・シャンデラ
     ・マリルリ
     ・モロバレル
-選出
-雑感
-執筆者


戦績


プリティプリマ マスター5位
 

構築経緯


今大会のルールは、高さ1.0m以下のポケモンのみ参加可能のダブルバトルとなります。
制限ルールの環境を考察するにあたり、最上位を狙うための自論を書いておきます。 
・環境トップのポケモンを使用すること 
・大会環境初心者にイージーウィンができる並びを使うこと 
・種族値の高いポケモンを使用すること ・Sの高いポケモンが強いこと 
・ミラーを意識した努力値、技、持ち物にすること 
・ポケモン、努力値、持ち物、技構成、全ての採用の理由を説明できること
今大会も以上の自論を元に考察をしています。 

1.環境に強いポケモン、強い全体技を探す 

今大会では、威嚇、猫だまし、ワイドガードを覚えるポケモンが少ないこと。高種族値のポケモン(UMA、カミツルギ、ブイズ)に型破り地震が一貫していることから「ドリュウズ」。
また、天候ポケモンが少ない(コータス:晴れパのみ)こと。
バークアウトを覚えるポケモンが少ないことから、熱風を覚える「シャンデラ」を採用しました。 

2.トップメタに強いポケモン、強い攻撃技を探す 

「型破り地震」が無効である飛行タイプの中でも、ドリュウズに強い格闘タイプの「ルチャブル」、
上記ポケモンに相性が良い水・妖タイプでありアクアジェットを覚える「マリルリ」。
ヘドロ爆弾とめざめるパワー炎でマリルリと草タイプに一方的に強く、優秀な補助技でサポートもできる「モロバレル」を採用しました。

3.構築の穴と、その対策を考える  

ここまでで大きな構築の穴が、日照りコータスと葉緑素持ち(リーフィア、キレイハナ、マラカッチ、ワタッコ)の並びです。
お先にどうぞ噴火と眠り粉への対策が必要でした。
そこで考えた対策が、ダブル猫だましによる軽業の無償発動です(詳細は以下)そのため、猫だましを覚えるポケモンとしてライチュウを採用しました。 

4.Showdownで繰り返し対戦をする。  

Showdownでは制限ルールの対戦も可能です。上記の構築経緯は結論でしかありません。
なによりもまずはパーティを組んで対戦することから始めましょう。
人の対戦も見ることができます。高レートの方の対戦を見ることがパーティ構築の大きなヒントになります。

今回は、ライチュウの猫だまし、シャンデラのエナジーボール、ルチャブルのアクロバット、モロバレルの目覚めるパワー炎がShowdownを通じて出てきた環境に対する需要となりました。

※Showdownと大会本番との温度差に注意  

Showdownでは大会前に環境が回りすぎることが欠点でもあります。特にレート上位では特定の人の特定の型をメタってくるなど、Showdownで高レートを目指す構築になりがちです。
しかし、大会本番は全員がShowdownで事前に練習をしている人ばかりではありません。大会本番の環境はShowdown初期くらいの環境であることを忘れてはいけません。

今大会では、特に蓄えるドヒドイデ、Z浄化ナマコブシが完全に盲点となりました。
シングルの流用だと思われますが、突破できずに負けた試合がありました。 

※ダブル猫だましによる戦略性  

意味のない初手の動きと思われるかもしれませんが、ルチャブルの軽業を無償で発動させることができるため、先発のスカーフドリュウズ、スカーフポリゴンZやコータス+葉緑素の並びに対応ができます。 

コータスとの並びに対してはダブル猫だましからの軽業発動、アクロバットで草タイプ、Z10万ボルトをコータスに打つことで対応します。
また、馬鹿力でドリュウズやポリゴンZを上から縛り、守られてもアンコールで対応することができます。
 

個別解説

 
026.png 
ライチュウ
性格 臆病
実数値135-*-75-142-101-178
努力値0-*-0-252-4-252
特性避雷針
持ち物電気Z
技構成10万ボルト 気合玉 アンコール 猫だまし

