【VGC2017全国大会出場構築】アローラグッドスタッフ

はじめに


6月18日に行われたJCS全国大会で僕が使用したパーティを紹介する。 最初にこの6匹を使ったのは2月19日に行われたアリーナオフで、その後、同じ6匹を使っていたおやつさんやワイルドさんの意見を参考にして改良し、JCS全国大会まで使い続けた。 

バトルロードグロリア本戦やJCSオンライン予選で好成績を残せたのもこのパーティのおかげであり、とても思い入れの強い6匹となった。 

中でも「たべのこし」持ちのテッカグヤはこのルールを始めたときからずっとパーティの中心として使い続けており、このポケモンを信じて使い続けたことが今年の成績に繋がったと思っている。

789787889a.png 



戦績


バトルロードグロリア本戦:全国6位 
JCSオンライン予選:総合51位(最高成績:日程D 1701) 
JCS全国大会:スイスドロー予選敗退


構築経緯


「カプ・コケコ+ウインディ+テッカグヤ+ガブリアス」をベースにし、残りの2匹でトリパ対策や雨対策など手薄な部分を埋めることを目指した。 

補完要員としてカビゴンとキュウコンを採用したことで、手薄な部分を埋めるとともに、やや不安があったウツロイドやガブリアスの対策も厚くすることができたので、この2匹を補完として選択したのは大正解だったと思う。


個別解説


785 (1) 
カプ・コケコ
性格おくびょう
実数値157-×-106-135-96-200
努力値92-0-4-156-4-252
特性エレキメイカー
持ち物デンキZ
技構成10まんボルト、マジカルシャイン、ちょうはつ、まもる
・「エレキフィールド」+「10まんボルトZ」でH197-D101ウインディを1発。 
・「10まんボルトZ」でH175-D151カプ・レヒレを1発。 
・C161カプ・レヒレの「こだわりメガネ」+「ムーンフォース」耐え(最高乱数以外)。 
・C147カプ・コケコの「いのちのたま」+「マジカルシャイン」2発耐え(253/256)。

059 (1) 
ウインディ
性格おだやか
実数値187-×-101-121-145-125
努力値172-0-4-4-252-76
特性いかく
持ち物マゴのみ
技構成かえんほうしゃ、バークアウト、どくどく、まもる 
・C200カプ・テテフの「こだわりメガネ」+「サイコフィールド」+「サイコキネシス」耐え。 
・C147カプ・コケコの「エレキフィールド」+「10まんボルトZ」耐え。 
・C207フェローチェの「きあいだまZ」耐え。 
・最速テッカグヤ抜き。

797 (1) 
テッカグヤ
性格しんちょう
実数値203-123-133-114-156-83 
努力値244-12-76-0-164-12
特性ビーストブースト
持ち物たべのこし
技構成ヘビーボンバー、かえんほうしゃ、やどりぎのタネ、まもる
・A207フェローチェの「とびひざげりZ」耐え。 
・C200カプ・テテフの「10まんボルトZ」耐え。

445 (1) 
ガブリアス
性格いじっぱり
実数値183-179-115-0-128-151 
努力値0-100-0-0-180-228
特性さめはだ
持ち物こだわりスカーフ
技構成じしん、ドラゴンクロー、どくづき、いわなだれ
・「じしん」でH146-B105またはH145-B106カプ・コケコを1発(最低乱数以外)。 
・C182カプ・テテフの「ムーンフォース」耐え。 
・C178ドレディアの「リーフストームZ」耐え。 
・C161ライチュウの「いのちのたま」+「めざめるパワー氷」耐え。 
・「耐久無振りガブリアスを確定1発調整」の特殊攻撃耐え(C142「れいとうビーム」など)。 
・最速フェローチェ抜き、「こだわりスカーフ」持ち最速S85族抜き。

143.png 
カビゴン
性格ゆうかん
実数値258-143-110-×-147-31
努力値180-0-196-0-132-0
特性くいしんぼう 
持ち物フィラのみ
技構成おんがえし、10まんばりき、のろい、リサイクル
・A1段階上昇+「10まんばりき」でH146-B105カプ・コケコを1発。 
・A178ウインディの「こだわりハチマキ」+「インファイト」耐え(最高乱数以外)。 
・A134オニシズクモの「アクアブレイクZ」耐え(最高乱数以外)。

038-a (1) 
キュウコンR
性格おくびょう
実数値149-×-95-133-120-177
努力値4-0-0-252-0-252
特性ゆきふらし
持ち物きあいのタスキ
技構成ふぶき、こごえるかぜ、フリーズドライ、まもる
・調整なし。

QRコード Showdownテキスト 



選出


先発:785 (1)+何か 
後発:797 (1)+何か 

この組み合わせで選出することが多い。 

最も使用頻度の高い組み合わせは「先発:785 (1)+059 (1)、後発:797 (1)+445 (1)」で、ガブリアスの「じしん」を一貫させて一掃するか、テッカグヤの「やどりぎのタネ」で詰ませることを目指す。 

カビゴンは主にトリパやウツロイド入りや「ひらいしん」入りに対して選出する。 

キュウコンは主に雨パやガブリアス入りや「こごえるかぜ」が有効そうな相手に対して選出する。

総括


最終的にどういうルートで勝つかを決めた上で手堅く詰めていく戦い方が得意なので、このパーティはとても自分に合っていると感じた。 

このルールの標準的なパーティの一つであり、練習にも適していると思うのでぜひ使ってみてほしい。

 終わり。

執筆者


vRLAHAQW_400x400.jpg 
ポケモンとけものフレンズとシルバーアクセサリーと洋服とプロ野球と競馬が大好きです。たまーーーにコスプレとか女装とかします。アニメはほとんど見ないけどアニソンは好きです。水樹奈々、LiSA、ZAQ、TRUE、西沢幸奏


プロフィール

emolgame

Author:emolgame
「新鮮な情報」をお届けするメディア。ポケモンWCSルールを主に取り扱っています。

Twitter:emolgame_jp

YouTube:エモルガムTV

ツイッター

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
10位
アクセスランキングを見る>>