このルールの電気は攻撃面でも防御面でも弱いタイプですが
飛行(ルチャブル、ドンカラス)が強い環境に対してのメタであること。
避雷針によりメタのメタであること。
環境に少ない猫だまし持ちであること。
カミツルギより早く、有効打があることが採用理由です。 また、Z浄化ナマコブシ、Z蓄えるドヒドイデはパーティ単位で詰んでいて、ライチュウのZ技を積まれる前に当てるしか勝ち筋がほとんどありません。 

【10万ボルト】 
基本はZ技で使用、その後も命中安定の一致技として後続スカーフドリュウズの圏内に入れます。 
【気合玉】 
カミツルギ、ドリュウズへのお守り。めざ炎、雷との選択。Z雷はポリ2、ニンフィア、ミミッキュなどに乱数が変わります。 
【アンコール】 
猫だましなど、守られてもさらに場を縛ることができます。 
【猫だまし】 
このルールでは貴重な猫だまし枠。後述の投げつけるルチャブルと違い、スカーフドリュウズ、葉緑素持ちをひるませることができます。
 
701.png 
ルチャブル
性格 陽気
実数値153-144-96-*-83-187
努力値0-252-4-*-0-252
特性軽業
持ち物王者の印
技構成馬鹿力 フリーフォール アクロバット 投げつける
 
環境へのメタとして多くの人が使っていたため逆にトップメタとなりました。
このルールでの猫だまし枠であるため、当然初手のミラーが起こります。過去何度も見てきた同速猫対決ですが、今回のルチャルチャ猫はさらに先手側だけ軽業が発動、アクロバットで縛れるため、そのままゲームの負けに直結します。 

【馬鹿力】 
ドリュウズ、カミツルギ、ポリゴン2、ポリゴンZへの有効打。 
【フリーフォール】 
隣への縛りを解除、マリルリの積みのサポート、怒りの粉による縛りの解除、トリルのターン消費など。飛行、浮遊にはダメージが0であるため、ミラーの対策にはなっていません。 
【アクロバット】 
ミラー、草タイプへの有効打である他、シャンデラ、Rガラガラ、マリルリ、ニンフィアへの打点、ベトベトンなど耐久ポケモンへの削りのためにAとBを落とさず連打できます。 
【投げつける】 
霊タイプもひるませることができる。猫だましと違い行動をいつでも制限できる。さらに軽業も発動する。ミミッキュに打てば、化けの皮をはがしてひるませられる。
 
530.png 
ドリュウズ
性格陽気
実数値185-171-97-*-85-154
努力値0-124-132-*-0-252
特性 型破り
持ち物こだわりスカーフ
技構成地震 岩雪崩 ドリルライナー アイアンヘッド
B:鉢巻マリルリのアクアジェット確定耐え
     ドリュウズのダブル地震乱数(25%)
     カミツルギの聖なるつるぎ乱数(30%) 

環境のトップメタ。シャンデラより早く、ミラーも多いためスカーフ。
B振りにすることで同速で負けた時のケアもできています。後続での抜き性能だけでなく、ルチャブルと先発で出して地震を連打する動きも強い。 

【地震】 
メイン技。ルチャブルの横で2発以上打てたら勝ち試合 
【岩雪崩】 
一度も勝てなかった飛ロトムへの打点 
【ドリルライナー】 
基本はこの技での勝ちを狙いに行く。命中が95であるため外す 
【アイアンヘッド】 
ニンフィア、ミミッキュ、メレシー、ルチャブルへの打点

 609.png 
シャンデラ
性格臆病
実数値135-*-111-197-110-145
努力値0-*-4-252-0-252
特性もらい火 
持ち物気合のタスキ
技構成熱風 シャドーボール エナジーボール 守る 

環境のトップメタ。マリルリ、ドリュウズ、ミミッキュに縛られているが、こちらからの返し技もあるため襷が強い。
ミラーを意識して最速。モロバレルはD振りやオッカの実が多く熱風で縛り切れない。 

【熱風】 
どちらかにだけ当てたいことが多く、命中安定の火炎放射でよかった。 
【シャドーボール】 
命中安定の一致技、ミラーなど霊タイプへの有効打。 
【エナジーボール】 
マリルリへの返し技。トリトドンへの唯一の有効打。 
【守る】 
バレルとの並びを作るため。特に影うち、アクアジェットによる縛りを怒りの粉で解除する動きが強い。
 
184.png 
マリルリ
性格意地っ張り
実数値202-112-100-*-100-76
努力値212-252-0-*-0-44
特性力持ち
持ち物オボンの実
技構成アクアジェット じゃれつく 腹太鼓 守る

上記のトップメタ3体に強い。また、猫だまし、フリーフォール、怒りの粉により腹太鼓が積みやすい構築にしています。
電気タイプが環境に少ないため、草食で腹太鼓する型も候補でしたが、マリルリは場に出した瞬間の火力が欲しいポケモンであるため今回は不採用となりました。 

【アクアジェット】 
先発で削りを入れて後出しから縛る動きが強い。A6↑でも晴れコータスには7割しか入らない。 
【じゃれつく】 
ミラー、Rベトベトン、ヤミラミ、ブラッキーへの打点。 
【腹太鼓】 
サポートも多く、積みやすい環境である。積んだ後はイカサマに注意。 
【守る】 
フリーフォール腹太鼓をした次ターンの縛りを解除する。モロバレルとの並びを作る。
 
591.png 
モロバレル
性格のんき
実数値221-*-118-119-101-31
努力値252-*-140-112-4-0(C30個体)
特性胞子
持ち物オッカの実
技構成ヘドロ爆弾 めざめるパワー炎 キノコの胞子 怒りの粉
C:ヘドロ爆弾でリーフィア確1 
 
トリルへのけん制、マリルリ、カミツルギの対策、コータス、シャンデラの前で行動が保証されるオッカの実を採用。
後出しから使い捨てであり、ベトベトン、ミミッキュの影うちなどの先制技を吸収することが多いため特性は胞子。 

【ヘドロ爆弾】 
マリルリ、ニンフィアへの有効打。太鼓マリルリの隣でリーフィアを落とせるようC振り。 
【目覚めるパワー炎】 
太鼓マリルリの隣でカミツルギを落とせるため採用。ドリュウズの削り、ナットレイ、シュバルゴへの有効打としても使用。 
【キノコの胞子】 
トリルに合わせて裏から出す動きが強い。しかし、コータスに先に動かれること自体が苦しいため、オッカ持ちでもトリルへの対策にはならなかった。 
【怒りの粉】 
太鼓マリルリ、HP1のシャンデラを先制技から守る。
 

選出


026.png701.png530.png609.png)  

コータス入りの構築、構築ミラー戦はこの並びで選出します。
先発のシャンデラはスカーフの場合が多く、また投げつける+アクロバットでは落とせません。ライチュウもルチャブルも晴れ熱風まで耐えることができるため、Z10万をシャンデラ、投げつけるをもう片方に打つことで対応します。

先発のドリュウズもスカーフの場合が多いため、猫だましをドリュウズに打ちますが、隣のルチャブルとのルチャルチャ猫が絶対に起こります。同速勝負で負けたらその試合は負けです。 

530.png701.png609.pngor184.png591.png) 

アグノム入りの構築やブイズなどドリュウズの地震が刺さっている構築にはこの並びで選出します。
また大会環境初心者へのイージーウィンを狙った並びでもあります。

 

雑感


自分はプールの狭い制限ルールでしか結果を残せていませんが、ポケモンの強さは練習量と構築への絶対的な自信であると思っています。
より制限されたルールであるほど、大会本番に直面する並びのパターンが限られるため、事前に想定して対応をすることができます。そこに読みはほとんど必要ありません。

負けたとしてもその動きは自分が事前に出した結論であり負けるべくして負けた試合です。 
「大会本番は考察結果の答え合わせ」と思えるほど自信のある構築ができた大会では、自然と上位に行けることが多いです。自分は常にそこを目指して考察をしています。

 

執筆者


948e032b29da0ba18870d93b461f05ff_400x400.jpeg 
ポケ充したい社畜

主な実績
2017年:プリティプリマ:マスター5位  
2015年:リトルマッチ:マスター3位  
2015年:バトルオブホウエン:マスター4位  
2014年:ハロウィンパーティ:マスター14位  
2014年:フェアリーガーデン:マスター5位  
2014年:イーブイフレンドリーマッチ:マスター30位

プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
6位
アクセスランキングを見る>>